Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

FASHIONアウター

2022.02.27

春アウターのおしゃれな着こなし! おすすめアイテムとこなれコーデ31選

春におすすめのレディースアウターコーデをピックアップ!意外とたくさん種類がある春アウターですが、どれを選んだらいい?40代におすすめな着こなしやアイテムをご紹介します。

Tags:

【目次】
春のアウターは何を着る?
40代にもおすすめの春アウター
ジャケットの春コーデ
トレンチコートの春コーデ
ナイロンアウターやブルゾンの春コーデ
ロングカーディガン&シャツの春コーデ

春のアウターは何を着る?

厳しい寒さを超え、あたたかい日差しを迎えると欲しくなるのが春アウター。季節の変わり目で朝晩の気温差もあり、薄手のアウターはマスト。ここでは、大人の女性におすすめな春アウターを種類ごとにまとめ、着こなしコーデをご紹介します。

【POINT】
・春アウターは持ち運びしやすい&着回し力の高いものを選ぶ
・防寒性にも優れたロングタイプはスタイルアップ見えも

40代におすすめの春アウター

【1】ジャケット

【1】ジャケット

ベーシックな紺ブレザーをハンサムに仕立てたセットアップは、フォーマルからカジュアルまで、どんなシーンのおしゃれにも寄り添ってくれるタイムレスな一着。少し長めの着丈、シャープなラペルとショルダーラインがかっこよさを引き立てます。ボトムは、すとんと落ちるストレートラインが美しいワイドパンツ。ツータック仕様のワイドシルエットが生み出す迫力は、大人の女性だからこそ似合うもの。ドットブラウスやブローチなど、華やぎのある遊び心を加えてモードに着こなして。

▶︎【40代の優秀セットアップ】ダブルジャケット編/〝わかってる〟おしゃれ感が出るアイテム3選

【2】トレンチコート

【2】トレンチコート

ジャケットの上から羽織っても窮屈にならない、ゆったりとしたシルエット。立体感のあるヨークで、360°おしゃれ見えが叶います。美人シルエットのマキシ丈トレンチで、エレガントな雰囲気に。

▶︎雨にも強い〝マッキントッシュ〟のマキシ丈トレンチは360℃おしゃれ見えが叶う名品!

【3】ナイロンアウター

【3】ナイロンアウター

朝晩の寒暖差が激しい今時期は、気温調整がしやすい機能的なアウターが必須。「軽い・着やすい・おしゃれ」の3拍子が揃うナイロンコート。

子どもとアクティブに遊ぶ日は、動きを邪魔しないショート丈が正解!ツヤのないマットなネイビーやヘムラインの裾、余計な装飾を排除したシンプルなルックス、悪目立ちしないブラックの金具など、こだわりのディティールが幼く見せないポイント。ヒップまですっぽり隠れる長め丈なら体型カバーも叶えてくれる。

▶︎今年の注目株!〝ラクおしゃ〟が叶うナイロンアウター3選 【働く大人の着るべき春アウター】

【4】ブルゾン

<h3>【4】ブルゾン</h3>

スポーティなイメージが強いブルゾンも、ドラマティックに揺れるフレアスカートとのセットアップならこんなにもきれいめな印象に。どこか上品な表情を持つ梨地素材を使っている点もレディライクに大人っぽく着こなせる理由です。また、春らしい軽やかな見た目のブルゾンだけど、実は中綿入りであったか。まだ肌寒い時期から春らしいスタイリングをいち早く楽しめるのも嬉しいポイント!

▶︎【40代の優秀セットアップ】ブルゾンセットアップ編/カジュアルアウターを大人っぽく! 鮮度の高いアウターセットアップ3選

【5】ロングカーディガン

【5】ロングカーディガン

肉厚ながら軽く柔らかな着心地がたまらない、ガウンカーデ 。丸みのある肩のラインや、裾がすぼまるコクーンシルエットが今どきのリラクシーな印象。ひざ上丈なので重すぎず、バランスがとりやすいのも高ポイント。フーディ×レザーパンツの辛口カジュアルを優しげにこなして。

▶︎「ガウンカーデ」は上品カラーで軽やかに着こなして【今着られるライトアウター】

ジャケットの春コーデ

【1】黒ジャケット×キャメル色ニット×緑スカート

【1】黒ジャケット×キャメル色ニット×緑スカート

かしこまったシーンに必携のジャケットも、いかにもな通勤着とは一線を画すものを選びたい。直線的なロング丈なので、ボリュームスカートで柔和な雰囲気を加味。クリーンな白小物で抜け感と軽やかさを意識すれば、〝印象に残る美人〟に。

▶︎梅雨寒の日に頼りたいのはやっぱり黒ジャケット!

