髪がまとまらない人必見! 原因や髪がまとまるおすすめアイテムをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.07.06

髪がまとまらない人必見! 原因や髪がまとまるおすすめアイテムをご紹介

毎朝ブローしても、髪がまとまらない、毛先がパサつく…このような悩みを抱えている方は少なくないはず。雨や梅雨時期は、さらにまとまりにくくなり、朝のスタイリングも思うように決まらないことも。どんな季節も扱いやすい髪をキープするのにおすすめのケアやアイテムをご紹介します。

Tags:

髪がまとまらない原因

カラー・パーマの薬剤や紫外線のダメージ

カラーリングを頻繁に行ったり紫外線ケアを怠ったりしている場合、髪表面にあるキューティクルがダメージを受けやすくなるといわれています。「一般に“きれいな髪”といわれる髪は、キューティクルが整って、うろこ状に密に重なり合っている状態です。髪内部のタンパク質や水分もキューティクルにより守られているため、髪には艶があって手触りも滑らかです」とヘアライターの斉藤裕子さん。

しかし「カラーリングやパーマを頻繁に行うと、薬剤の影響でキューティクルが剥がれやすくなります。その剥がれた部分から髪内部のタンパク質や水分が流出しやすくなって、髪がパサパサになってしまうのです。また、紫外線は重なり合ったキューティクルの力を弱めて浮かせてしまう場合があります。そのキューティクルのダメージ+髪内部の空洞化が、髪の毛のパサつきにつながります」(斉藤さん)

使用しているシャンプーの刺激

シャンプーの洗浄力が強すぎたり、洗う時に強すぎる力をかけても髪はパサパサになります。特に夏は、爽快感を求めて洗浄力の強いシャンプーを選びがちです。しかし、シャンプーの洗浄力が強すぎると、必要な油分を髪や頭皮から奪ってしまう恐れがあります。

髪のパサつきが気になるときは、洗浄力が強すぎず保湿成分が配合されているものや、刺激の少ないアミノ酸系などのシャンプーがおすすめです。また、「キューティクルは“濡れているともろい”という性質があります。強い力で髪を洗うと摩擦によってキューティクルを傷めてしまうことも。シャンプーするときは髪がこすれあわないよう泡をしっかり立て、髪ではなく地肌を中心に優しく洗いましょう」(斉藤さん)

髪の毛内部の水分不足

キューティクルがすでにダメージを受けている場合、髪の毛内部の水分が流出してしまっている可能性があります。髪の内部が保水されていないため、髪の毛がパサパサするのです。キューティクルは、ちょっとしたことで剥がれてしまいます。例えば強めにブラッシングをしていたり、コテやヘアアイロンを頻繁に使用していると、ダメージにつながってしまうのです。

また、キューティクルは枕で髪がこすれるだけでもダメージを受けます。「髪を乾かさないまま寝てしまうなんてもってのほか。キューティクルがもろくなっているうえに摩擦の刺激が加わって、翌朝はパサパサ髪になってしまいそう…」と斉藤さん。日常のあらゆるシーンを振り返り、「キューティクルにダメージを与えていないか」と振り返ってみましょう。

加齢による髪質の変化

「特に髪に悪いことはしていない」という場合は、加齢による髪質の変化が髪をパサつかせている可能性もあります。髪は年齢が進むにつれ髪の生え変わりサイクルが遅くなり、髪も細くなりがちです。加えて髪内部に含まれる脂質量も減少するため、艶感も失われやすくなるといわれています。年を重ねるほど、髪のダメージが内部にまで影響を及ぼしているということも。

「若いころと同じヘアケア方法だと効果を感じなくなってきた」と感じる人は、加齢による髪質の変化が始まっているのかもしれません。斉藤さんによると、「肌の曲がり角は25歳と言われていますが、髪の曲がり角は35歳説。35歳を境に髪が細くなり、ツヤが低下すると言われています」。実感している方、いるのではないでしょうか?

