Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHION パンツコーデ

2023.05.11

【2023】白パンツのレディースコーデ40選|大人のおしゃれな着こなし実例

 

30代・40代レディース向け白パンツコーデを大特集!季節ごとの着こなしやおすすめのオフィスコーデをご紹介します。

Tags:

白パンツをおしゃれにはきこなすには?

春夏は軽やかな着こなしに、秋冬は重たくなりがちなコーデを華やかにしてくれる「白パンツ」。 ワントーンでまとめたり、濃い色とのコントラストを楽しんだりと幅広いスタイルが楽しめます。 白のパンツはハードルが高いと感じている方は、着こなしポイントをヒントにコーディネートを楽しんでみて。

【POINT】

・トップスも白を選んで上品なワントーンコーデ
・膨張が気になる人はタックやセンタープレス入りのパンツを選べばスッキリ見え!
・清潔感が高いのでオフィスコーデにもぴったり

【白パンツ】お手本コーデ

【オフィス】大人の通勤コーデこそワントーンを味方に

白シャツに白ニットを重ね着し、白パンツをはいて白のロングアウターをはおったモデル写真
暖かくなる春に着る白コーデはさわやかな軽やかさが魅力!クロップドニットにシャツをレイヤードしたスタイルにシャカっとしたナイロンアウターをはおり、下はワイドパンツでハンサムにまとめて。

▶︎【ホラン千秋さん×春の通勤スタイル】それだけで洗練見え!春のワントーンコーデ3

【カジュアル】スーパーハイウエストな白パンツで、ボーダーを新鮮に

ボーダーノースリーブ×ハイウエスト白パンツのコーデ
一見シンプルなボーダー×ワイドパンツの装いも、肩パッド入りトップスと腰位置高いハイウエストパンツのメリハリで、個性が光る雰囲気に。グリーンバッグを差し色に添えて、さらに華やかな着こなしにアップデート。

▶︎【初夏に買うべきZARA】まず狙うは白アイテム!コスパよくおしゃれを楽しむ

【春夏】白パンツのおすすめコーデ

【1】ベージュロングコート×ベージュニット×白パンツ×スニーカー

ホラン千秋さん モンクレールのベーシックなコートとパンツ、スニーカーのコーディネート
ワーママにダウンが人気の〝モンクレール〟。1枚あると必ず重宝する、何にでも合わせやすくすっきりとしたAラインのロングコートもおすすめです。パリッとハリのある素材感と艶やかな光沢をベージュが引き立て、大人にふさわしいラグジュアリーなムードに昇華。襟の後ろにフードが内蔵されているので、急な雨などに慌てなくてすむのもうれしい。白パンツ×スニーカーの休日コーデにはもちろん、セットアップなどの通勤コーデに合わせても即こなれ顔。

ワーママ指名率1位!「モンクレール」のダウンじゃない春アウター4選【2023春アウター】

【2】水色ブラウス×白パンツ

ブルーのトップスに白のパンツの女性

コンパクトな襟とノーブルな素材感が魅力のビッグシャツ。すそのシャーリングをギュッと絞ってアクセントに。白のジョグパンにヒールパンプスを合わせて、今っぽい女らしさを体現。

▶︎40代二の腕ぷよぷよ問題は「袖シャーリングトップス」で解決!【40代体型カバー服】

【3】白ジレ×白Tシャツ×白パンツ

Tシャツにジレ、パンツの白ワントーンコーデ
着回し力が高く、今旬かつ上品に昇華してくれるツイードのジレは、カジュアルトップスを通勤仕様に仕上げたいときにも頼りになるアイテム。全てホワイト系でまとめた清潔感たっぷりのコーデに、ロゴTとツイードのジレがリッチなアクセントを添えてくれます。

▶︎夏めきホワイトワントーンはジレ合わせで着こなしに奥行きを

【4】グレーカットソー×白パンツ×ベージュトレンチコート

グレーカットソー×白パンツ×ベージュトレンチコート
落ち感のあるロングトレンチでIラインをフル活用。生地の重みやつくりによって、ストンと落ちるシルエットがおしゃれなトレンチコートは、縦のラインを強調するのにぴったりなアイテム。ハイライズボトムスとバッグのストライプ柄も加勢して、スタイリッシュなIラインをフル活用して。

▶︎カジュアルでもほっこりしない! ”センスが良い人”のBIGキャンバストート

【5】グレースエットワンピ×白ニットパンツ

グレースエットワンピ×白ニットパンツ
キャンプコーデをより新鮮に見せるなら、ややゆったりめのIラインワンピのような、アウトドア感を抑えたレアなデザインを選ぶのがオススメ。下に重ねるボトムは旬のニットパンツで、リラクシーでありつつ動きやすいスタイルに。

