「あなたってほんと色ね」といわれたら? 中国語の「色」の驚くべきその意味 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.12

「あなたってほんと色ね」といわれたら? 中国語の「色」の驚くべきその意味

似ているようで似ていない、知れば知るほどのめり込んでいく中国語の世界。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、中国語を勉強する中で印象に残った言葉をご紹介します。 連載第75回目は「色」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

文字にしたら伝わりそうな漢字でも、意味には明確な違いがある

日本語と中国語、同じ漢字を用いる言語同士であっても、たったひと言が驚くほど違う意味で使われることがあります。

たとえば、私が中国語を習い始めてすぐに知ったこの言葉、「色」。

中国語で「色 (Sè)」は「いやらしい」という意味

どう考えても、色は「色、カラー」という意味以外にはなり得なさそうな言葉ですが、実は中国語で「色 (Sè)」は「いやらしい、スケベ、エロい」という意味。

冗談の一環などでキワどい話題になると、大体誰かが「欸 你很耶 (ちょっと、ほんとスケベなんだから)」というお決まりのツッコミを入れます。

(c) shutterstock.com

ちなみに「色、カラー」は中国語でどのようにいうかというと「顔色 (Yán sè)」といい、では「顔色」は中国語でどのようにいうかというと「臉色 (Liǎn sè)」といいます。

こうやって、ひとつ疑問が解けると同時にまた次の疑問に出合い、いくつもの「へぇ」が重なる。今回はたまたま「色」からの始まりでしたが、こういう言葉の連鎖を経て自分のボキャブラリーがひとつひとつ増えるという実感が、新しい言語を勉強するときの醍醐味だと私は思っています。

【続】

▼ あわせて読みたい記事

画像ALT

ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。@chiyuki_arita_official

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事