「チャラい」とは「ちゃらちゃら」を形容詞化した言葉!使い方や特徴もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.08.11

「チャラい」ってどういうこと!? 〝チャラい人〟に見られる5つの特徴

「チャラい」という言葉は元々「ちゃらちゃら」という浮ついた状態を示す言葉を形容詞化した言葉です。具体的にはどのような様子を指しているのか、また、チャラい人とはどのような人なのかについて解説します。良い点についても焦点を充てていますので、ぜひ参考にしてください。

Tags:

【目次】
 ・「チャラい」とはちゃらちゃらした様子のこと
 ・チャラい人に見られる5つの特徴
 ・チャラい人が持つ3つの良いところ
 ・チャラい人の良いところにも注目しよう

「チャラい」とはちゃらちゃらした様子のこと

「チャラい」とは、浮ついた状態や軽薄な様子を示す「ちゃらちゃら」という擬態語を形容詞化した言葉です。そのため、浮ついた状態が見られるとき、また、軽薄な様子を感じるときは、「チャラい」と表現することができるでしょう。

チャラい

ただし、辞書的な言葉というよりは俗語として使われることが一般的なので、友人との会話では問題はありませんが、上司や目上の人との会話には使わないほうが良いかもしれません。

■主に見た目について指す言葉

「チャラい」は、主に見た目について使われる言葉です。例えば次のように使われることがあります。

・彼の私服を見たことがありますか?意外とチャラいんですよ。
・チャラい格好の男が店に入ってきた。

軽薄で浮ついた感じのする服装をしているとき、あるいは浮ついた印象を与えるメイクやアクセサリーなどを選んでいるときは、「チャラい」と表現できます。

■態度に対しても使われることがある

「チャラい」は必ずしも見た目について使われる言葉ではなく、態度に対して使われることも少なくありません。例えば次のようなシチュエーションでは、態度に対して「チャラい」という言葉が使われていると考えられます。

・彼はあなたにも声をかけたの?私にも「かわいいね」って声をかけたわ。本当に彼はチャラいわね。
・また彼女は隣の男の肩に手を置いている。いつもながらチャラい態度だ。

このように軽薄で浮ついたような態度を示しているときは、「チャラい」と表現されることがあります。

チャラい人に見られる5つの特徴

周囲から「チャラい人」と言われる人には、共通して見られるポイントがいくつかあります。特に次の5つは、チャラい人によく見られる共通点といえるでしょう。

チャラい

1. 派手な服装
2. 気崩しすぎたスタイル
3. パートナーがいるのにナンパする
4. ボディタッチが多い
5. いきなり親し気に話す

それぞれ具体的にはどのような状態なのか見ていきましょう。

1. 派手な服装

見た目で「チャラい」と判断されることが多い人は、派手な服装を好むことがあります。例えば短すぎるスカートや、チェーンやスタッズが大量についたジャケット、穴あきが多すぎてどこに足を通すのか分からないようなジーンズなど、決して落ち着いているとは表現できない服装は、チャラい人によく見られるファッションです。また、鮮やかな原色や大柄のプリントも、チャラい人に好まれる傾向があります。

2. 着崩しすぎたスタイル

シャツのボタンを1つ開ける程度であれば、「チャラい」とは言えないかもしれません。しかし、2つ、3つと開けると徐々にチャラい服装に近づいていきます。このように、ちょっと気崩す程度ではなく気崩しすぎていることは、チャラい人によく見られるスタイルです。

また、髪の毛を少し明るくするのではなく、明るすぎる色合いにカラーリングすることも、チャラい印象を与えるでしょう。チャラいと思われたくない場合は、服装や髪色などにおいて「しすぎないこと」を心がけることができるかもしれません。

3. パートナーがいるのにナンパする

「チャラい」という言葉には、生活態度や倫理観がいい加減というニュアンスもあります。例えばパートナーがいるのにナンパをしたり、出会いの場に積極的に出席したりすることは、チャラい態度だと考えられるでしょう。

