ワイドパンツコーデ34選【2018冬】| 30代40代おすすめ特集 | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.02.05

ワイドパンツコーデ34選【2018冬】| 30代40代おすすめ特集

冬~春に役立つ、ワイドパンツの最新着こなし術をご紹介。黒・ベージュ・ネイビーの定番カラーのワイドパンツはもちろん、デニムワイドパンツ、ワイドパンツに合うアウターや靴もピックアップ!

Tags:

【目次】
ワイドパンツに合うアウター
黒ワイドパンツコーデ
デニムワイドパンツコーデ
ベージュワイドパンツコーデ
ネイビーワイドパンツコーデ
ワイドパンツに合う靴

ワイドパンツに合うアウター

【1】ビックシルエットコート×ハイウエストワイドパンツ

【1】ビックシルエットコート×ハイウエストワイドパンツ

程ゆるコート×ワイドパンツの〝ゆる×ゆる〟バランスが新しい。今までは敬遠していたけれど、この冬思い切りよくトライしたいのが、ワイドパンツなどとの〝ゆる×ゆる〟バランス。脚長効果のあるハイウエストにするなど、重心を上げるように気を配れば、「太って見える」などの懸念も払拭され、新鮮な着こなしが完成します。全体にボリュームがある分、インナーはタートルニットですっきりと。エコムートンのもこもこ感がビッグシルエットをいっそう引き立て、温かみのあるかわいさに。ハイウエストのワイドパンツがスタイルをよく見せ、明るいアイボリーが重たさを回避。コートと同色のリブのタートルニットで品よくなじませて。

[Domani1月号 69ページ] コート¥36,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) ニット¥24,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) パンツ¥33,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉) サングラス¥49,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈バニー オプティカルズ バイ オリバーピープルズ〉) 靴¥49,000(アマン〈ペリーコ〉)

【2】ネイビージャケット×ワイドパンツ

【2】ネイビージャケット×ワイドパンツ

〝メンズライク〟に着る赤!おしゃれな紳士のように着る赤も、また粋なもの。要となるのは、スタンダードなアイテム選びときちんと感。着心地のいい赤いタートルニットに金ボタン付きのネイビージャケット、ハウンドトゥース柄のワイドパンツ…。赤を軸にした〝男前〟な着こなしを知ったら、毎日の通勤スタイルはもっと自由で、もっと楽しい。気心の知れたハイゲージのタートルニットなら、赤ビギナーでも着こなしやすい。こちらはシルク、カシミア混のウール素材で、しなやかさとピュアレッドの色味が魅力。地味に転びがちなメンズっぽいスタイルに、華やかさを添えてくれる。

[Domani11月号 46ページ] ニット¥25,000(スローン) ジャケット¥34,000(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) パンツ¥49,000(ジャーナル スタンダード 新宿店〈ジェジア〉) 眼鏡¥70,000(シャネル アイウェア事業部〈シャネル〉) バッグ¥34,000(ロンハーマン〈ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア〉) 靴¥49,000(アルアバイル〈ペリーコ〉)

【3】ライダースジャケット×チェック柄ワイドパンツ

【3】ライダースジャケット×チェック柄ワイドパンツ

PLSTのチェック柄ワイドパンツ。「ほっこり見えがちなチェック柄も、モノトーンのグレンチェックを選べばメンズっぽく着られます。レザーのライダースジャケットや黒小物で全体を引き締めることで、トレンドの柄パンツを自分らしく取り入れて。ただし、怖い印象にならないように、黒ベースの着こなしには、赤リップでほんのり女らしさを足すのもMyルールです」

[Domani11月号 184ページ] 〝PLST〟のパンツ¥8,990・ニット¥5,990・〝upper heights〟のレザージャケット¥88,000(PLST) ブレスレット/フィリップ オーディベール 時計/ダニエル・ウェリントン バッグ/セオリー 靴/セルジオ ロッシ ※以上私物

