春アウター36選【2018春】| 30代40代女性ファッション | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION一年365日!アラフォーコーデ一気見せ!

2018.03.30

春アウター36選【2018春】| 30代40代女性ファッション

春におすすめのレディースアウターコーディネートを大特集!春定番のアイテム、アウターを色別(カーキ・ネイビー・白)にご紹介します。ショート丈のアウター、ワンピースとの着こなし、カジュアルコーディネートもまとめました。人気ののユニクロ(Uniqlo)アイテムを使ったコーデもピックアップ!

Tags:

【目次】
カーキの春アウター
ネイビーの春アウター
白の春アウター
ショート丈のアウター
ワンピースとアウターの着こなし
アウターのカジュアルコーデ

カーキの春アウター

【1】カーキのパンツ×ジャケットのスーツスタイル

【1】カーキのパンツ×ジャケットのスーツスタイル

ストレッチの効いた上下は、強力撥水で汚れにくいうえ、洗えるという扱いやすさもうれしい。

[Domani4月号 97ページ] ジャケット¥45,000・パンツ¥29,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) ブラウス¥18,000(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉) ピアス¥36,000(フレーク) バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) ストール¥25,000(ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア〈ファリエロ サルティ〉) バッグ¥22,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉)

【2】ピンクベージュのワイドパンツ×カーキのブルゾン

【2】ピンクベージュのワイドパンツ×カーキのブルゾン

そでのチュールかぶせや背面のレースアップディテールなど、女性らしさが宿るMA-1風ブルゾン。カーキ×ピンクベージュの優しい配色が好印象への近道に。スポーティなアイテムが主役の日は、小物も淡色でまとめることできれいめを保って。

[Domani4月号 89ページ] ブルゾン¥26,000(ベガ) カットソー¥8,900(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ニューヨーク〉) パンツ¥29,000(エッセン.ロートレアモン) ピアス¥14,500(アクアガール丸の内〈ソワリー〉) バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ¥8,800(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店〈パオロ マジ〉) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

【3】黒のロングフレアスカート×カーキのトレンチコート

【3】黒のロングフレアスカート×カーキのトレンチコート

長×長の一見難しいバランスが上手にキマるのは、トレンチの軽やかな素材感があってこそ。ベルトでウエストを絞れば、スタイリングの重厚感が軽減される。

[Domani4月号 83ページ] コート[共布ベルト付き]¥68,000(ラルフ ローレン〈ポロ ラルフ ローレン〉) 〝ルル・ウィルビー〟のブラウス¥25,000・〝ドミニク・デバイス・パリス〟のイヤリング¥11,000(アルアバイル) スカート¥46,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈アンスクリア〉) バッグ¥33,000(L’AVENTURE martinique〈ヴァジック〉) 靴下¥1,400(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) 靴¥24,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)

【4】レースのタイトスカート×カーキのジャケット

【4】レースのタイトスカート×カーキのジャケット

すとんとしたゆるめタイトに、幾何学模様のレースがさわやかさを演出。ドライなリネンジャケットで、肩の力が抜けたきれいめスタイルに。

[Domani4月号 45ページ] スカート¥17,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ジャケット¥145,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) カットソー¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) 時計¥28,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) バングル¥25,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈アリアナ ブッサード〉) バッグ¥46,000(アマン〈ペリーコ バッグ〉) スカーフ¥24,000(エストネーション〈キンロック〉) 靴¥13,000(スティーブン アラン トーキョー〈SPRING COURT〉)

【5】ブラウス×ピンクのスカート×カーキのブルゾン

【5】ブラウス×ピンクのスカート×カーキのブルゾン

ピンクは甘く着るだけ? いえいえ、そんなのもったいない。カーキのブルゾンを重ねれば、カジュアルさが加味され、大人ならではのヘルシーフェミニンが楽しめる。

[Domani1月号 165ページ] ブラウス¥12,000・スカート¥13,000(TONAL) ブルゾン¥19,000(スタニングルアー 青山店〈スタニングルアー〉) バッグ¥34,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉)