【2】キャメル色ジャケット×ベージュワンピース

【2】キャメル色ジャケット×ベージュワンピース

ベージュ×キャメルのワントーンは、小物の色味をビターなブラウンでそろえて。

▶︎春、このコーディネートなしでは過ごせない!? 最旬コンビはこれ!

【3】ベージュジャケット×白カットソー×ベージュパンツ

【3】ベージュジャケット×白カットソー×ベージュパンツ

春から続くセットアップ人気はこの秋も続投中。CPOジャケット×パンツも、セットアップで着るとラフになりすぎずません。とはいえカジュアルなアイテムなので、レザートリミングのレオパ柄トートや、ゴールドチェーンをあしらったショートブーツといったコンサバ小物をちらして大人っぽく着こなして!

▶︎最高気温21度・最低気温12度のくもりの日、何を着る?【気象予報士監修!天気別コーディネート】

【4】白ブラウス×カーキジャケット×パンツのセットアップ

【4】カーキパンツ×ジャケットのスーツスタイル

ストレッチの効いた上下は、強力撥水で汚れにくいうえ、洗えるという扱いやすさもうれしい。

▶︎後輩男子に憧れられる通勤コーデとは!?【Domani4月号から人気コーデ】

【5】デニムジャケット×黒ニット×花柄スカート

【5】デニムジャケット×黒ニット×花柄スカート

「自宅のクローゼットはシンプルできれいめなアウターが多く、カジュアルなタイプはあまり持っていません! 久しぶりにデニムジャケットに袖を通しましたが、デニム素材がとてもやわらかく、着た瞬間すぐに体に馴染みました。さすが王道のデニムブランド〝レッドカード〟! 全身黒のコーディネートで重たい雰囲気でしたが、デニムのブルーが入ることで、軽やかさが出て表情も明るく映える気がします。ざっくりとしたシルエットなので夫と一緒にシェアするのもいいですね」(塔筋真弓さん 美容サロン、オーナーセラピスト・35歳)

▶︎大人カジュアルがすぐ叶う♡ 〝レッドカード〟のジャケットコーデ【30~40代おしゃれワーママは何着てる?】

【6】白ジャケット×黒ニット×白スカート

【6】白ジャケット×黒ニット×白スカート

バランスが難しいジャケット×マキシ丈スカートにはノーカラーがうってつけ。長めのアイテム同士 でも直線的なラインがすっきり見えを叶える。

▶︎こんなに万能なんです!【ノーカラージャケット】の着回しコーデ5選

【7】カーキジャケット×白カットソー×黒スカート

【7】ネイビースカート×カーキジャケット

すとんとしたゆるめタイトに、幾何学模様のレースがさわやかさを演出。ドライなリネンジャケットで、肩の力が抜けたきれいめスタイルに。

▶︎脱マンネリなジャケットコーデってどうしたらいいの?【今、着たいコーデ】

【8】黒スカート×白パーカ×チェック柄ジャケット

【2】タイトスカート×パーカー×ジャケット

この春、カジュアルシーンで注目のパーカとのレイヤードというアプローチで、ジャケット×タイトスカートが新鮮に。オレンジのラインが、快活な印象を与える。

▶︎仕事もおしゃれもデキる女は今日も○○を着ている!?

【9】白ジャケット×白Tシャツ×黒パンツ

<h3>【9】白ジャケット×白Tシャツ×黒パンツ</h3>

クリーンな印象が増す白ジャケットは、大人のかわいらしさを引き立てるフリンジつきのツイード素材で。きちんと感を足すだけでなく、キリッとした白T×黒パンツコーデにちょっとの甘さとソフトな雰囲気を足してくれる。小物はモノトーンを中和するベージュでフェミニンにまとめて。

▶︎こんなに万能なんです!知的で上品! こなれ見えするノーカラージャケット3選【働く大人の着るべき春アウター】

【10】黒ジャケット×黒ニット×ピンクチュールスカート

【10】黒ジャケット×黒ニット×ピンクチュールスカート

ギャップのある素材合わせがツボ。コーディネートを瞬時にドラマティックにしてくれる、ダスティピンクのチュールスカート。黒のレザージャケットを合わせることで、強さと女らしさを両立した理想のコーディネートに。スカートにボリュームがあるので、アップヘアにするとバランス良好。

▶︎確実におしゃれ見えする最強配色は「黒×ピンク」!