【4】エクリュカラーのワントーンスタイル

【4】エクリュカラーのワントーンスタイル

困難なことにぶつかったとき、頼るのは自分のルーツ。すっと心が晴れる気がするんです。物事を真剣に考え込んでしまう性格なので、落ちるときはとことん落ち込むタイプ。そんなときは、お墓参りに行くのが習慣。ご先祖様に手を合わせて頭を整理していると、自分の意志や目標が固まってくる。私にとって大切なパワースポット。リッチ感と上品さを備えるエクリュカラーのワントーンスタイル。リフレッシュしたい日は、身も心も癒してくれそうな優しい色合いをまといたい。

[Domani1月号 26ページ] 〝ファーリング バイ ジャンニ〟のジレ¥190,000・〝ペリーコ〟の靴¥72,000(ノーブル コレド日本橋) ブラウス¥75,000・パンツ¥98,000(スーパー エー マーケット〈セヤ〉) 帽子¥20,000(EDITION 表参道ヒルズ店〈キジマ・タカユキFORエディション〉) バングル¥35,000・チェーンバングル¥32,000(サアガラショールーム〈エースバイモリザネ〉) バッグ/スタイリスト私物

【5】ライダースジャケット×コーデュロイワイドパンツ

【5】コーデュロイワイドパンツ

コーデュロイパンツはゆる太シルエットで楽ちんに今っぽく。辛口なアースカラー配色もコーデュロイでリラックス。〝おじさん化〟の危険が高いダークブラウンも、ワイドシルエットを選べば、ちゃんと今っぽくアップデートできる。

[Domani12月号 129ページ] パンツ¥30,000(BLOOM&BRANCH AOYAMA〈フランネル〉) ストール¥28,000(Theory) ブルゾン¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) スエット¥20,000(ロンハーマン〈RH ヴィンテージ〉) ピアス¥3,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 時計¥28,000(アガット) バッグ¥25,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥28,000(ユニバーサルランゲージラゾーナ川崎店〈ペルティニ〉)

【6】正統派チェスターコート×ワイドパンツ

【6】正統派チェスターコート×ワイドパンツ

定番のシャツ×パンツを、正統派チェスターの上質感でクラスアップ!厚手でなめらかなメルトン素材を使った、とことん男前なコートには、ロンドンストライプのシャツでさらにマニッシュさを重ねて。とろみパンツとパンプスで女らしさをKEEPする、さじ加減が重要。

[Domani12月号 76ページ] コート¥74,000(アストラット 青山店〈アストラット〉) シャツ¥18,000(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉) パンツ¥23,000(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈セラドアー〉) ネックレス¥24,000(ココシュニック) 時計¥42,000(デミルクス ビームス 新宿〈ラーソン&ジェニングス〉) ベルト¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥42,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【7】襟ファー付きコート×白ワイドパンツの上品コーデ

【7】襟ファー付きコート×白ワイドパンツで上品に

×白ワイドで、襟ファー付きコートを凜々しく振って!キャメル色に映える襟のフォックスファーと大きなパールボタンが、大人にふさわしい上品な甘さ。エレガントにまとめると老けがちなので、ワイドパンツでキレよく。ベージュ×ホワイトの配色でリッチ感もキープ。

[Domani12月号 88ページ] コート¥78,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) ニット¥26,000(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉) パンツ¥32,000(アマン〈ベルウィッチ〉) サングラス¥44,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥16,000(アダム エ ロペ〈リバティー ベル フォー アダム エ ロペ〉) 靴¥21,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

【8】ジャケット×緑ワイドパンツ

【8】ジャケット×ワイドパンツ

こっくりグリーンで心をほぐして!ジャケットをはおってきちんと見せつつも、ボトムはきれい色のワイドパンツに。緊張感の中にも、どこか余裕を漂わせたい。

[Domani11月号 75ページ] スカーフ¥11,000(アルアバイル〈マニプリ〉) バッグ¥142,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥42,000(ビームスハウス 丸の内〈ネブローニ〉) リング[左]¥28,000(ココシュニック)