ネイビーの春アウター

【1】ベージュのベイカーパンツ×ネイビーのジャケット

【1】ベージュのベイカーパンツ×ネイビーのジャケット

元々ワークウエアから派生しているから、トラッドなアイテムと相性抜群のベイカーパンツ。プレーンなベージュの一本こそ、人気復活の紺ブレとの組み合わせに挑戦するには最適。ただし、かしこまりすぎを避けるため、紺ブレのそではプッシュアップ、パンツのすそはロールアップするのが正解。ミュールや大ぶりのアクセサリーで、休日感を盛り上げて。

[Domani4月号 123ページ] パンツ¥9,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ナノ・ユニバース〉) ジャケット¥39,000(Shinzone ルミネ有楽町〈ザ シンゾーン〉) タンクトップ¥7,000(ギャルリー・ヴィー 丸の内店〈ギャルリー・ヴィー〉) イヤリング¥7,000(アダム エ ロペ〈アレクサンドリン パリ〉) ネックレス¥50,000(スティーブン アラン トーキョー〈エスポワール〉) バッグ¥36,000(メゾン イエナ〈ラドロー〉) 靴¥55,000(CPR TOKYO〈レフラー ランダル〉)

【2】ネイビーのパンツ×ノーカラージャケットのスーツコーデ

【2】ネイビーのパンツ×ノーカラージャケットのスーツコーデ

ノーカラージャケット、センタープレス入りのパンツと、上品なひとそろい。カラー小物でミーハー感を注入。

[Domani4月号 92ページ] ジャケット¥29,000・パンツ¥18,000(エリオポール銀座〈エリオポール〉) ニット¥14,000(ミミ&ロジャー) スカーフ¥16,000(ドレステリア 銀座店〈アン〉) ピアス¥15,800(セシル・エ・ジャンヌ) バングル¥15,000(フラッパーズ〈アロン〉) バッグ¥22,000(ロウェル シングスルミネ新宿店〈インターステイプル〉) 靴¥15,000(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店〈ピシェ アバハウス〉)

【3】グリーンのニット×白ワイドパンツ×ジャケット

【3】グリーンのニット×白ワイドパンツ×ジャケット

旬の色味のグリーンが入ることで、定番配色でもシンプルになりすぎず、今っぽくこなれた仕上がりに。リブニットは、シャープなVネックよりクルーネックのほうが優しい印象で使いやすい。

[Domani4月号 63ページ] ニット¥29,000(スローン) ジャケット¥98,000(ジャーナル スタンダード レサージュ青山店〈アンスクリア〉) パンツ¥29,000(ロンハーマン) ブレスレット¥7,250(アビステ) 時計¥28,000(H.P.FRANCE〈INDUNA〉) バッグ¥150,000・靴¥74,000(JIMMY CHOO)

【4】白トップス×赤プリーツスカート×ネイビーのトレンチコート

【4】白トップス×赤プリーツスカート×ネイビーのトレンチコート

まるでストッキングをカットしたような、シアー素材の靴下が今季は人気。パンプスと同色にすることで、着こなしから浮かずにはくことができる。パンプスはスエード素材で落ち着いた足元に。

[Domani4月号 58ページ] 靴下¥1,500(オデット エ オディール 新宿店〈ピエディ ヌーディー〉) 靴[ヒール8㎝]¥46,000(アマン〈ペリーコ〉) トレンチコート¥240,000(ランバン コレクション) トップス¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) スカート¥23,000(アルアバイル) ピアス¥22,000(NOJESS) バングル¥7,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈エー・ヴィー・マックス〉) バッグ¥17,000(ロウェル シングス ルミネ新宿店〈インターステイプル〉)

【5】白ロングスカート×ネイビージャケット

【5】白ロングスカート×ネイビージャケット

厚手のコットン生地がシャープなシルエットを描く。前身ごろのすそが後ろへ流れる計算されたパターンが、前はすっきり、ヒップ側はボリューミーな体型カバーのデザインに。

[Domani4月号 42ページ] スカート¥49,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ジャケット¥29,000(メゾン イエナ〈イエナ〉) ニット¥3,800(ザ・スーツカンパニー 銀座本店〈リトルシック〉) ピアス¥12,000(フレーク) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) バッグ¥35,000(FUN Inc.〈BELLMER〉) 靴¥100,000(ジェイエムウエストン 青山店〈ジェイエムウエストン〉

