Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.10.22

子供に好かれる人の特徴とは?子供に好かれる人がやらないこと

「子供に好かれる人」とは子供が集っているエリアに入った時に、自然とそばに子供が寄ってくる人です。しかし子供にその人のことが好きな理由を聞いても、おそらく明確な答えは返ってこないでしょう。子供に好かれる人の特徴と子供に好かれるために実践すべきことを解説します。

Tags:

まずは「子供に好かれる人」かどうか自己診断

子供に好かれる人のまわりには自然と子供が集まってきます。子どもに好かれる人かどうかは、以下の3つのポイントから判断できます。

子供に好かれる人

・子供に対して苦手意識を持っていないか
・子供が寄ってくるか
・子供の遊び相手になった経験があるか

ここでは自分が子供に好かれる人なのかどうかを自己診断するポイントをご紹介しましょう。

■子供に対して苦手意識を持っていないか? 

子供に好かれる人かどうか判断する大きなポイントは、自分が子供に対して苦手意識を持っていないかどうかということです。苦手意識を持っている人はつい子供と触れ合うことを避ける傾向があります。

また、苦手意識があると表情が硬くなり、言葉がぎこちなくなります。子供は大人のそのような雰囲気に敏感です。子供に好かれる人になるためには苦手意識を克服することが必要だと言えるでしょう。

■子供の多い場所で子供が寄ってくるか?

子供に好かれる人は幼稚園のお迎えなどに行った時、自分の子供だけでなく、他の子供も集まってきます。子供を引き付ける独特の雰囲気を持っているということでしょう。

もしも子供がたくさんいる場所に行った時に、誰も近寄ってこなかったとしたら、残念ながら、子供に好かれる人ではない可能性が高いかもしれません。

逆に、子供からよく話しかけられる、そばに寄ってくるのであれば、子供に好かれる人だと判断してもいいでしょう。

■子供の遊び相手になった経験があるか?

子供の遊び相手になった経験が多い人は、子供に好かれる可能性が高いでしょう。たとえば、正月に親戚が一堂に会した際に、子供とトランプやゲームで遊んだ経験がある人などです。

普段から子供と遊ぶことに慣れている人は、子供との接し方が分かっているため子供への苦手意識もありません。また、子供にとっても、いっしょに遊んでくれる人を好きになるのは自然なことでしょう。

子供に好かれる人の3つの特徴

子供に好かれる人にはいくつかの共通した特徴があります。明るくて笑顔が魅力的、優しくて気配りがある、表情が豊かでアクションが大きくておもしろいなどです。ここでは子供に好かれる人の3つの特徴について解説していきます。

子供に好かれる人

子供に好かれる人の特徴を知ることは、自分が子供に好かれる人になるためのヒントでもあります。特徴を掴んで子供に好かれるための改善に役立てましょう。

1.明るくて笑顔が魅力的

子供は明るくて、笑顔が素敵な人が大好きです。笑顔には大人も子供も問わず、人をひきつける力があります。特に子供は反応が正直なだけに、笑顔の効果は絶大です。ただし不自然な笑顔や作り笑顔では、むしろ逆効果になる場合もあるでしょう。

こちらが自然な笑顔を見せることによって、子供も心を開いて笑顔になってくれるのです。

2.優しくて気配りがある

子供に好かれる人は優しくて気配りができます。優しくされるのは大人であっても嬉しいものですが、特に子供は優しさに敏感です。優しさは目には見えませんが、柔らかな表情、穏やかな口調、そしてさりげない気配りに表れます。

子供がころんだ時に、駆け寄って「大丈夫?」と優しく声をかけることが自然にできる人は子供に好かれる人と言えるでしょう。

3.表情が豊かでアクションも大きくておもしろい

子供に好かれる人に共通しているのはおもしろくて楽しいということです。表情が豊かでリアクションが大きいと、子供がひきつけられ、おもしろさや楽しさを感じます。子供にとっては大人の反応も遊びのひとつです。

身振り手振りを交えて、笑うだけでなく驚くフリや怒るフリなど、大げさなくらい表情を豊かにする人に子供は惹かれるのです。

子供に好かれるために即実践できる3つの方法

ちょっとした心がけによって、子供に好かれる人になることができます。子供と同じ目線で接する、子供の話をしっかり聞く、ほめ上手になるといったことです。気をつけるべきポイントを理解すれば、子供との心の距離を縮めることができるでしょう。