【9】ボリュームコート×ワイドパンツの旬コーデ

【9】ワイドコート×ワイドパンツで旬コーデ

目ざすのは力の抜けたおしゃれ。今季のビッグトレンドであるチェック柄を、面積の大きいコートで取り入れてこそこなれ系。ゆるっとしたシルエットのコートをワイドボトムと合わせて旬のバランスに。

[Domani12月号 73ページ] コート¥85,000(ビームス ハウス 丸の内〈フォンデル〉) ニット¥43,000(edit & co〈. ユリ・パーク カポ・コンプレート〉) パンツ¥94,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) ストール¥78,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈アロンピカシミア〉) バッグ¥220,000(バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター〈フォンタナ ミラノ 1915〉)

黒ワイドパンツコーデ

【1】シネマティックなドレスアップコーデ

【1】シネマティックな着こなし

黒のブラウスでDress Up!茶目っ気たっぷり!フランスの少年を思わせるシネマティックな着こなし。ドレスアップ=フォーマルとは限らない。ドットブラウス、マリンキャップ…エスプリの利いたアイテムも、黒なら十分特別感が。気心知れた友人とのパーティなら、このくらい遊び心をもって。

[Domani12月号 50ページ] タイ付きブラウス¥22,000(ナラ カミーチェ青山本店〈ナラ カミーチェ〉) パンツ¥23,000(ノーブル ルミネ新宿店〈ノーブル〉) 帽子¥7,800(アルアバイル〈ラ・メゾン・ド・リリス〉) ピアス[ホワイトゴールド]¥325,000・ブレスレット[ホワイトゴールド]各¥720,000・[イエローゴールド]¥685,000・[ピンクゴールド×ダイヤモンド]¥2,800,000(ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク〈ヴァン クリーフ&アーペル〉) バッグ¥125,000(ドゥロワー 丸の内店〈ウォルター ステイガー〉) 靴¥116,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【2】黒ブラウス×黒ワイドパンツ

【2】ブラウス×黒のワイドパンツ

黒のパンツでDress Up!大人っぽいけどフレッシュ!星モチーフが生み出すカジュアルなきらめきを味方に。パンツでドレスアップできたら、あなたもおしゃれ上級者。今季トレンドのワイドシルエットは、それだけでドラマティックなムードを醸してくれる。フロントだけがニットのシースルートップスを合わせたら、小物は星モチーフで、モードな気分を加味して。たとえばビジネスパーティのような少しかしこまった席でも、仰々しくならない好バランスの組み合わせに。

[Domani12月号 53ページ] パンツ¥65,000・トップス¥65,000・ベルト/参考商品(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) ピアス¥12,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) バッグ¥221,000(JIMMY CHOO) 靴¥88,000(ジャンヴィト ロッシ ジャパン〈ジャンヴィト ロッシ〉)

【3】オールブラックの華やかコーデ

【3】オールブラックを華やかに着こなし

シルバーのトウ、ベロア、ファーと華やかなディテールで女っぷりよく。トウとヒールの艶やかなシルバーがコーディネートをリッチに格上げする、使い勝手のいい黒のとんがりトウ。トレンドのベロアパンツやふわもこニットのそでのファーで、オールブラックを華やかに着こなして。

[Domani1月号 89ページ] 靴¥20,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈FABIO RUSCONI〉) パンツ¥26,000(BOSCH〈Bability〉) ニット¥48,000(アルアバイル〈ルル・ウィルビー〉) イヤリング¥6,000(アビステ) 時計¥770,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥82,000(FURLAJAPAN〈FURLA〉)