【6】チェック柄タイトスカート×スニーカー×ブルソン

【6】チェック柄タイトスカート×スニーカー×ブルソン

大人になるとついベーシックな色やパターンを選びがちだけど、今年の春は、存在感のある柄に挑戦したい。赤と黒のコントラストが強いオーバーチェックは、子供っぽく転ばない程度の茶目っ気が。ブルゾンやスニーカーといった、スポーティな着こなしが、ぐっと映える、アイキャッチーなパワーに満ちて。

[Domani4月号 34ページ] 小泉里子 スカート¥27,000(アストラット 新宿店〈アストラット〉) ブルゾン¥32,000(ティッカ) カットソー¥12,000(ドレステリア 博多店〈リダン〉) バッグ[ショルダー]¥48,000(アルアバイル〈メゾン ボワネ〉) バッグ[トート]¥169,000(TOMORROWLAND〈 スマイソン〉) 靴¥33,000(ティースクエア プレスルーム〈ナショナル スタンダード〉)

【7】ブルーのタイトスカート×Tシャツ×ジャケット

【7】ブルーのタイトスカート×Tシャツ×ジャケット

ラフなニットスカートとTシャツで色とマインドをつなぎ、こなれ感を演出。タイトスカートとTシャツのブルーを程よく引き締めるネイビーのジャケットをONして、統一感のあるブルーのワントーン配色が着こなしをリフレッシュ。パール調のボタン付きジャケットでさりげなく女性らしさを加えることで、大人カジュアルを意識。

[Domani3月号 109ページ] スカート¥26,000(ボウルズ〈ハイク〉) ジャケット¥145,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉) カットソー¥24,000(エストネーション〈イサ アーフェン〉) リング¥44,000(スタージュエリー表参道店〈スタージュエリー〉) バッグ¥35,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥30,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

白の春アウター

【1】黒パンツ×白のノーカラージャケット

【1】黒パンツ×白のノーカラージャケット

幅広いサイズ展開が魅力のブティック エコー。白いノーカラージャケットは1枚あるととても便利な春の万能アイテム。

[Domani4月号 144ページ] ジャケット¥25,800・ストレッチパンツ¥12,800・カットソー¥7,800(ブティック エコー) バッグ¥10,500(BRÓAD BÈANS) 時計・靴/私物ブティック エコー 03・5568・1131

【2】茶ニット×パンツ×ロングジャケット

【2】茶ニット×パンツ×ロングジャケット

ロングジャケットが個性的な着こなしを印象づける。Iラインを強調し、スタイルアップにもひと役。

[Domani4月号 93ページ] ジャケット[共布ベルト付き]¥15,000・パンツ¥12,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) ニット¥15,000(スティーブン アラン トーキョー〈スティーブン アラン〉) ベルト¥7,800(アルアバイル) ピアス¥25,000・ピアスチャーム¥13,000(アガット) バングル¥4,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) バッグ[4月入荷予定]¥35,000(ショールーム セッション〈POTIOR〉) 靴¥25,000(モード・エ・ジャコモ〈メダ〉)

【3】ドットブラウス×ワイドパンツ×白コート

【3】ドットブラウス×ワイドパンツ×白コート

少々バランスが取りづらいワイドパンツなどのボリュームボトムを、視覚効果で縦長に見せてくれるのも、ミニマルなゆるコートのなせる業。ドット柄を効かせた休日カジュアルを品よくまとめたいときこそ、ノーブルなアイボリーコートが頼りになる。両サイドのスリットで脚さばきもよく。

[Domani4月号 85ページ] コート[共布ベルト付き]¥32,000(TIARA) ブラウス¥16,000(INÉD) パンツ¥37,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) 帽子¥11,000(CA4LA ショールーム〈CA4LA〉) ピアス¥7,000(アビステ) バッグ¥23,000(アルアバイル〈センシ・スタジオ〉) 靴¥39,000(デミルクス ビームス 新宿〈ロランス〉)

