中国語の「黄」は日本の「ピンク」? 【知れば知るほどのめり込んでいく中国語の世界】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.18

中国語の「黄」は日本の「ピンク」? 【知れば知るほどのめり込んでいく中国語の世界】

似ているようで似ていない、知れば知るほどのめり込んでいく中国語の世界。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、中国語を勉強する中で印象に残った言葉をご紹介します。 連載第77回目は「黄」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

「紅」は「有名」、では「黄」は?

前回は中国語の「紅」という色にまつわるエピソードをご紹介しました。

私たちの中でも色ひとつひとつに対する共通のイメージみたいなものはおおよそあると思うのですが、その中でも私が「え、なんで?」と予想外の意味があることを知った色がひとつあります。それが「黄* (Huáng)」。(*台湾では黃が一般的)

中国語で「黄 (Huáng)」には「いかがわしい」という意味も

それは私がニュージーランドに住んでいたときのこと。現地で仲良くしていた台湾出身の友人といつものように冗談をいい合いながら騒いでいたら、「Chiyuki, you are so yellow!」と言われたのです。

まずはひとまず「ねね、Yellowってどういう意味?」と聞いてみると、どうやら中国語の「黄 (Huáng)」には「いかがわしい、エロい、スケベ」という意味があるのだとか! 日本でいう「ピンク」的ニュアンスとでもいいましょうか。

(c) shutterstock.com

前々回ご紹介した「色」という漢字もほぼ同様の意味で使われますが、私の個人的印象では何かを分類するときに、黄色電影 (映画)・黃色雜誌、黃色文学など、「黄」という字を頭につけることが多いように感じます。

なぜ黄色にこのようなイメージが定着してしまったのかには諸説あるようですが、日本のピンクが「いかがわしい」イメージだけにとらわれていないように、中国語の「黄」も幅広く使われています。

【続】

▼ あわせて読みたい記事

画像ALT

ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。@chiyuki_arita_official

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事