【4】ジャケット×コンビネゾンの辛口パーティスタイル

【4】ジャケット×パンツの辛口パーティスタイル

ちょっとドレスアップ。辛口パーティスタイルでたくさん飲んじゃう!絵になるジャケットがあればこなれたドレスアップもお手のもの。たとえば、お仕事関係のレセプションパーティ。サテン×ウールのコンビネゾンを主軸に、グレンチェックのダブルジャケットをプラス。場にふさわしい華やかさがありながら、洗練されたムードに。ジャケットのそではラフにたくしあげて、自分になじませるように着るとかっこいい。

右のコーデ/[Domani12月号 71ページ] ジャケット¥48,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)コンビネゾン¥36,000(ビームス ハウス 六本木〈エーケー ワン バイ エッフェ ビームス〉) ネックレス¥11,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈ローラ ロンバルディ〉) バングル¥29,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥59,000(アングローバルショップ 表参道〈ピーピー0110〉) 靴¥65,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈デヴィットボーシェル〉)

【5】モコモコ素材コート×黒ワイドパンツ

【5】モコモコ素材コート×黒ワイドパンツ

ニュアンスのあるオフホワイトの、ムートンライクなモコモコ素材コートは、甘すぎず、カジュアルすぎない、着こなしのアクセントになってくれる一着。トレンドのムートンライクなジャージー素材で、女性らしさを表現したひざ丈コート。ポイントは一見フードのように見える立ち上がった襟。前を開けても閉じても単なるノーカラーとは違うおしゃれなムードに。ダークになりがちな冬の着こなしを軽やかに仕上げてくれるオフ白に加え、大人にこなせるカジュアルなディテールにも注目して。大胆なモノトーンでフレンチシックにまとめた着こなし。カジュアルな素材感のコートは、気の利いたディテールが辛口に引き締めてくれる。

[Domani12月号 166ページ] コート¥45,000(イプセ) ネックレス¥38,000(自由が丘クーゲ) ニット¥26,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) パンツ¥24,000(BOSCH〈B ability〉) バッグ¥27,000(ティースクエア プレスルーム〈モダルー〉) 靴¥25,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【6】トレンチ風コート×ブロックチェックのパンツ

【6】トレンチ風コート×ブロックチェックのパンツ

トレンチ風デザインをしなやかな素材でエレガントに!ドッピオ・アプリービレ〟と呼ばれる、職人の特殊な手縫い法で仕上げたダブルフェースのコート。上質なアンゴラ混ウール素材は、ロング丈でも軽やか。しなやかに揺れるシルエットが優雅な表情を生み出す。ブロックチェックのパンツでトラッドな雰囲気を盛り上げ、ハンサムな大人の女性を演出して。

[Domani11月号 124ページ] 〝エス マックスマーラ〟のコート[共布ベルト付き]¥157,000・シャツ¥32,000・パンツ¥53,000・〝マックスマーラ〟のバッグ¥90,000・靴¥60,000(マックスマーラ ジャパン)ピアス¥50,000(ココシュニック)

デニムワイドパンツコーデ

【1】赤ニット×ワイドデニムパンツ

【1】赤ニット×ワイドデニムパンツ

多めの荷物もスマート&しゃれた印象にまとめて、休日のお供に!渋みのあるモカは、秋冬の限定カラー。カジュアルな装いをより上級に見せるには、こんなニュアンスカラーが効果的。ライン使いが目を引くストラップを付けてさっと斜めがけすると、アクティブな空気感が漂う。

[Domani12月号 177ページ] バッグ『エルヴィ』[H24×W41×D10]¥38,000(スタジオアタオ〈アタオ〉) ニット¥33,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) 帽子¥11,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) 〝マニプリ〟のスカーフ¥7,000・〝アロン〟のバングル¥13,000(フラッパーズ) サングラス¥49,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)