【4】ロングスカート×白のライダースジャケット

【4】ロングスカート×白のライダースジャケット

キュプラシフォンのフレアスカート。揺れるシルエットの秘密は、後ろ身ごろにもう一枚生地を重ねていること。すその前後差も加わって、さらに表情豊かに。白のライダースを合わせて、どこまでもクールに着こなしたい。

[Domani4月号 42ページ] スカート¥59,000・カットソー¥12,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ジャケット¥98,000(アルアバイル) イヤリング¥7,500(ロードス〈イロリエール〉) バングル¥9,000(インデアン・クラフト) バッグ¥27,000(TIME & EFFORT〈革*jacobi〉) 靴¥69,000(エイチ ビューティ&ユース〈ポール アンドリュー〉)

【5】グリーンのプリーツスカート×白ジャケット

【5】グリーンのプリーツスカート×白ジャケット

今年のプリーツスカートは、ひざ下のロングレングスと、重厚感のある生地使いで、モダンでかっこいいアイテムに進化。カーキ×ブラウンのアーシーな配色の力で、女らしさをサバけた雰囲気にもっていって。

[Domani4月号 37ページ] 小泉里子 スカート¥38,000(ボウルズ〈ハイク〉) ジャケット¥32,000(ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉) カットソー¥23,000(アダム エ ロペ〈エリン〉) 〝ココシュニック オンキッチュ〟のイヤリング¥10,000・〝メリッサ マッカーサー〟のバングル¥16,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) サングラス¥28,000(ミラリ ジャパン〈レイバン〉) バッグ¥325,000・バッグのフロントポケット¥150,000(ヴァレクストラ・ジャパン〈ヴァレクストラ〉) 靴¥88,000(JIMMY CHOO)

【6】スエット×ロングスカート×ロングコートの白コーデ

【6】スエット×ロングスカート×ロングコートの白コーデ

スポーティなブルゾンを長くしたようなコートは、光沢のある素材も相まって程よいエレガントさが。おしゃれプロの間でも話題のレギンスを重ねて、引き締め感とモードっぽさをプラス。

[Domani3月号 107ページ] コート¥63,000・レギンス¥16,000(ebure) スエット¥12,778(ワークノットワーク アーバンリサーチ キッテ丸の内店〈ワークノットワーク〉) スカート¥8,500(ココ ディール) ネックレス¥6,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥49,000(ANAYI〈メゾンボアネ〉) 靴¥14,800(シシ)

【7】カーキのワイドパンツ×白コート

【7】カーキのワイドパンツ×白コート

「打ち合わせへ移動はなるべく徒歩!歩くときにも気を抜かない。歩いて30分以内ならば、なるべく徒歩移動するので、普段からヒールは履きません。歩くときは目線を上げて、呼吸を深く。背すじを伸ばし、姿勢にも気を付けています」(モデル・有村実樹さん)

[Domani3月号 75ページ] 〝ソブ〟のコート¥39,000・ニット¥15,000・〝ダブルスタンダードクロージング〟のパンツ¥28,000(フィルム) バッグ¥5,500(CHALRES & KEITH〈チャールズ&キース〉) 靴¥14,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

ショート丈のアウター

【1】GUのベージュワイドパンツ×ブラウンのライダースジャケット

【1】GUのベージュワイドパンツ×ブラウンのライダースジャケット

ベイカーパンツといえば、ストレートやテーパードが主流の中、ワイドシルエットが今年らしくて新鮮な一本。ゆったりとしたはき心地でありながら、腰回りはすっきりきれいめ。パンツのべージュとなじみのいい、ブラウンスエードのライダースジャケット&サフランイエローのオープントウパンプスで、洗練度の高い配色に。

[Domani4月号 118ページ] 共布ベルト付きパンツ¥1,990(GU) ジャケット¥42,000・ニット¥15,000(ソルト〈ソルト ブルー〉) サングラス¥45,000(SUNRISE〈カトラー アンド グロス〉) バングル¥75,000(デューン〈アナザー フェザー〉) リング¥50,000(ハルミ ショールーム〈AKIRA NAKA〉) バッグ¥37,000(メゾン イエナ〈アヴリル ゴウ〉) 靴¥49,000(ナノ・ユニバース カスタマーサービス〈ペリーコ〉)

