自分にとってのヒーローは? 『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』主演・高橋文哉さんスペシャルインタビューVol.03 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2020.12.20

自分にとってのヒーローは? 『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』主演・高橋文哉さんスペシャルインタビューVol.03

公開中の話題作『劇場版仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』。 主演を務める俳優・高橋文哉さんに作品に紐づいて、「ご自身のヒーロー的存在」を伺ってみたら…こんな素敵な答えが返ってきました! 撮りおろしポートレートと合わせてぜひチェックしてみてください!

Tags:

現在公開中! 『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』で主演を務める高橋文哉さんって?

高橋文哉

現在公開中の『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』に主演の飛電或人(ひでんあると)として出演している、俳優の高橋文哉さん。先日は話題となったテレビドラマ『先生を消す方程式。』にも出演し、これから俳優としてますますの活躍が期待されます! Vol.01Vol.02と、作品に関するインタビューをしてきましたが、最終回となる今回は、ご自身の「子どものころのこと」ことについてお伺いしました。

大事なのは「素直さ」と「勇気」。どんな夢でも「自分を信じて進めばいい」!

18歳で仮面ライダーシリーズの主演に抜擢された高橋さん。高橋さんのように、「夢をかなえたい」と思っている子どもたちにむけて、アドバイスをいただけませんか?

「う~んなんだろう?」(とゆっくり考えてから)「僕が、いまアドバイスできるとしたら、素直さと、ちょっとした勇気を持つことが大切だよ、ということでしょうか。まずは自分にも他人にも素直になること。ただ、素直になるにはちょっとした”勇気”が必要だと思うんです。だから”勇気”は常に持っていて欲しいんですけど…。僕が伝えたいのは、”自分がやりたいことをやればいいよ、自分がかなえたい夢を信じればいいよ”ってことですね。

高橋文哉

「3人兄弟の末っ子なので、常に兄の様子をうかがうような幼少期でした。そういった意味では、もっと素直になっていてもよかったな。あ、兄のことは大好きですし、今はその分とっても素直に生きてます!(笑)」

小さいころのヒーローは「母」。日本中の頑張るママたちへのエールをいただきました♡

では最後に、日本中の子どもたちのヒーローになった高橋さん。ご自身にとってのヒーローって?

「僕にとってのヒーローは母です。もちろん、小さいころは特撮作品はよく見ていて、それはそれで僕のヒーローではありましたが、人生のヒーローっていうとやっぱり母親がいちばんに思い浮かびます。母はすごく働き者で、頑張り屋さんで…。母が寝ているのを見たことはほとんどありません。僕たちが寝るまで働いて、起きたらもう家事をしていて、みたいな。“お母さんっていつ寝てるんだろう”って子ども心に不思議に思ったことも。料理を好きになったのも、母の影響ですし。いま思うと、そんな母の姿に、小さいころは憧れに近い思いを抱いていたような気がします。ああ、僕のヒーローだったんだなって」

高橋文哉

「ヒーローはお母さん!」母親たちにとってこんなうれしい言葉はありません。そう伝えると、「どんな子どももそう思っていると思いますよ」と、暖かいエールまでくれた高橋さん。これからの活躍からも目が離せませんね。

そして、そんな高橋さん演じる令和初の”仮面ライダー”を見るためにも、週末はぜひお子さんと一緒に劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

コート ¥189.000 (ATSUSHI NAKASHIMA/THE PR)、パンツ ¥50.000 (mindseeker/WORLD STYLING)  その他/スタイリスト私物

〈お問い合わせ先〉
■THE PR /03・3803・8313
■WORLD STYLING/03・6804・1554

 

2020年12月18日公開「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」&「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」豪華2本立て!

<あらすじ>
2019年9月から2020年8月まで放送され、令和仮面ライダーシリーズ1作目となった「仮面ライダーゼロワン」の劇場版。テレビシリーズ最終回に突如登場して反響を呼んだ謎の男エスが、最強の敵として飛電或人/仮面ライダーゼロワンらの前に立ちふさがり、或人らは世界滅亡までの60分間のタイムリミットの中で戦う。信者を集めて「楽園ガーディア」の創造主と名乗るエス/仮面ライダーエデンは、賛同する数千人の信者とともに世界中で大規模な同時多発テロを引き起こす。エスを止めるべく或人は立ち上がり、そんな或人に対して宣戦を布告するエス。そして或人だけでなく、不破諫/仮面ライダーバルカン、刃唯阿/仮面ライダーバルキリー、天津垓/仮面ライダーサウザー、そして「滅亡迅雷.net」の仮面ライダーたちも、それぞれが真相を究明し、世界を救おうと奮闘するが……。エス役を「仮面ライダー」シリーズ初出演となった伊藤英明が演じる。「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」と2本立て上映。

監督:杉原輝昭
原作:石ノ森章太郎
脚本:高橋悠也

<キャスト>高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、桜木那智、山口大地、中山咲月、児嶋一哉 /劇場版ゲスト:伊藤英明ほか

▶︎公式サイト

スーパーヒーロープロジェクト
©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

俳優

高橋文哉

たかはし・ふみや/2001年3月12日生まれ、19歳。埼玉県出身。令和初の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』の主演・飛電或人役に抜擢。土曜ナイトドラマ「先生を消す方程式。」(テレビ朝日系系列土曜よる11時)に藤原刀矢役で出演中。自身初の1st写真集「架け橋」(ワニブックス )が12月26日に発売される。2021年1月7日(木)よりMBS、tvkほかにて放送スタートのドラマ特区「夢中さ、きみに。」にて二階堂明役で出演が決定している。

撮影/中田陽子(MAETICCO) スタイリスト/MASAYA(addictcase) 構成/旧井菜月、福本絵里香(本誌)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事