【2】デニムパンツのメンズライクコーデ

【2】デニムパンツのメンズライクコーデ

メンズライクなムードで。ネイビーLOVE!金ボタンがポイント。即、おしゃれ上級者に見えるネイビーのワントーン。インディゴデニムをネイビーのスラックス気分できれいめに。全身をネイビーのワントーンでまとめると、メンズ的なツウっぽさが香る。ジャケットの金ボタン、ちらりとのぞく白シャツの襟、ニットのそで口&バッグのボルドー…、さりげないメリハリを。

左のコーデ/[Domani12月号 66ページ] ジャケット¥47,000(アルアバイル)ニット¥33,000(beautifulpeople 青山店〈beautiful people〉) シャツ¥36,000(シップス 有楽町店〈サルヴァトーレピッコロ〉) パンツ¥29,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) メガネ¥60,000(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉) ベルト¥28,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈メゾンボワネ〉) 時計¥43,000(アガット) バッグ¥9,000(NOJESS) 靴¥20,000(ANAYI)

【3】デニムパンツのベーシックコーデ

【3】デニムパンツのベーシックコーデ

トリコロールのムートントート。デイリーなカジュアルにこそ映える遊び心溢れるカラームートンの魅力。バッグ以外はベーシックにまとめるのが正解。

[Domani12月号 138ページ] バッグ[35×34×20]¥68,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈アン ベスト〉) コート¥120,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉) カットソー¥13,000(インターリブ〈サクラ〉) パンツ¥19,000(ゲストリスト〈レッドカード〉) 帽子¥25,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ATHENA NEW YORK〉) 靴下¥3,000(リーミルズ エージェンシー〈パンセレラ〉) 靴¥9,250(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店〈ビューティ&ユース〉)

ベージュワイドパンツコーデ

【1】オフタートルニット×ワイドクロップドパンツ

【1】オフタートルニット×ワイドクロップドパンツ

瞬時に今っぽく格上げしてくれるベージュのワイドクロップド。登場したばかりの『ブレイク』は、タックインがキマりやすいベルト付きのミッドライズ、すそに向かって広がるワイドシルエットで早くも好評価。リッチに映える地厚な素材に、すその太めの折り返しがポイント。ざっくりとしたオフタートルニットとの、〝ゆる×ゆるシルエット〟でリラックス感たっぷり。フルレングスタイプもあり。

[Domani12月号 45ページ] パンツ¥13,889・ニット¥14,815・靴¥12,963(バナナ・リパブリック) バッグ¥44,000・バングル¥13,000(フラッパーズ〈アロン〉) サングラス/私物

【2】ざっくりニット×ベージュパンツ

【2】ざっくりニット×ベージュパンツ

ファー付きのバスケット。冬かごバッグと最強の相性を誇るざっくりニット×チェックストール。ちょっとそこまで、なカジュアルも今っぽく大人っぽく。光沢のあるラタン素材がラフすぎずきれいめな印象。

[Domani12月号 139ページ] バッグ[20×35×10]¥27,000(メゾン イエナ〈ヴィオラドーロ〉) ニット¥55,000(エイチ ビューティ&ユース〈メゾン エルベン〉) パンツ¥28,000(エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ストール¥62,000(リーミルズ エージェンシー〈JOHNSTONS〉) メガネ¥28,000(フォレストパイン・デザインラボ〈パイン〉) 靴¥35,000(ルック ブティック事業部〈レペット〉)

【3】フォレストグリーンのコート×ワイドパンツ

【3】フォレストグリーンのコート×ワイドパンツ

本命のグリーンは、コートを主役にすっきりと!リッチに映えるフォレストグリーンのコートは、カラーコートの中でも要注目。ノーカラーでやや細身のシルエットなので、太めパンツとも好相性。

[Domani11月号 123ページ] コート[共布ベルトつき]¥90,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉) トップス¥8,900(グランカスケードインク〈GOUT COMMUN〉) パンツ¥24,000(プルミエ アロンディスモン) 眼鏡¥48,000(DITA 青山本店〈ディータ〉) ピアス¥3,306(アビステ) バングル¥21,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥49,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) 靴¥27,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ブッテロ〉)

