Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.12.27

頭皮ケアに使いたいシャンプーブラシ6選|おすすめアイテムと使い方

健康的な髪を育むためには頭皮の汚れをしっかり落とすことが大切。でも、いつものシャンプーではしっかり頭皮が洗えていない可能性も。そこで今回は、頭皮の汚れをスッキリ除去可能な「頭皮用シャンプーブラシ」をご紹介!使用することで期待できる効果やブラシの選び方、効果的な使い方も解説します。

Tags:

【目次】
シャンプーブラシの効果とは?
自分に合ったシャンプーブラシの選び方
頭皮が元気になるシャンプーブラシの使い方
おすすめの頭皮用シャンプーブラシ
電動タイプの人気頭皮用ブラシも

シャンプーブラシの効果とは?

頭皮の汚れをオフ。臭いやフケ対策にも


(C)Shutterstock.com

シャンプーブラシを使うことで、指では届きにくい頭皮までしっかり洗うことができると言われています。

シャンプーは基本的に、髪ではなく頭皮を洗うもの。指の先を立てるようにして髪の根元を洗いますが、爪を立てると頭皮が傷ついてしまうため、指の腹で優しく洗うのがよいとされています。

頭皮の汚れをオフ。臭いやフケ対策にも
(C)Shutterstock.com

しかし、髪が長い人やネイルなどで爪が長い人はとくに、指の腹ではすみずみまでキレイに洗えないことも…。

その点シャンプーブラシなら、細かいブラシの先で髪の奥の頭皮に届き、しっかり洗うことができます。指で頭皮を洗うよりも、スッキリと汚れを洗い落とせると言われています。

頭皮の血行促進

シャンプーブラシで頭皮を刺激することで、頭皮の血行を促進させ、頭のコリやこわばりなども解消できるのだそう。

頭皮環境が整えば、かゆみやべたつき、フケや臭いなどを防ぎ、健康的な髪の発育にもつながると言われています。

自分に合ったシャンプーブラシの選び方

1. 手動か電動かで選ぶ

シャンプーブラシは主に「手動タイプ」と「電動タイプ」に分けられると言われています。

手動タイプは手軽に使いたい人におすすめで、より頭皮をしっかり洗いたい人やリラックス効果を望む人には、電動タイプがおすすめされているようです。

また、電動タイプはシャンプー時だけではなく、頭皮をケアをする際のマッサージ機としても使用できるのが人気なのだそうです。

2. 大きさで選ぶ

シャンプーブラシを選ぶ際、ブラシの大きさもポイントになります。

シャンプーブラシと言っても、形や大きさなど種類はさまざま。一般的には自分の手にしっかりフィットするものがおすすめされています。

大きい方が広範囲を洗えますが、大きすぎて自分の手にフィットしないものでは、力が伝わらなかったり、手からすべり落ちたりして使いづらい可能性があるので注意しましょう。

3. 素材で選ぶ

シャンプーブラシは素材によって硬さが異なります。

柔らかいタイプが好きな人には「シリコン」、硬めのタイプが好きな人には「ポリプロピレン」の素材が人気のようです。また、ブラシの形状によって洗い心地も違うので、自分好みの硬さや形状のものを見つけてみましょう。

4. 髪の量や長さで選ぶ

ブラシの大きさや素材と同じように、ブラシ突起部分の長さも考慮して選びましょう。

髪の毛の量が少ない人や髪が短い人は、短い突起のブラシがよいと言われていて、頭皮を傷つつずに洗うことができます。

一方で、髪の毛の量が多い人や髪が長い人は、頭皮までしっかりブラシが届く、突起部分が長いタイプのブラシがおすすめです。

頭皮が元気になるシャンプーブラシの使い方

1. 髪が乾いた状態でブラッシングする

まずは髪が乾いた状態でブラッシングをし、髪の絡まりをほどきつつ、ホコリや汚れを軽く落としましょう。

1. 髪が乾いた状態でブラッシングする

2. 十分に泡立ててからブラッシングする

髪全体をしっかりと濡らしたらシャンプーを適量とり、地肌につけるように手でもみ込みましょう。その後、しっかり泡立ててからブラッシングをします。前髪の生え際から後方に向かってかきあげ、オールバックにしていきましょう。