【2】ユニクロのスキニーパンツ×ジャケット

【2】ユニクロのスキニーパンツ×ジャケット

パンツは細身のストレートフィット。ストレッチの効いたやわらかなはき心地で、自然と足取りも軽くなりそう。パンツの色味に合わせて、全体をニュアンスのあるきれい色でまとめるのがこの春の正解。

[Domani4月号 115ページ] パンツ『ハイライズシガレットジーンズ』¥3,990(UNIQLO) ジャケット¥98,000(ストローラーPR〈ロゥタス〉) カットソー¥10,000(ヤマツゥ〈タナカ〉) サングラス¥26,000(ブルース〈ヴォン〉) バッグ¥23,000(エリオポール銀座〈マニプリ〉) 手に持った帽子¥6,800(ビショップ〈ORCIVAL〉) 靴¥7,900(ムーンスター カスタマーセンター〈ムーンスター〉)

【3】白スカート×ユニクロのブルゾン

【3】白スカート×ユニクロのブルゾン

高密度に織られたコットン素材とコンパクトなフォルムが、大人の女性向きのブルゾン。フレアスカートなどと合わせて、意外性のある着こなしに落とし込むのが成功ルール。

[Domani4月号 114ページ] ブルゾン『クロップドブルゾン』[一部店舗とオンラインストアで販売・3月上旬発売予定]¥5,990(UNIQLO〈Uniqlo U〉) ニット¥14,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) スカート¥26,000(BIMYTY) ピアス¥23,000(アガット) バングル¥5,200(ジューシーロック〈JUICY ROCKOriginal〉) バッグ¥110,000(アマン〈ザネラート〉)

【4】イエローのカーディガン×タイトスカート×黒ブルゾン

【4】イエローのカーディガン×タイトスカート×黒ブルゾン

ともするとハードな印象の黒ブルゾンも、スエード素材とほんのり丸みを帯びたシルエットで、女前に着られる優秀な一着。ピリリと効かせた鮮やかなイエローのカーディガンが、モノトーンベースのコーディネートを春らしくブラッシュアップしてくれる。

[Domani4月号 89ページ] ブルゾン¥34,000(Luftrobe) カーディガン¥42,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) カットソー¥5,463(バナナ・リパブリック) スカート¥26,000(エッセン.ロートレアモン) ピアス¥4,084(アビステ) バッグ¥11,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉) 靴¥16,000(ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店〈ピシェ アバハウス〉)

【5】花柄フレアスカート×ニット×Gジャン

【5】花柄フレアスカート×ニット×Gジャン

ニット×Gジャンはもちろん、シャツでもTシャツでも。あれこれ考えなくても着るだけでおしゃれが完成する、絵になる一枚。ネイビー地で落ち着いた雰囲気も兼備!

[Domani4月号 75ページ] スカート¥23,000(シップス 有楽町店〈タイロー〉) Gジャン¥23,800(ショールーム セッション〈SERGE de bleu〉) ニット¥30,000(シップス 渋谷店〈オーラリー〉) バングル[太]¥29,000(インデアン・クラフト) [細]¥30,000(H.P.FRANCE〈SERGE THORAVAL〉) リング¥16,000(goldie H.P.FRANCE〈IBELLO〉) バッグ¥145,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥75,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈ニナ リッチ〉)

【6】スニーカー×ブルーのジャケット&パンツ

【6】スニーカー×ブルーのジャケット&パンツ

白スニーカーの名品、『スタン・スミス』。インナーを抜け感のある白でリンクさせれば、セットアップスーツとの相性も文句なし。

[Domani3月号 136ページ] 靴¥15,000(アディダスグループお客様窓口〈adidas Originals〉) ジャケット¥29,000・パンツ¥17,000(martinique Le Conte梅田〈martinique〉) ニット¥24,000(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉) 手に持ったコート¥27,000(TONAL) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉) ピアス¥3,600(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 6連リング¥30,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) ベルト¥37,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) バッグ¥242,000(ロンシャン・ジャパン〈ロンシャン〉)