【4】黒コート×ベージュワイドパンツ

【4】黒コート×ワイドパンツ

今こそ取り入れたい、ゆる黒コート×ワイドパンツの最強バランス!ノーボタンなのでバサッとラフにはおりたい、マキシ丈のボリューミーなコート。ハイウエストのワイドパンツで〝ゆる×ゆるシルエット〟を描き、ドット柄スカーフとベロアパンプスでほんのりフレンチシックに。

[Domani12月号 92ページ] コート[共布ベルト付き]¥130,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) シャツ¥29,000(ebure) 〝アダム エ ロペ〟のパンツ¥18,000・〝ロシャス〟の靴¥78,000(アダム エ ロペ) スカーフ¥29,000/参考価格(アマン〈altea〉) バッグ¥26,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈クリスチャンヴィラ〉)

ネイビーワイドパンツコーデ

【1】ニット×ネイビーワイドパンツ

【1】ニット×ネイビーワイドパンツ

ウエスト部分のいちばん上から入ったタックが、脚を長く見せる。

[Domani1月号 181ページ] パンツ¥16,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉) ニット¥9,800(INÉD) 帽子¥5,500・バッグ¥12,000(アダストリア〈バンヤードストーム〉) スカーフ¥6,900(22 オクトーブル) 靴¥23,000(ユニバーサルランゲージ ラゾーナ川崎店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】ざっくりニット×ワイドパンツ

【2】ざっくりニット×ワイドパンツ

ざっくりニット×ボリュームパンツを白スニーカーで軽やかにハズして。鮮やかな赤のざっくりニットにネイビーのボリュームパンツと、コントラストが強い着こなしは白スニーカーで抜け感を出して。きちんと感がありベーシックに使える白レザーのスニーカーは、1足常備するといろんな着こなしに活躍。

[Domani1月号 89ページ] 〝エー エム ビー〟の靴¥20,000・〝ガリャルダガランテ ネイビー〟のパンツ¥18,000(ガリャルダガランテ 表参道店) ニット¥34,000(MOGA) 眼鏡¥33,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ストール¥30,000(Theoryluxe〈BEGG&CO〉) バッグ¥16,000(BOSCH) タイツ/私物

【3】カラーコート×ボーダーニット×ワイドパンツ

【3】カラーコート×ボーダーニット×ワイドパンツ

カラーコートを思いきりよく!そのおしゃれが進化につながる。カラーコートをチョイスするだけで一段とあか抜け、半歩先の秋スタイルに。マスタードイエローとピスタチオグリーンの間のようなマイルドな色合いがおしゃれ。ドロップショルダーにビッグカラーがポイントになった、きれいめカジュアルなデザインが、ボーダーニット×ワイドパンツを軽やかにスパイスアップ。

[Domani11月号 117ページ] コート¥66,000(ティースクエア プレスルーム〈テラ〉) ニット¥11,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) パンツ¥18,000(フレームワーク ルミネ新宿店〈フレームワーク〉) ピアス¥14,000(ココシュニック) バッグ¥295,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥133,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

【4】ストール×ワイドパンツ

【4】ストール×ワイドパンツ

大判ストールは“ジョンストンズ„のブランド別注柄で差をつける!ストールをふわりとはおるだけでダークな装いがチャーミングにこの時期欠かせないストール。まわりと被りにくい別注柄やカラーを選んで、感度の高さをアピールして。

[Domani12月号 129ページ] パンツ¥13,000(ゲストリスト〈ヘルシー〉) ストール¥62,000(レリタージュ マルティニーク〈ジョンストンズ〉) ブルゾン¥39,000(レリアン〈ランバン オン ブルー〉) 帽子¥28,000(アパルトモン 青山店〈ジャネッサ レオーネ〉) バッグ¥43,000(FUN Inc〈. BELLMER〉) 靴¥22,000(ウォッシュ たまプラーザ テラス店〈エーエムビー〉)

