【iPhone】面倒な変換も1発スマート!「ユーザ辞書」を使わないなんてもったいない! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEデジタル

2021.06.28

【iPhone】面倒な変換も1発スマート!「ユーザ辞書」を使わないなんてもったいない!

メールやSNSなど、文章を入力する際に定型文を使うことも多いと思います。iPhoneの「ユーザー辞書」を活用すれば、よく使う文章を素早く入力することができるんです。

Text:
古瀬紅音
Tags:

iPhone便利機能で作業効率UP

メールの定型文や、連絡先入力、特殊な読み方の文字や記号、決まっているテキストを毎度入力するのは意外と面倒。iPhoneの機能「ユーザ辞書」を使えば、もっと早く簡単に文章を作成することができます。

ユーザ辞書とは?

そもそも「ユーザ辞書」とは、テキストに対して”よみ“をつけられる機能。自分の指定したよみを入力すると、そのテキストが入力候補欄に出てくる便利機能です。読み方の特殊なワードはもちろん、定型文、メールアドレス、絵文字の読み仮名など使い道は幅広くあります。

基本的な使い方を紹介

iPhone「ユーザ辞書」の使い方はいたってシンプル。簡単にパパっと入力・変更することが可能です。

まずは画面上の「設定」から「一般」を開き、「キーボード」をタップします。

そこで「ユーザ辞書」を開き、新規作成の場合には右上の「+」を開くことで追加できます。

「+」を開くと以下のような画面になるので、そこでオリジナルのテキストを入力して「保存」すれば登録完了!

ユーザ辞書のなかに組み込まれたものは、よみを入力すればそのテキストが出てきます!ここで注意したいのが、「おて」で「お手数をおかけしますが…」を登録した場合、「おてす」まで入力すると候補から外れてしまいます。登録する時は自分が使いやすい文字数を指定することをおすすめします。

こんな使い方も…

絵文字によみをつければ、入力も簡単に。私はよく使用する絵文字に気分のよみを登録して使用しています。その他にも慣用句や英単語に日本語よみ、インスタグラムでgifを検索する際の簡略化など…。使い方は様々あり、作業効率化にもつながる便利機能です。

簡単に設定できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

こちらの記事もチェック!

【LINE便利機能】トーク画面の右下にある虫眼鏡機能、使ってみたら超便利だった
“iPhoneのメモ、この謎の記号は何? 知れば超便利な6つの機能
<

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事