【7】ピンクのストール×ベージュのブルゾン

【7】ピンクのストール×ベージュのブルゾン

柔和な印象のベージュ×グレーに、肌を明るく元気に見せるビビッドなピンクのストールをプラス。

[Domani3月号 30ページ] ブルゾン¥80,000(エストネーション) 〝アンスクリア〟のニット¥46,000・〝アルテア〟のストール¥20,000(アマン) パンツ¥40,000(ボウルズ〈HYKE〉) イヤリング¥130,000(ヴァンドーム青山プルミエール 伊勢丹新宿店〈ヴァンドーム青山〉)

ワンピースとアウターの着こなし

【1】グレンチェックのジャケット×グリーンのロングワンピース

【2】グレンチェックのジャケット×グリーンのロングワンピース

長めのワンピースは、アウター選びをつい迷うアイテム。そんなとき、ジャケットをラフに肩がけするという新鮮な選択が、こなれた印象を高めてくれる。元々メンズライクなアイテムのグレンチェックジャケットと、女性らしさを象徴するカラーワンピースの一見相反する掛け合わせが、コーディネートに深い味わいを生む。

[Domani4月号 87ページ] ジャケット¥68,000(ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋ラシック店〈クチュール ド アダム〉) ワンピース¥28,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥23,000(ファビオ ルスコーニ 有楽町店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【2】ベージュのコート×花柄シフォンワンピース

【3】ベージュのコート×花柄シフォンワンピース

透け感のあるブラックシフォンにのせた赤の花柄が、リズミカルに揺れて、軽やか。足元も女らしく華奢に。

[Domani4月号 69ページ] ワンピース¥48,000(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈アイロン〉) コート¥29,000(L’AVENTURE martinique) バッグ¥44,000(FURLA JAPAN〈FURLA〉) バングル¥44,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) 靴¥52,000(エストネーション〈ペリーコ〉)

【3】チェック柄ロングワンピース×黒ジャケット

【4】チェック柄ロングワンピース×黒ジャケット

今季らしいマドラスチェックのワンピースは、カジュアルになりすぎない配色が重要。渋めのグリーンなら大人の印象をキープできる。

[Domani4月号 66ページ] ワンピース¥41,000(プリファー シップス NEWoMan新宿店〈ブルーバード ブルーバード〉) ジャケット¥88,000(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉) バングル¥9,723(アビステ) バッグ¥48,000(アルアバイル〈メゾン・ボワネ〉) 靴¥30,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉)

【4】グレーのワンピースコート×黒ワンピース

【5】グレーのワンピースコート×黒ワンピース

ライトコートに、サックワンピにと、ファスナー開閉で表情が変わる、春先まで大活躍の一枚は、暖かなウール素材。着心地とデザイン性を兼ね備えた両サイドのポケットやすそのスリットにも注目。

[Domani2月号 129ページ] コート\44,000(L’EQUIPE)ワンピース¥11,000(PLST)スカーフ\16,000(wb)サングラス\5,000(ジンズ〈JINZ〉)ピアス\3,200(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)時計\50,000(栄光時計〈コーチ〉)バッグ\16,000(ティースクエア プレスルーム〈フィオレッリ〉)靴\50,000(ダイアナ銀座本店〈ダイアナ〉)タイツ/スタイリスト私物

アウターのカジュアルコーデ

【1】ネイビーのワンピース×ユニクロのブルゾン

【1】ネイビーのワンピース×ユニクロのブルゾン

休日お出かけの楽ちんスタイルとの相性も文句なしの、〝ユニクロ〟のブルゾン。上半身に程よいボリュームが生まれるので、長め丈ボトムを合わせることでバランスが取りやすく。カジュアルアイテム同士の組み合わせこそ、白×ネイビーの落ち着いた配色で大人っぽさをキープして。フードを折りたたんで襟にしまえるデザイン性にも注目。

[Domani4月号 89ページ] ブルゾン¥3,990(UNIQLO) ワンピース¥39,000(ヴァリアス ショールーム〈ATON〉) ピアス¥4,500(アルアバイル) バングル¥23,000(アガット) バッグ¥36,000(アクアガール丸の内〈マニプリ〉) 靴¥6,500(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)