▶︎ファッション誌が本気で考えた〝おしゃれな〟「山キャンプ」コーデって?【ワーママのアウトドアファッション】

【6】ピンクシャツ×白パンツ

ピンクシャツ×白パンツ
体のラインを拾わない、ゆったりとしたスキッパーシャツ。麻特有のスラブ感を楽しみつつ、キュプラをMIXすることでシワになりにくい工夫が施されており、お手入れの楽さもうれしい。サテン素材のジョグパンツを合わせて、カジュアルな中にも華やかさをプラスして。

▶︎カジュアルシャツを品よく着るならサテンパンツで艶感をプラス

【7】白ジャケット×ロゴTシャツ×白パンツ

白ジャケット×黄色ニット×ロゴTシャツ×白パンツ
ツイードのノーカラーセットアップをロゴTでカジュアルに着崩す。そんな装いを気負いなく叶えてくれる、ゆったりとしたサイジングのノーカラージャケットとワイドパンツの組み合わせ。ゆとりのあるフォルムだけでなく、ヒップが隠れるジャケットの長めの着丈や、パンツのハイウエストデザインも今っぽさの秘密。淡いオフベージュや白でまとめたワントーンカラーリングに優しいイエローをきかせ、フレッシュさをプラスして。

▶︎【40代の優秀セットアップ】ノーカラージャケット編/大人のカジュアルダウンコーデにも卒入園にも使えるアイテム3選

【8】ピンクニット×白パンツ

ピンクニット×白パンツ
優しげに春っぽいニットコーデ。フェミニンに着映えるピンクニットをクリーンな白パンツと合わせれば、甘すぎず大人っぽく着こなせる。ライトピンクのファーバッグで遊び心をひとさじ。

▶︎シンプルだけどかわいい♡ ピンク×白で作る春のニットコーデ

【9】ベージュカーディガン×デニムシャツ×白パンツ

ベージュカーディガン×デニムシャツ×白パンツ
引き締めカラーの黒よりも、さわやかな白のジョグパンだとより都会的な雰囲気に。肩かけしたカーデや小物でベージュカラーが加わることで、寂しくなりがちなワンツーコーデに奥行きが生まれます。存在感のあるゴールドアクセでリッチ感をプラス!

▶︎トレンドのジョグパンは白を選ぶと圧倒的におしゃれ見え!

【10】黒ブラウス×白パンツ

黒ブラウス×白パンツ
今季のトップスはとりあえず袖がふんわりしていなくちゃ!といえるほど、トレンドど真ん中なアイテム。ボリュームスリーブは、着るだけで表情を豊かに見せてくれるのも魅力。大人が楽しむなら甘さを抑えた黒のロング丈シャツをライトグレーのワイドパンツにラフにインして、都会的カジュアルに着こなすのがオススメ。両サイドにスリットが入ったシャツの裾はラウンドシルエットになっていて、前だけインするなどアレンジしやすいのもポイント。

▶︎今季マストなトップスは映える〝ボリュームスリーブ〟

【11】ピンクシャツワンピース×白タンクトップ×白パンツ

ピンクシャツワンピース×白タンクトップ×白パンツ
〝夏の白〟に合わせても浮かれすぎず、それでいて着こなしを華やかに見せてくれるラベンダーピンクの色合いが秀逸なロングシャツ。サラリとしたドライな肌触りだから、フロントボタンを開けて軽やかな羽織りとして活躍させるのもオススメです。もともとシワ感を帯びた素材なので、持ち運びにも最適!

▶︎今買って秋も大活躍する〝ロングシャツワンピ〟は大人ピンクをご指名

【12】ボーダーTシャツ×白パンツ×サンダル

ボーダーTシャツ×白パンツ×サンダル

ピッチの違うボーダー柄Tシャツでモノトーン配色をリズミカルに更新。ともするとほっこりしがちなボーダー柄も、ネックラインの詰まったメンズTならエッジィな印象。マットなレザーの黒小物で引き締め、モダンな雰囲気を意識。

▶︎【ユニクロ】のメンズTシャツで作るお洒落カジュアル

【13】ベージュジレ×グレータンクトップ×白パンツ

ベージュジレ×グレータンクトップ×白パンツ
落ち感のある素材が肩を自然に覆い、さらにシャーリングディテールが気になる二の腕をカモフラージュしてくれる一着。ジレとボトムのトーンを近づけることで、重ね着しても重たく見えない工夫を。