【5】ロングジレ×ネイビーパンツのメリハリコーデ

【5】ロングジレ×ネイビーパンツでメリハリコーデ

膨張色のトップスを着るときは、ロングジレを重ねてメリハリ&陰影をつける。はおるだけで簡単にIラインがつくれるロングジレは、着やせの救世主。淡い色のトップスを着るときに、黒やカーキといった濃い色のジレをレイヤードして上半身をピリッと引き締めて。ジレを重ねることでできる陰影が、胸のボリューム感を軽減してくれます。テーラード風の襟とすっきりとしたノーボタンのフロントデザインが、コーディネート全体をシャープな印象に導く。縦、横どちらにも伸びる2WAYストレッチ素材で、動きやすさも抜群。

[Domani1月号 179ページ] ジレ¥19,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) ブラウス¥16,000(アンタイトル) パンツ¥32,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈ハウント〉) バッグ¥36,000(MOGA) 靴¥17,000(エルピーディ〈ルサルカ〉)

ワイドパンツに合う靴

【1】白スニーカー×ワイドパンツのカジュアルコーデ

【1】白スニーカー×ワイドパンツのカジュアルコーデ

友人と一緒に公園へ出かける日。右/休日の公園=デニムの方程式から、そろそろ卒業!

[Domani12月号 126ページ] ニット¥39,000(ウールリッチ 表参道店〈ウールリッチ〉) パンツ¥29,000(アマン〈ベルウィッチ〉) ピアス¥2,100(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ストール¥52,000(ドレステリア 銀座店〈ジョシュア エリス〉) バングル¥22,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥89,000(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉) 靴¥9,990(ビーミング ライフストア by ビームスコクーンシティ店〈アディダス〉)

【2】ジャケット×ワイドパンツ×スニーカーのマリン風スタイル

【2】ジャケット×ワイドパンツ×スニーカーのマリン風スタイル

紺ジャケット×白ワイドには鉄板の〝白コンバース〟で抜け感を。ボーダーカットソーをのぞかせ冬マリンっぽく仕上げた、金ボタン付き紺ジャケット×白ワイドパンツのコーディネート。どんなコーディネートもこなしてくれる定番、〝コンバース〟のハイカットを、パンツからつなげてクリーンな印象に。

[Domani1月号 87ページ] 靴¥12,000(エミ ニュウマン新宿店〈CONVERSE〉) ジャケット¥36,000(ティッカ〈ティッカ〉) カットソー¥28,000(ドローイング ナンバーズ 南青山店〈アンスクリア〉) パンツ¥24,000(BOSCH〈B ability〉) イヤリング¥8,750(アビステ) バッグ¥59,000(Theory)

【3】スニーカーの通勤スタイル

【3】スニーカーの通勤スタイル

クリーンに合わせる〝スニーカー〟で通勤スタイルが新しく。本気で仕事に打ち込んでいるからこそ、フットワークは軽くいたい。だから歩きやすくてこなれて見えるスニーカーは、大人の通勤に効くNEWアイテムです。目ざすのは〝品がよくてクリーン〟なテンション。こんな攻めた着こなしにトライできるのも、大人ならでは。年を重ねるって、自由が増えることなのかもしれません。オールホワイトのスニーカーでアクティブかつノーブルに。ソールやシューホールまで白、シンプルなレザースニーカーはまさに大人向き。ツイードパンツに合わせて、リッチに着こなすのが正解。

[Domani1月号 55ページ] 靴¥62,000(リエート〈サントーニ〉) ニット¥19,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) 〝エポカ〟のパンツ¥49,000・〝マッキントッシュ ロンドン〟のベルト¥15,000(SANYO SHOKAI) ベンチに置いたコート¥225,000(TOMORROWLAND〈ブランカ〉) バングル¥29,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥39,500(エストネーション〈アヴェニュー セッサンタセッテ〉) ソックス¥2,300(スピック&スパン ルミネ有楽町店〈ドレ ドレ〉)

