「てくる」?違います!簡単なのに意外と読めない【手繰る】なんと読む? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.18

「てくる」?違います!簡単なのに意外と読めない【手繰る】なんと読む?

読めそうだけど読めない漢字をおさらい!「親子で学べる漢字クイズ」連載、本日のお題は【手繰る】。

Tags:

【手繰る】の「手」の読み方は「て」ではなく・・?

簡単な漢字の並びですが、いざ読もうとすると一瞬「???」となりそうな【手繰る】。

みなさんは正しく読めますか?

【繰る】は「繰り返す」と同じく訓読みに。

ポイントは【手】の読み方です。

純粋にそのまま読むと「て」ですが、「手」の訓読みにはもうひとつ別の読み方がありますよね。

「た行」のどれかの文字が入ります。

答えは思いつきましたか?

 

正解は…

 

Domaniドマーニ漢字クイズかんじクイズ「親子で学べる漢字クイズ」連載意外と読めない読めそうで読めない意外と知らない間違えがち正しい読み方正しく読める手繰るたぐる

 

たぐる

でした!

【手繰る:たぐる】
1.両手で代わる代わる引いて手元へ引き寄せる。
「ザイルを―・る」
2.物事をそれからそれへと引き出す。一つ一つもとへたどる。
「記憶を―・る」

~【手繰る】の類語紹介~

その1:手繰り込む

【手繰り込む:たぐりこむ】
たぐって自分の手元へ引き寄せる。
「網を船に―・む」

その2:引き摺る

【引き摺る:ひきずる】
1.地面などをすって引いて行く。
「下駄を―・って歩く」
2.長い物を垂らして地面などに触れさせる。
「裾を―・る」
3 無理に連れて行く。
「交番に―・って行く」
4.故意に長引かせる。
「回答を月末まで―・る」
5.捨てきれずに今なおもちつづける。いつまでも忘れないでいる。
「失恋の痛手を―・る」
6.(普通「ひきずられる」の形で用いる)
他人の行動や考えを引っ張る。影響を与える。
「雰囲気に―・られてつい承諾してしまった」

その3:引(き)絞る

【引(き)絞る:ひきしぼる】
1.弓に矢をつがえて、弦を十分に引く。
「弓を―・る」
2.声などを無理に出す。ふりしぼる。
「声を―・って叫ぶ」
3.強く絞る。
「袋の口を―・る」

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

▼この漢字なんと読む?

イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事