▶︎やっぱり頼れる!ジレを使ったレイヤードスタイル

【秋冬】白パンツのおすすめコーデ

【1】キャメルコート×ベージュジャケット×白シャツ×白パンツ

カフェオレ風配色でまとめてまろやかな印象に
ともするとコーデに迷う、ジャケットマストだけどアウターも必須という日。ミドル丈のキャメルコートとややオーバーサイズのベージュのダブルジャケットなど、シルエットや色が似たアイテムを重ねることが、レイヤードが上手くいくコツ!腕周りに余裕があるコートだと、中でジャケットがもたつかず◎。

▶︎【大人の配色コーデ】品よくかわいいカフェオレ配色

【2】ブルーコート×黒ニット×白パンツ

ブルーのツイード風なら、カジュアルにもきれいめにも
ポコポコとした立体的なツイード風の素材を鮮やかなブルーが引き立てているノーカラーコート。首元のボタンと大きめのポケットがポイントになった至ってシンプルなゆったりデザインながら、素材と色に表情があるのでインパクト十分。きれいめコーデにはもちろん、ロゴニットと白デニムでラフに着こなすカジュアルコーデにも最適。

▶︎ 大人気「ノーカラーミドルコート」はワンアクセントつきで着映える!【2022冬アウター】

【3】白パーカ×白ニット×白パンツ

白ニット×白パーカ×白パンツ
リブタートルニット×スエットパーカ×ワイドストレートパンツで大人のスポーティスタイル。パーカのインにリブタートルを重ねることで、カジュアルスタイルに程よい落ち着きが生まれて。

▶︎程よい落ち着き感がポイント!大人のスポーティスタイルはこう作る

【4】カーキボアコート×カーキマフラー×カーキニット×白パンツ

ベージュ〜カーキのニュアンシー配色で、大人っぽくこなれた雰囲気に
カーキ色は、カジュアルになりがちなボアコートを大人っぽくハンサムに昇華。白パンツでヌケを作りつつ、防寒にマストな大判ストールやグローブも同系色でまとめれば上品なこなれ感が漂って。ベージュのレッグウォーマー&ムートンサボで足元もウォーミィに。

▶︎どんなに寒くても大丈夫!「完全防寒コーデ」をおしゃれにみせる2つのテク【ワーママの冬カジュアル】

【5】スモーキーピンクニット×白パンツ

スモーキーピンクニットで作る、甘すぎない大人のピンクコーデ
スモーキーピンクのニットを主役にしたニュアンスカラーコーデ。淡いふわふわニットがかわいい! 甘くなりすぎないように足元はグレージュのショートブーツで引き締めて、大人のピンクコーデを楽しみたい。

▶︎大人のピンクコーデは甘くなりすぎないように足元で引き締める

【6】ベージュボアコート×グレーニット×白パンツ

ボアコートはヒップまで隠れる長め丈が今っぽさを後押し
たっぷりボリュームのボア素材がそれだけで今っぽいショートコート。ロング丈では存在感がありすぎてしまうところ、ショート丈なら日常使いしやすく、立体感をまとった旬な装いに。大人世代はカジュアルさをセーブでき、まろやかな印象を足せるキャメルが正解。

▶︎はおるだけでこなれる最旬「ショートコート」3選【大人世代が欲しい本命コート】

【7】ネイビーケープ×白ニット×白パンツ

冬ネイビーはハンサムに仕上げるとことが洒落見えのコツ
マンネリしがちな冬の着こなしのカンフル剤にもなってくれる、ネイビーのウールケープ。いつものニットの上に重ねるだけと取り入れ方は想像以上に簡単で、印象をチェンジできるのが魅力。このケープ1枚でモードな雰囲気が加わって、上級者風な装いに。ネイビー×白の配色で、上品さはキープ。

▶︎【ホラン千秋 meets グレー&ネイビー】お手本にしたい! 冬ネイビーは〝ハンサム〟に着こなすと洒落る!

