ウインナーとソーセージって何が違うの?【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.06.19

ウインナーとソーセージって何が違うの?【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】

「朝食にウインナー食べようね」「ソーセージ焼いたよ」などと、何気なく呼んでいますが、ウインナーとソーセージってなにか違うか知っていますか? 呼び方が違うだけで実は同じ? そんな素朴な疑問を〝シャウエッセン〟で有名な日本ハムの広報に聞いてみました!

Text:
keiko kido
Tags:

ウインナーとソーセージの違いってなんですか?

同じ物を、あるときは「ソーセージ」と呼んでみたり、あるときは「ウインナー」と呼んでみたり。どちらも正解のように思えますが、両者に違いはあるのでしょうか? 私たちの食卓にかかせない食品メーカー「日本ハム」の広報、飯谷祐次さんに教えていただきました。

「ソーセージ」は総称、「ウインナー」はソーセージの種類のひとつ

「ソーセージは、ひき肉に調理などをして腸などのケーシング(表皮部分)に詰めたものの総称。ソーセージには、(1)ボロニアソーセージ (2)フランクフルトソーセージ (3)ウインナーソーセージ、その他、ドライソーセージ、リオナソーセージなどがあります。日本で需要の多いウインナーソーセージは、ソーセージの内の一種類です」(飯谷さん)

ということは、ウインナーをソーセージと呼んでも間違いではないということですね! ちなみに、ウインナーの名前の由来は、オーストリアの首都・ウィーン。ウィーンでつくり始められたことから、ドイツ語で「ウィーンの」「ウィーン風の」という意味の「ウインナー」と名付けられたそうです。

ソーセージの種類はケーシングの違いで分別される

「(1)ボロニアソーセージ (2)フランクフルトソーセージ (3)ウインナーソーセージは使用するケーシングの違いで分別されます。(1)は牛腸を使用したもの。または、製品の太さが36mm以上のもの。(2)は豚腸を使用したもの。または、製品の太さが20mm~36mm未満のもの。(3)は羊腸を使用したもの。または、製品の太さが20mm未満のものとなります」(飯谷さん)

なるほど。ソーセージは、ひき肉自体の肉の種類や味の違いではなく、ケーシングの違いで分けられているんですね。素朴な疑問がひとつ解消されてすっきりしました!

▶︎日本ハム

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事