自分を信じて大切に。NOが言える人にもなろう【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMENワーママ生き方論

2021.04.14

自分を信じて大切に。NOが言える人にもなろう【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】

中林美和さんの連載第二弾。社会人として、女性として、母として、美和さんが大切にしてきた習慣や考え方の中から、娘たちに伝えたい「50のこと」を厳選してお伝えしていきます。

Tags:

落ち込んだときには自分にエールを!【娘たちに伝えたいこと46】

ポジティブだよね、ってよく言われるけど、自信がなくてネガティブになるときだってたくさんある。でも、自信を失うとすべてがストップしちゃうからもったいない……。

だからそんなときは自分自身に「今に見てて! こんなんじゃ終わらないから!」っていつも言い聞かせてきた。今だって毎日のように思ってる。

ネガティブなときに自信を持つのってすごく難しいよね。だからこそ、まずは自分の可能性を自分が信じてあげること。だってそうじゃなきゃ、誰が自分を信じてくれる?

中林美和,中林美和が娘に伝えたい50のこと

NOと言える人になって欲しい 【娘たちに伝えたいこと47】

大切な人にはついつい意見を合わせてしまうよね。でも、しかるべき時にはちゃんとNOと言える自分でいて欲しい。何でもかんでもNOと言うのはわがままだけど、そうじゃなくて、ポリシーを持ったNO。自分を大切に扱うためのNO。

あるシチュエーションでは自分を守ることができるし、そもそも合わせてばかりだと自分が疲れて、結局はその関係が終わってしまう。愛する人にこそ、合わせることだけが愛情じゃない。

もちろん言い方やタイミングも大切なんだけど、相手に伝わらなくて関係が悪くなったとしても、それはそこまでの相手だったっていうだけ。たとえ関係が続いたとしても自分がすり減っていくだけだから、一度距離を考え直すいい機会にしよう。

なかなか難しいけど、言うべきときにポリシーを持ってNOと言えるように、ちょっとずつ勉強していってほしいな。

構成/高田あさこ

こちらの記事もチェック!

いつも心に「謙虚」と「笑顔」を【モデル中林美和が娘に伝えたい50のこと】
中林美和連載一覧はこちら

画像ALT

モデル

中林美和

1979年生まれ。16歳で小学館『CanCam』の専属モデルに抜擢され、表紙モデルとして活躍。23歳で結婚、出産を経て小学館『SAKURA』のメインモデルとして復帰。ママモデルの先駆的存在となり、9年間表紙モデルを勤める。他、セブン&アイ出版『saita』の表紙モデル、光文社『VERY』、宝島社『&ROSY.』など多数の女性ファッション誌、ビューティー紙のモデルとして活躍する。著者に『中林美和のハートフルデイズ』、初のエッセイ『おんぶにだっこにフライパン!』など5冊を出版している。2017年にアロマテラピーアドバイザーの資格を取得。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事