【8】グレーコート×ブルーニット×水色ブラウス×白パンツ

爽快なブルーで冬コーデをより一層盛り上げて!
見た目からもあたたかく、リッチな質感が気持ちをあげてくれるシャギーコート。それだけで華やぐ素材だから、カラーは上品に映えてクリーンにまとえるグレーを日常コーデに落とし込んで。目に留まるブルー×グレーの寒色カラーは、都会的なムードが高まるオフホワイトでマイルドに中和。

▶︎優しいカラーでトーンアップ!冬コーデを盛り上げる「ニュアンスカラーコート」3選【大人世代が欲しい本命コート】

【9】ベージュコート×白タートルシャツ×緑フーディ×白パンツ

スウェット&フーディはこっくりとした色で取り入れれば大人っぽく
大きめなロゴが映えるグリーンのフーディに、太めの白パンツとトレンチコートを合わせたきれいめカジュアルコーデ。どんなにカジュアルなフーディでも、クリーンな白パンツをプラスすれば清涼感あるスタイルにシフト。インには白タートルを重ねて、顔映りの良さをアップさせて。

▶︎カジュアルな「スウェット&フーディ」が〝きれい見え〟する3つのテク【ワーママの冬カジュアル】

【10】白カーディガン×白ブラウス×白パンツ

フリルブラウスにニットカーデを重ね着し、白パンツをはいたコーデの全身写真
着回しが利く定番の白パンツを今どきに着るなら、クラシカルなトップスが最適。黒の配色と金ボタンがアクセントになったニットカーデからフリルブラウスをちら見せし、エレガントなムードに仕上げて。通勤はもちろん、休日のお出かけにも着映え効果抜群のスタイルです。

▶︎品の良さが際立つクラシカルなホワイトコーデ

【11】マフラー×ベージュニット×白パンツ

上下白のパンツコーデ
トップスの丈が短くなっただけでも全体的に軽さが出ますが、よりスタイルアップを目ざすなら、ボリューミィなマスラーをざっくり巻いて目線をアップ。バランスが整うだけでなく、季節感のあるスタイルが完成します。仕上げのマフラーは、パッと目を引くアクセントカラーを投入するというよりは、トップスの延長線にあるようなニュアンスカラーで優しく繋げるのが大人っぽく着こなすポイントです。

▶︎ 「ワイドパンツ」の長×長コーデはもう古い!? 今年らしく見せるには〝トップスの丈〟がキモ!

【12】グレーダウンコート×黒シャツ×白パンツ

膝丈のダウンコートを着た女性

ウエストを強調するドローストリングが、ほっそりとしたシルエットを実現。グレイッシュな色味で品よくまとめて、ダウンコートのリッチ感をさらに盛り上げて。

▶︎【2021冬ダウン】スタイルアップできるダウン!ウエストすっきりな女っぽシルエット

【きれいめ】白パンツのオフィスコーデ

【1】ネイビーブラウス×白パンツ

ネイビーのフリルブラウスと白パンツを着用したモデル写真
肩から袖口まで大胆に配されたフリルデザインが、遠くからでも目を引くブラウス。大人世代には甘すぎる?と思いきや、キリリとしたシャツ地&クルーネックにモードな雰囲気が漂って、甘口派にとどまらず辛口派にもしっくり!ウエストがキュッと絞られた長めの丈感は、アウトして着ても好バランス。ボトムはより華やかさが上昇する白ボトムでフェミニンに振って。

▶︎盛れるブラウスがあればベーシックカラーの組み合わせもぐっと華やぐ!

【2】白ブラウス×白パンツ

白ブラウスと白パンツを着用したドマーニスト 鈴木まきさんの全身写真
汚れが怖い…を理由につい暗色カラーを手に取りがちですが、華やかさが欲しいときは、気持ちも高揚するオールホワイトにぜひトライを。ブラウス×パンツのワンツーコーデも、上下白をチョイスするだけでこんなにも華やいで、着映え力抜群に!首元にたっぷりギャザーが施されたブラウスは、ウエストアウトしてもスッキリ着られるデザイン。アクセントに効くバッグは、黒ほど強くないネイビーで上品になじませて。

▶︎オールホワイトの着こなしの締め色はコントラストがつきすぎないネイビーが好相性

【3】ネイビージャケット×白ニット×白パンツ

ネイビーのジャケットに白のカットソーとパンツを合わせたコーディネートの女性
真面目なアイテムだからこそ、古臭く見えないよう定期的にアップデートしたいテーラードジャケット。その点〝セオリー〟のものは、オフィスで浮かないベーシック感と、それでいて丈やシルエットはきちんと今っぽさが反映されているのがポイント。一歩間違えるとおじさんっぽくなるダブルジャケットも、身幅は大きすぎないので女性らしい着こなしが可能です。

羽織った途端にサマ見え!やっぱり頼れる【セオリー】のテーラードジャケット

【4】ネイビーニット×白ワイドパンツ

ネイビーニット×白ワイドパンツ

さわやかなネイビー×ホワイトは、新しいコーデをトライする際に間違いない上品配色。メリハリのある配色が、袖コンニットとハイウエストパンツの着こなしをキリッとシャープに整えます。さらに注目の柄スカーフで、首回りに華やかなアクセントを加えて。

▶︎【ホラン千秋×春の通勤スタイル】袖コントップスを通勤仕様にする正解パンツとは?