【4】スニーカー×ワイドパンツのボーイッシュコーデ

【4】スニーカー×ワイドパンツのボーイッシュな着こなし

ボーイッシュな着こなしに白ストールでやわらかさを加えて。小物は白でまとめてクリーンに。重くなりがちな装いを軽やかに見せて。

右のコーデ/[Domani12月号 128ページ] パンツ¥28,000(ロンハーマン) ストール¥32,000(ティッカ) ブルゾン¥64,000(ビームスハウス 丸の内〈タトラス×デミルクス ビームス〉) パーカ¥16,000(ドレステリア 京都店〈ドレステリア〉) Tシャツ¥10,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) 帽子¥6,800(コンバース トウキョウ 代官山〈コンバーストウキョウ〉) ピアス¥2,980・バングル¥2,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ネックレス¥17,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) バッグ¥55,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈ヘリュー〉) 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【5】白シャツ×ワイドパンツ×オペラ風シューズ

【5】白シャツ×ワイドパンツ

ジレを合わせたハンサムスタイルはオペラ風シューズでモードに味つけ。グレーのジレを重ねて一段と今っぽく仕上げた、白シャツ×ワイドパンツ。光沢のあるオペラ風シューズでキレよく昇華して。

[Domani1月号 89ページ] 靴¥28,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈FABIO RUSCONI〉) パンツ¥26,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉) ジレ¥48,000(TOMORROWLAND〈BACCA〉) シャツ¥24,000(レリタージュ マルティニーク〈レリタージュ マルティニーク〉) 時計¥430,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) バッグ¥33,000(martinique丸ノ内〈VASIC〉)

【6】ビッグシルエットコート×白パテントローファー

【6】ビッグシルエットコート×チェック柄ワイドパンツ

仕事服にだって〝ゆるい× ゆるい〟の時代が到来。体をゆったりと包み込むようなビッグシルエットが目下、流行中! ここは単に一点投入して終わるのではなく、ゆるさとゆるさをかけ合わせた〝最旬の着こなし〟を楽しみたいところ。そのシルエットゆえ、着心地がラクちんなのはもちろん、優しげで余裕のある女性に見えるから、実は通勤スタイル向き。かっちりした小物で引き締めるとグッドバランスです。〝上質なゆるさ〟の秘密は美しいシルエットにあり。ゆったりしたそでぐりが愛らしいロング丈のノーカラーコートに、チェック柄ワイドパンツ。どちらもゆるくてきれいなシルエットだから、自然と品のあるリラックス感が漂う。仕上げにクラシカルな黒レザーバッグや白のパテントローファーでアクセントを盛って。

[Domani1月号 53ページ] コート¥130,000(ボウルズ〈ハイク〉) ニット¥21,000(アングローバルショップ 表参道〈フォードミルズ〉) パンツ¥21,000(ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート〈ロク〉) ピアス¥7,000(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉) バッグ¥236,000(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン〈ロジェ ヴィヴィエ〉) 靴¥141,000[オーダー価格](ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉)

【7】ボーダー×緑ワイドパンツ×マニッシュ靴

【7】ボーダー×ワイドパンツのリラックススタイル

ちょっとクールな休日スタイル。ボーダー×ワイドパンツのリラックススタイルは、マニッシュ靴やライダースを合わせてややメンズライクに仕上げて。

[Domani11月号 77ページ] 帽子¥9,000(CLANE DESIGN〈CLANE〉) ストール¥55,000(エストネーション〈ファリエロ サルティ〉) リング[右]¥63,000(TOMORROWLAND〈CHARLOTTE CHESNAIS〉) バッグ¥49,000(TOMORROWLAND〈OWENBARRY〉靴¥73,000(ハウント代官山/ゲストリスト〈Robert Clergerie〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事