くせやうねりの対策方法

シャンプー・トリートメントを変えてみる

湿気による髪のうねりや広がりも、自分に合ったものを使えば解消されるはず!編集部がオススメする、湿気対策のシャンプーはこちらです。

■湿気でペタンとする軟毛のふんわり感をキープする【エッセンシャル flat】

自分に合ったシャンプー・トリートメントに変えてみる
▲花王
(左)エッセンシャル flat エアリースムース くせ・うねりメンテナンスシャンプー
(右)エッセンシャル flat エアリースムース くせ・うねりメンテナンストリートメント
各500ml

特に柔らかくて細かいクセ毛特有の、“根元はぺたんこ、毛先はボワボワ”のお悩みにアプローチ。髪に弾力とまとまりを与え、ドライヤーやアイロンの熱により髪が扱いやすくなる独自処方。

■髪の水分バランスをコントロールする、その名も…【MASUGU】

自分に合ったシャンプー・トリートメントに変えてみる
▲ユニリーバ
(左)MASUGU シャンプー
(右)MASUGU トリートメント
各440g

髪がうねる原因が髪内部の水分量の偏りにあることに着目。髪内部の潤いをキープしながら外側をコートして髪の外と内の水分の行き来をコントロールし、まっすぐ髪に導く。見た目もおしゃれ!

■髪の弱くなった部分を補強して密度を高め、うねりをブロックする【コアミー】

自分に合ったシャンプー・トリートメントに変えてみる
▲アリミノ
(左)コアミー シャンプー M 250ml
(右)コアミー ヘアマスク M 235g

ダメージや加齢により内部が空洞化して弱くなった髪を補修してさらに水分バランスを整え、うねりを出にくくする。根元のボリュームをキープしながら、なめらかに潤う洗い上がりに。

ドライヤーの方法を見直す

銀座にある人気ヘアサロン「GARDEN Tokyo」のトップスタイリスト、本木亜美さんに伺いました。

「髪が濡れているときはキューティクルが開いている状態なので、そこからどんどん水分や栄養分が抜けていきます。乾いているときに比べて強度も低下しているため、摩擦や引っ張りに弱くなっています。濡れたままの頭皮は、必要な水分が奪われ乾燥してトラブルの原因に。雑菌も繁殖しやすいんです。髪を洗ったら一刻もはやく乾かすことが大事です」(本木さん)

1.タオルドライは、吸水性のある髪用タオルでこすらずに水分を拭き取る

「頭皮→髪の順にタオルで水分を拭き取ります。まずタオルを頭にかぶせ、手で押さえながら頭皮の水分を吸収させます。髪はタオルで挟んで、水気がなくなるまで押さえます。ポンポンと優しく叩くのはOK。頭皮も髪も、ゴシゴシこするのは絶対にやめてください。髪のキューティクルをはがし、ダメージにつながります」(本木さん)

2.髪に栄養を与えてからコーミング

「タオルドライが終わったら、ヘアオイルやクリームなど洗い流さないトリートメントを髪の毛先を中心になじませます。髪が濡れている状態はキューティクルが開いているため、栄養が入りやすいからです。アイテムは、髪質やテクスチャー、仕上がりの好みでチョイスしてください。毛先全体になじませたら、目の粗いコームで軽くとかしてムラなくのばしつつ毛流れを整えます。濡れている髪はかなり弱いため、ブラッシング用のブラシでとかすのはやめてください。このあと、すぐにドライヤーを当てずに、髪をタオルでもう一度包みます。タオルがさらに水分を吸収して、ドライヤーを使う時間が短縮されます」(本木さん)

3.前髪→後頭部→耳周りの順に乾かす

基本的に強風で、根元を先に乾かします。最初に乾かすのは、生えグセがあったり割れたりする前髪。手を開いて地肌に軽く指を当て、左右に揺らしながら根元にドライヤーの風を当てて乾かすと、根元のクセがとれてフラットな状態になります。次は、髪が密集していていちばん乾きにくい後頭部(襟足)を乾かします。そして耳周りを乾かします。意外と乾かせていない場所なので、手を開いて根元から指を通しながら根元までしっかり風を当てます。ドライヤーを小刻みに動かすようにすると、熱が一定の場所に当たらずに分散して、熱による負担が軽減されます。根元が乾いたら、全体に手ぐしを通すようにして毛先を纏めながら乾かします。このとき、ドライヤーの風は斜め上から当たるように。毛先までしっかり乾いたら、ドライヤーを弱い冷風に切り替えて全体に当てながら手ぐしを通すとキューティクルが整ってツヤが出ます」(本木さん)