自分のパートナーが「チャラい」と言われているのはあまり嬉しいことではありません。生活態度や倫理観について「チャラい」と言われないように、自分自身がパートナーに誠実な態度を取るように心がけましょう。

4. ボディタッチが多い

ボディタッチが多い人も、浮ついたチャラい印象を与えることがあります。そこまで親しいわけではないのに肩に手を置いたり、すぐに手を握ろうとしたりする人は、周囲からも「チャラい」と判断されるでしょう。

元々日本にはハグや握手で挨拶をする習慣はなく、少し離れた位置でお辞儀をすることが一般的です。親しくなるまでは、ボディタッチは控えるほうがチャラい印象を与えずに済むでしょう。

5. いきなり親し気に話す

誰にでも友好的な態度を示すことは、決して悪いことではありません。しかし、いきなり親し気に話すと、チャラい印象を与えることがあります。年齢が近い場合であっても、最初は敬語を使って話すほうが良いでしょう。

また、こちらは親しいと思っていても、相手はそこまで親しいとは感じていない可能性もあります。相手の言葉遣いから距離感を測り、適切な言葉で話すように心がけましょう。

チャラい人が持つ3つの良いところ

「チャラい」という言葉は、浮ついた軽薄な状態や見た目を指します。そのため、チャラい態度やチャラい見た目に対して、あまりポジティブな印象を持たない人も少なくありません。

チャラい

しかし、実際のところは、「チャラい」と言われがちな人には優れた点がたくさんあります。その中でも、特に見習いたい3つのポイントについて見ていきましょう。

1. コミュニケーションスキルが高い
2. 話が上手で面白い
3. 人を喜ばせようという気持ちが強い

1. コミュニケーションスキルが高い

チャラい人は、誰に対しても気軽に声をかけ、誰とでもすぐに仲良くなる傾向にあります。つまり、コミュニケーションスキルが高く、人の心に上手に入り込める人とも言い換えることができるでしょう。

例えば営業職などには、高度なコミュニケーションスキルが求められます。そのため、チャラいと評判の人が、優れた営業成績を収めることは珍しくありません。

2. 話が上手で面白い

チャラい人は、誰とでも人見知りせずに話しかけることが得意なだけでなく、会話を続けることも得意です。会話を続けるためには、相手を惹きつける話術、つまり、話が上手で面白いことが不可欠といえるでしょう。

そのため、チャラい人は、話が上手で面白い人が少なくありません。雑談が苦手な人は、ぜひチャラい人の会話術を見習ってみてはいかがでしょうか。

3. 人を喜ばせようという気持ちが強い

チャラい人は、相手を楽しませようという気持ちが強い、生粋のエンターテイナーであることが多いです。嫌なことがあって落ち込んでいる人でも、チャラい人が「美人なんだから笑ってよ!」とストレートに声をかければ、思わず顔がほころんでしまうでしょう。

チャラい人は会話の中心になることが多いですが、これは「人を喜ばせたい」という純粋な気持ちが強いからだと考えられます。人々に活気と喜びを与えるチャラい人のエンターテイナー気質は、ぜひマネしたいポイントといえるでしょう。

チャラい人の良いところにも注目しよう

チャラい

チャラいという言葉は、浮ついた態度やファッション、髪型などを指します。そのためチャラい人に対して、あまり好意的に受け取れないと考えている人もいるでしょう。

しかし、実際のところは、コミュニケーションスキルが高い、話が上手で面白い、人を喜ばせようという気持ちが強いなどの良い点もたくさん持っているので、見習うべき面も多数あります。ぜひチャラい人の良いところにも注目し、優れた点があれば素直に認め、見習うべき点は見習ってきましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「愛想がいい」ってどういう人に使う言葉?「愛想」と「愛嬌」の違いも解説
「社交的な人」の特徴とは?人見知りや内向的な人が社交的になるには?【心理カウンセラー監修】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事