子供に好かれる人

ここでは今日からでも実践できる、子供に好かれるための3つの方法を解説します。

1.子供と同じ目線で接する

子供に好かれるためには子供と同じ目線で接することが大切です。子供に威圧感を与えないように、しゃがんで目線の高さを合わせて会話するようにしましょう。また、子供と同じ目線というのは、子供と対等な立場にたって真剣に接するということでもあります。

童心に返って子供と一緒に遊ぶことも同じ目線で接していると言えるでしょう。

2.子供の話をしっかり聞く

子供から好かれる人は子供の話をしっかり聞ける人です。子供の話していることだからと、いい加減に聞き流すのではなくて、理解しようとする気持ちと姿勢が大切なのです。

会話が通じることがコミュニケーションの第一歩となり、子供の気持ちを理解することにもつながるでしょう。話を聞くうちに、すっかり打ち解けて仲良くなっていたというケースもあるのです。

3.ほめ上手になる

子供はほめられるが大好きです。大人もそうですが、子供は「お世辞かな」「魂胆があるのかな」などと考えずに、素直にほめ言葉を受けとめてくれます。ただし、なんでもかんでもほめればいいというものではありません。

子供の気持ちを理解して、ほめてほしいポイントを把握し、的確にほめることが子供に好かれるためには必要です。

子供に好かれる人がやらない2つの行為

子供に好かれる人は上から目線で話したり、イライラしたりしません。また、子供に好かれるためには子供が嫌がることをやらないことも大切です。

子供に好かれる人

ここでは子供に好かれる人がやらない2つの行為について説明します。もし、これから説明する行為をやったことがある人は、今後気をつけるための参考にしてください。子供に好かれるヒントになるでしょう。

1.上から目線で話す

子供は上から目線で話されることを嫌います。命令口調や大きな声で話して威圧感を与えるのはNG行為です。相手が子供だからといって、威圧的に接したり、軽くみたりしてはいけません。

もちろん注意すべき時にはしっかり注意する必要がありますが、上から目線で話すのではなく、子供を尊重して同じ目線で話す姿勢が大切なのです。

2.イライラする

子どもに好かれる人はイライラすることがあまりありません。子供は大人の気分に敏感なため、大人の気分や感情が伝染しやすいです。大人が明るい笑顔でいると、子供も楽しい気持ちになりますが、大人がイライラするとその気持ちがすぐに伝わります。

子供に好かれない人は、自分のネガティブな感情が子供にも鏡のように反映している場合があるかもしれません。

男女とも「子供に好かれる人」は「大人にも好かれる人」

子供に好かれる人は大人にも好かれる人と言えます。子供に好かれる人は明るくて優しくて相手の気持ちを理解することができる人であり、大人から見ても魅力的に映るからです。

子供に好かれる人

男性・女性問わず、好きなタイプとして「子供から好かれる人」をあげる人も少なくありません。ただし「子供から好かれる人」であることをアピールするのは、子供を利用することになるので、控えたほうがいいでしょう。

■子供に好かれると社交性も向上する

子供に好かれる人は子供とうまくコミュニケーションが取れることを意味します。つまりコミュニケーション能力の高い人ということになるでしょう。

子供に好かれるポイントは大人同士のつきあいで好感度を高めるポイントにも当てはまります。子供に好かれる人になることはコミュニケーション能力が高まり、社交性が向上することにつながるでしょう。

子供に好かれる人を目指して豊かな人生を送ろう

子供に好かれる人

子供に好かれる人は、明るく、表情豊かで、気配りができる人です。子供に好かれる人になることは、相手の立場に立って考えられる人、思いやりのある人、優しい人になることでもあります。

これらを実践できている人は、子供に好かれる人は年代や性別を問わず、みんなに好かれます。今回ご紹介した子供に好かれるための方法を実践し、子供に好かれる人を目指しましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

落ち込んでダンマリな子どもに対してどう接するのがベスト?
「子どものおふざけが止まらない」ときに試したい【コモンセンスペアレンティング】とは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事