【2】タイトスカート×パーカ×ジャケット

【2】タイトスカート×パーカー×ジャケット

この春、カジュアルシーンで注目のパーカとのレイヤードというアプローチで、ジャケット×タイトスカートが新鮮に。オレンジのラインが、快活な印象を与える。

[Domani4月号 87ページ] ジャケット¥78,000(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉) パーカ¥16,000(ドレステリア 京都店〈ドレステリア〉) Tシャツ¥9,000(L’AVENTURE martinique〈ラヴァンチュール マルティニーク〉) スカート¥16,000(アングローバルショップ 表参道〈アングローバルショップ〉) ピアス¥3,500(アビステ) バッグ¥49,000(ケイト・スペード ジャパン〈kate spade new york〉) 靴¥27,593(銀座かねまつ6丁目本店〈銀座かねまつ〉)

【3】白ブラウス×赤のスカート×ネイビーのコート

【3】白ブラウス×赤のスカート×ネイビーのコート

スタンドカラーなど首元が詰まった春トップスと好相性の、V開きノーカラー。すそに重みがあるフレアスカートに合わせると、しなやかな揺れに程よいモード感を加えてくれる。黒に近いダークネイビーが、大人の表情を高めてくれます。

[Domani4月号 85ページ] コート[共布ベルト付き]¥39,000(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) ブラウス¥16,000(ベガ) スカート¥26,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈デザイナーズ リミックス〉) イヤリング¥8,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) バッグ¥8,900(アダム エ ロペ〈フォンフィック〉) 靴¥22,000(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【4】カーディガン×デニムパンツ×マキシ丈トレンチコート

【4】カーディガン×デニムパンツ×マキシ丈トレンチコート

定番の〝バナリパ〟のトレンチは、ワールドスタンダードよりもさらに長めの日本限定丈。あらゆるボトムの長さやシルエットを受け止めるマキシ丈は、こなれたビジュアルだけではなく実用面でも頼りに。体に優しく沿う素材感や両サイドに入ったスリットで、カジュアルなデニムスタイルにモダンな女らしさが加わる。

[Domani4月号 83ページ] コート[共布ベルト付き]¥25,926(バナナ・リパブリック) カーディガン¥26,000(八木通商〈ルトロワ〉) 〝SERGE de bleu〟のパンツ¥19,800・〝YAHKI〟のバッグ¥26,800(ショールーム セッション) ピアス¥3,200・ネックレス¥2,900(ジューシーロック〈JUICY ROCKOriginal〉) 靴¥35,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)

【5】カットソー×グリーンのワイドパンツ×ベージュのコート

【5】カットソー×グリーンのワイドパンツ×ベージュのコート

ボーダーも、深みのあるグリーンを選べば、落ち着いた印象に。パンツも同じトーンでまとめればよりシック。華奢なサンダルで抜け感をプラスして。

[Domani4月号 65ページ] カットソー¥6,600(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉) パンツ¥23,000(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店〈ジェーン スミス〉) コート¥64,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈NSF〉) バングル¥75,000(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) バッグ¥198,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) 靴¥29,000(ベイジュ〈PIPPICHIC〉)

【6】プルオーバー×黒パンツ×スニーカー×ブルゾン

【6】プルオーバー×黒パンツ×スニーカー×ブルゾン

メッシュのアッパーがキャッチーなランニングシューズ。シックにまとめた大人のモノトーンアスレジャースタイルに斬新なリズムを加えて。

[Domani3月号 139ページ] 靴¥13,000(プーマ お客様サービス〈プーマ〉) ブルゾン¥49,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈バーニーズ ニューヨーク〉) プルオーバー¥12,000(ゲストリスト〈ルミノア〉) パンツ¥15,000(ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店〈ホワイト〉) サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥1,350(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉) 時計¥310,000(ブライトリング・ジャパン〈ブライトリング〉) 5連リング¥42,000(H.P.FRANCE〈IOSSELLIANI〉) バッグ¥45,000(ジャーナル スタンダード 表参道〈OAD〉)


Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事