トレンチコートの春コーデ

【1】ネイビートレンチコート×グレーニットワンピース

【1】ネイビートレンチコート×グレーニットワンピース

ニットワンピはアクセ合わせでトレンドを出したいところ。そんな気分にジャストなのがバロックパール。大ぶりのピアスをつければ、全身もぐっとキャッチーな印象に。

▶︎秋冬定番のニットワンピにはトレンドの〝バロックパール〟を合わせて今っぽく!

【2】黒トレンチコート×ストライプ柄Tシャツ×デニムパンツ

<h3>【2】黒トレンチコート×ストライプ柄Tシャツ×デニムパンツ</h3>

カジュアルイメージの強いナイロンコートも上品なトレンチデザイン、程よくハリのあるマットな質感ならラフさをセーブでき、洗練された印象。辛口派の鉄板カラー「ブラック」を面積広めに効かせて、ボーダー×デニムの爽やかな装いをシャープに移行して。

▶︎今年の注目株!〝ラクおしゃ〟が叶うナイロンアウター3選 【働く大人の着るべき春アウター】

【3】ベージュトレンチコート×黒Tシャツ×チェック柄パンツ

【3】トレンチコート

「前を全開にしているとコートがはだけてしまって着ずらい・・・というときは、ボタンは留めずに、ベルトだけ締めてみてください。その場合も、センター部分を少し開けて、中のコーディネートを見せるのが軽やかに着こなすポイント。特にボトムにかかる部分を広めに開けておくと、抜け感が出て春らしく見えますよ」(スタイリスト 渡辺智佳さん)

▶︎人気スタイリストに聞く!トレンチはボタンを留めて着ちゃダメなの?【2020年トレンチコートおしゃれ術】

【4】カーキトレンチコート×黒フレアスカート

【3】黒のロングフレアスカート×カーキのトレンチコート

長×長の一見難しいバランスが上手にキマるのは、トレンチの軽やかな素材感があってこそ。ベルトでウエストを絞れば、スタイリングの重厚感が軽減される。

▶︎春コート、野暮ったく見せないための着こなし術って?【今、着たいコーデ】

【5】ネイビートレンチコート×白トップス×赤スカート

【4】白トップス×赤プリーツスカート×ネイビーのトレンチコート

まるでストッキングをカットしたような、シアー素材の靴下が今季は人気。パンプスと同色にすることで、着こなしから浮かずにはくことができる。パンプスはスエード素材で落ち着いた足元に。

▶︎いつも同じ格好・・・がこれひとつで別人に!?【アラフォー的今日のコーデ】

ナイロンアウターやブルゾンの春コーデ

【1】緑ブルゾン×カーキフーディ×ベージュスカート

<h3>【1】緑ブルゾン×カーキフーディ×ベージュスカート</h3>

レザーのマキシスカートで、 モードを帯びたカジュアルスタイルに。ブルゾン×フーディに、若いころはチノパンを合わせていたのを、ベージュのレザーマキシスカートにチェンジ。いきなり色もシルエットも新しくするよりも、どこかなじみのある要素を残しておくと、手持ちのアイテムとも組み合わせやすい。

▶︎ブルゾン×フーディの鉄板コーデ、合わせるボトムはコレが今っぽい

【2】モノグラム柄ブルゾン×黒ニット×黒スカート

【2】モノグラム柄ブルゾン×黒ニット×黒スカート

雨がしっかり降っている日は、水を弾いてくれる軽めのアウターをプラス。「本格的なレインコートを着るほどでもない」という日に便利です。

スポーティなポンチョをモノトーンで都会的に。落ち着いたベージュとブラックのロゴなので、大人っぽく着こなせます。撥水加工を施した薄手で軽い素材を使用しているため、雨の日にも安心。付属の袋に収納でき、旅行時やレジャーシーンにも便利。 アウトドア要素が強いアイテムなので、タイトスカートを合わせて女らしく着こなして!