【5】ネイビーニットベスト×白シャツ×白パンツ

ネイビーニットベスト×白シャツ×白パンツの女性

白シャツにトレンドのニットベストを重ねたコーディネート。ニットベストは引き締め色を選ぶことで着ぶくれせず、通勤コーデがグッと垢抜ける。

▶︎ゆるっとサイズの白シャツ、こう着るのがおしゃれ!【着回しコーデ5選】

【6】グレーカーディガン×白カットソー×白パンツ

グレーカーディガン×白カットソー×白パンツ

ラフさがありながらパールできっちりエレガントさを演出できるカーディガン。トレンドのグレーが定番の白カットソーを旬の表情に。全身ホワイトでまとめたワントーンコーデに、気品を添えてくれます。

▶︎【吉田明世さん×パール Vol.6】きれいめ派なら“パール付きカーディガン”を選びたい理由

【7】白ニット×白パンツ

ゴールドのアクセサリーを散らして、白をぐっとリッチな印象に
リブタートルニット×ワイドストレートパンツできれいめハンサムに!ゴールドのアクセサリーを散らして、白をぐっとリッチな印象に。

▶︎ オールホワイトコーデをぐっと格上げしてくれるアイテムって?

【8】黒ジャケット×水色ブラウス×白パンツ

黒ジャケット×水色ブラウス×白パンツ
シャツ以外はモノトーンに徹することで カジュアルスタイルに知的な女らしさを添える。薄くて軽いゆるジャケットを腰に巻き黒を挟むことで、たださわやかなだけで終わらないエッジの利いた着こなしに仕上げて。

▶︎夏らしい爽やかブルーのシャツが際立つ知的スタイル【明日何着る?】

【9】白プルオーバー×白パンツ

白プルオーバー×白パンツ

プルオーバー×パンツのコンビはきれいめで程よくアクティブ感が漂い動きやすいので、忙しいママにも好評。体のラインを拾わないやや地厚素材で、タックインがキマりやすい前後差丈、腰回りはゆったりとしたテーパードなど、体型カバーも叶える旬シルエットが魅力的。

▶︎体が泳ぐゆるっとシルエット…♡今欲しいのは〝ゆるニュアンシー〟なセットアップ

【10】ミント色ブラウス×白パンツ

ミント色ブラウス×白パンツ
パリッとした素材のシルクコットン素材のブラウスは、体に張り付かずふんわりシルエットをキープするので、透け具合が程よく、都会的でモダンな印象に。爽快感のある色合いを活かすために、ボトムはニュアンシーな白をチョイス。ツヤ感のある小物を合わせると、透け感が一層際立ちます。

▶︎女っぽい透けブラウスをワイドパンツでリラクシーに【服選びに迷わないワンツーコーデ】

【11】青ニット×白パンツ

青ニット×白パンツ
ジョーゼット素材できれいめに仕上げたジョグパンツは、足のラインを拾わない適度なゆとりと、裾に向かって細くなるテーパードシルエットで美脚見えを叶える一本。さらに、裾にはいったスリットが抜け感を演出してくれるのもうれしい。ブルーのちょい袖トップスを合わせて、夏らしい爽やかさをアピール。

▶︎脱カジュアルにはきこなすジョグパンツコーデ術

【12】ストライプ柄ブラウス×白パンツ

ストライプ柄ブラウス×白パンツ
ストライプブラウスと白パンツの、好感度が高くクリーンな印象のコーデ。新生活への期待は、爽やかな装いで表して。

▶︎ リモート明けにこそ着たい!白パンツが主役のハンサムコーデ【今日のコーデ】

【13】黒カーディガン×白パンツ

黒カーディガン×白パンツ
忙しい日こそクールなモノトーン配色で気持ちを引き締めて。キリッとした表情のアイテムで端正さを意識!

▶︎シンプルだけどかっこいいを叶えるモノトーンコーデ実例

最後に

白パンツのレディースコーデをご紹介しました。季節問わず、カジュアルにもオフィスシーンにも使える万能アイテム。どんな色とも相性がいいので、初心者さんはベーシックカラーのトップスを選んでみては。いつものコーデにぜひ取り入れてみてくださいね!

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!