2. 充分に泡立ててからブラッシングする

3. 耳の付け根付近をブラッシング

次に耳の付け根に沿ってブラシをあて、「C」を描くように細かく動かして頭皮に刺激を与えます。

3. 耳の付け根付近をブラッシング

4. 襟足の生え際から頭頂部に向かってブラッシング

最後は襟足の生え際から頭頂部に向かってブラッシングし、しっかりと髪をすすいだら終了です。

4. 襟足の生え際から頭部に向かってブラッシング

おすすめの頭皮用シャンプーブラシ

【継ぎ目がなく衛生的!】uka(ウカ)|スカルプブラシ ケンザン

【継ぎ目がなく衛生的!】uka(ウカ)|スカルプブラシ ケンザン
素材:シリコン

水分が入り込んで雑菌が繁殖する原因になり得る繋ぎ目がない、衛生的に使用できるシャンプーブラシ。

「『ケンザン』という名前が印象的すぎて最初は痛くないかかなり不安でしたが、程よいコシで凝り固まった頭皮をほぐしてくれます。これを使ってマッサージしていると、今までのシャンプー中には感じなかった『皮脂の匂い』がモワッと漂ってくるんです。『しっかり皮脂を押し出してくれているんだな』と実感できる瞬間です」(Asamiさん)

【髪の毛の多い人にもおすすめ】MARKS&WEB|スカルプマッサージブラシ(グレー)

【髪の毛の多い人にもおすすめ】MARKS&WEB|スカルプマッサージブラシ(グレー)
素材:シリコン(ブラシ)/MS樹脂(持ち手部分)

シャンプーの際はもちろん、頭皮マッサージとしても使用できるブラシ。指先では届きにくい地肌の汚れまでアプローチしてくれる。しっかりした洗い心地のグレーと、洗い心地がソフトなホワイト&ブラウンの3色から選べる。

【イオンプレート搭載】リファ|リファイオンケアブラシ

【イオンプレート搭載】リファ|リファイオンケアブラシ
サイズ:本体 約58mm×196mm×50mm/スタンド 約60mm×60mm×32mm
素材:ABS、ポリアセタール、ナイロン、セラミック(本体)/ABS(スタンド)

頭皮環境と頭皮の汚れの特性に着目して生み出された、シャンプーやトリートメント時の使用に特化したヘアブラシ。ヘアブラシの先端はポール加工と、高さの異なる2段階構造の植毛になっており、汚れを逃さずかき出してくれる。さらにブラシ中央部のプレートからは、イオンが発生するイオンプレートが搭載されている優れもの。Refa(リファ)の取り扱いサロンで販売中。

【美容師おすすめ!】オリエンステラ|スカルプクリーンブラシ

【美容師もおすすめ!】オリエンステラ|スカルプクリーンブラシ
素材:ナイロン(ブラシ)/樹脂素材(持ち手)

美容業界人からも厚い信頼を寄せるヘアケアブランド「ORIENS’TELLA ETHICAL BEAUTY(オリエンステラ エシカルビューティー) 」の大ヒット商品、スカルプクリーンブラシ。濡れた髪や乾いた髪にも使える2Way仕様で、女性でも握りやすい長さと太さに設計されいる。

長さの異なるナイロン毛を使用した2段階植毛の採用により、長い毛は優しく毛流れを整え、短い毛は毛穴の汚れをかき出し、スッキリした洗い上がりを実現。ナチュラルな木目調のブラシは樹脂加工で水に強いため、バスルームに置いたままでも清潔に保てるのが嬉しい。

電動タイプの人気頭皮用ブラシも

【エステのような本格ケア】ドクターシーラボ|リフトアップマッサージャー

【エステのような本格ケア】ドクターシーラボ|リフトアップマッサージャー
まるでエステティシャンの指先のような揉み心地のマッサージャー。4つのローラーにより、顔のシワやたるみにも関係する、頭の側頭筋や前頭筋にアプローチ。

「ギュッとつかんでグーッとほぐす。まるで人にもんでもらっているようなリアル感あり。いらない水分や老廃物が流される感覚。百会のツボあたりはもう気持ちよすぎて眠りそうになるレベル。インバスでシャンプーのときにも使えるし、アウトバスで頭皮用の美容液などをつけても使える。もちろん仕事中も凝ったと感じたら即マッサージ」(さ~や)

【EMSで頭皮ケア】ヤーマン|ミーゼ スカルプリフト

【EMSで頭皮ケア】ヤーマン|ミーゼ スカルプリフト
サイズ:縦56mm×幅54mm×奥行き180mm

EMSで頭筋を刺激しながらリフトケアもできる新感覚ブラシ。「スカルプモード」と「フェイスモード」の2種類あり、専用のアタッチメントを変えることで、1台で頭皮ケアとフェイスケアの両方が可能。

「スカルプ用は通常の櫛と変わらないほど硬めのつくり。EMSの振動がしっかり伝わってきて、凝りがほぐれるな〜という感覚です。外泊が多い職業柄、コンパクトで持ち運びやすいサイズもポイント高いですね!」(Domaniオンラインサロンメンバー・くろだりかさん)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事