▶︎最高気温17度・最低気温9度の雨の日、何を着る?[気象予報士監修!天気別コーディネート]

【3】ベージュコート×ストライプ柄Tシャツ×デニムパンツ

<h3>【3】ベージュコート×ストライプ柄Tシャツ×デニムパンツ</h3>

タフタ素材の軽やかなナイロンコート。控えめなベージュでありながら、ゆったりめのAラインシルエットやボリューム袖が存在感を発揮し、サッと羽織るだけで旬なルックスに。首まわりのリボンをキュッと絞ればちょっとしたイメージ変更もできるので、気分に合わせて調整して。

▶︎今年の注目株!〝ラクおしゃ〟が叶うナイロンアウター3選 【働く大人の着るべき春アウター】

【4】ネイビーブルゾン×白ブラウス×白スカート

<h3>【4】ネイビーブルゾン×白ブラウス×白スカート</h3>

軽やかで品のいいほのかな透けで女っぽく。シアー感が持ち味の女性らしいセットアップに、あえてエコレザーのブルゾンを。かっこよさをひとさじ加えて。。

▶︎品のいいセットアップには〝エコレザーブルゾン〟でかっこよさをプラス!

【5】ストライプ柄プルオーバー×黒パンツ×黒ブルゾン

【5】プルオーバー×黒パンツ×スニーカー×ブルゾン

メッシュのアッパーがキャッチーなランニングシューズ。シックにまとめた大人のモノトーンアスレジャースタイルに斬新なリズムを加えて。

▶︎ぶっちゃけ知らない!?アスレジャーって何ですか!?【アラフォー的今日のコーデ】

【6】ベージュコート×白タンクトップ×白パンツ

<h3>【6】ベージュコート×白タンクトップ×白パンツ</h3>

オーバーサイズのシャツワンピのようなしゃかアウターは、バサッとしたシルエットや少し落としても着られる肩ラインで、ラフにはおるだけでも絵になる一枚。ヴィンテージ風加工が施されたシャンブレー素材も、洒落見えにひと役。白のニットタンク・グレージュデニム・ベージュコートで全身をつなげた優しげワントーンは、誰の目にも好印象。

▶︎今季アウターをプラスするなら〝薄軽しゃかアウター〟が断然おすすめ!

ロングカーディガン&シャツの春コーデ

【1】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

【1】水色シャツ×グレーニット×グレーパンツ

ミントブルーのロングシャツはインナーも小物もグレーでつないでシックに。ブルー以外の色をそろえることで、流れるような色のトーンがきれいでやわらかな女らしさをつくってくれる。

▶︎全方位好感度抜群!グレー&ブルーの知的配色コーデ

【2】紫ロングカーディガン×白ブラウス×カーキスカート

【2】紫ロングカーディガン×白ブラウス×カーキスカート

ヴィンテージ風のレースブラウスにロングスカートを合わせたエレガントな着こなし。そのままでも素敵ですが、パープル系のロングカーデをプラスすると、より女らしいムードを楽しめます。 小物は黒ではなくキャメルやベージュといったまろやかな色味を選んで、優しい雰囲気に。

▶︎最高気温17度・最低気温9度の晴れの日、何を着る?[気象予報士監修!天気別コーディネート]

【3】水色ニットカーディガン×白Tシャツ×白スカート

【3】水色ニットカーディガン×白Tシャツ×白スカート

パステルブルー&ふわふわ素材がフェミニンなロングニットカーディガンが主役のスタイル。辛口なミニバッグとスニーカーで甘さをやわらげて。

▶︎無敵のかわいさ!ブルー&白の配色は冬こそ着たい組み合わせ

【4】チェック柄シャツ×白 Tシャツ×茶色パンツ

<h3>【4】チェック柄シャツ×白 Tシャツ×茶色パンツ</h3>

「Tシャツの中で体が泳ぐ感じが好きなので、ジャストサイズではなく夫のメンズものを着ています。チェック柄ジャケットは母から譲り受けたもの。かなり大きいので昔は着ていませんでしたが、最近はこのざっくり感がお気に入り。トップスとアウターがカジュアルなので、エレガントな小物でバランスを取りました」(アパレルディレクター 川人未帆さん)

▶︎タイトな服よりゆったりサイズのほうが逆に女っぽく見えるんです

【5】白ロングシャツ×黒ニット×カーキロングスカート

白ロングシャツ×黒ニット×カーキロングスカート
トレンチ感覚で使える、ロングタイプのシャツジャケット。黒ニットとカーキスカートの辛口配色のコーデに、ボタンを開けて羽織りとして着用すれば、コンサバになりすぎるのを防いでくれる。

▶︎大人気のCPOシャツ、何を買えばいい?「正解は2WAYを選ぶこと!」

最後に

おすすめの春アウターや着こなしをご紹介しましたが、いかがでしたか?季節の変わり目は、気温差が激しく春物を取り入れるのが難しい時期かもしれませんが、今回ご紹介したコーデを参考に選んでみてくださいね。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事