髪がまとまらない人におすすめのバーム

天然由来成分のみでできたバーム

オイル成分を固形化したバームは、オイルより粘度が高くて髪につけても重くなりにくい。固形のため取る量を調節しやすくつけすぎや一気づけを防げるため、すぐにペタンとなりやすい髪におすすめ。

髪が細くて少なめの人はバームを
▲ナプラ N. ナチュラルバーム 45g (サロン専売品)
天然由来成分のみでできたバームだから、髪だけでなく全身に使えるマルチユースタイプ。毛髪補修成分や毛髪保湿成分が配合されており、髪に潤いとツヤを与えながら繊細なニュアンスを作ることができる。

髪がまとまらない人におすすめのジェル

髪になじませやすいミルクインジェル

髪がパリパリに固まるジェルでなく、髪にしっとりしたしなやかさをもたらすオイルジェルをセレクト。重く仕上がるため、髪の広がりを抑えてほどよくタイトにスタイリング。日中につけ直さなくても乾きにくく、乾燥毛でもツヤ濡れ感が出る。

髪が多くて乾燥し、広がる人はジェルが◎
▲ウテナ ミーアンドハー ミルキィグロスジェル 100g
髪になじませやすいミルクインジェル。バリッと固めすぎず、自然なニュアンスや束感を演出できる。トリートメント成分がスタイリング中も摩擦などのダメージから髪を守り、しっとりとしたまとまりも。

髪がまとまらない人におすすめのヘアオイル

くせ毛対策に◎ケラスターゼの夜用美容液

くせ毛のための夜用美容液「オレオ リラックス マジックナイトセラム」。こちらのアイテム、寝てる間にヘアケアをしてくれるという優れもの。毛髪保護成分のイリネ根エキスや保湿効果の5種のビタミン成分が作用し、翌朝にはなめらかでまとまりのある仕上がりに。さらに、摩擦から髪を守りつつ、翌朝のもわっとした広がりや寝癖も抑えてくれるというから期待大!

くせ毛対策に◎ケラスターゼの夜用美容液
▲「オレオ リラックス マジック ナイト セラム」90ml

使い方
1:適量(大きめのパール2粒くらい)を手に取り手のひらから指の間までしっかり伸ばす
2:タオルドライ後の髪に毛先から手ぐしを通すように塗布。髪の中間に向かって徐々に上から手ぐしを通す
3:ドライヤーで根元をしっかりと乾かし、中間〜毛先の順番で乾かしていく。このとき、ドライヤーの熱で乾かすというより、風で水気を飛ばすイメージ

40代の髪のクセやパサつきに!使ってよかったヘアオイル

加齢による髪の変化も否めないと感じているアラフォー世代。少しでもコンディションがよくなるように…と使い始めたおすすめのヘアオイルをご紹介!

程よくとろみのあるテクスチャーでフローラルベースの香りは癒し効果も抜群です。これを使った日は、娘にいい香り〜と反応されるほど。そしてドライヤーをかけたあとのまとまりが違います!超ドライ毛で広がりやすい髪がブローせずともかなりおさまりのある状態にしてくれる優れもの。ケラスターゼファンとして超おすすめです。

40代の髪のクセやパサつきに!使ってよかったヘアオイル
▲ケラスターゼ ユイル クロノロジスト R 100mL

40代の髪のクセやパサつきに!使ってよかったヘアオイル
▲洗い流さないトリートメントとしてタオルドライした髪に使います。

 

一時期、頭皮がとんでもないほど乾燥していたときに頼りになったのがルネ フルトレールのオイル。シャンプー前(お風呂場でやるもよし、服を脱ぐ前にスプレーしておくもよし。服を脱ぐ前の場合は、服にオイルがつかないように注意を!)に髪をかき分けながらシュッとスプレーし、頭皮と毛先にしっかりなじませます。そのあとしばらく放置(その間に体を洗ったり湯船につかったりしていました)してからシャンプーするだけ!リッチ感のある香りもよくてお気に入りです。

40代の髪のクセやパサつきに!使ってよかったヘアオイル

▲ルネ フルトレール カリテNU プレオイル 100mL

40代の髪のクセやパサつきに!使ってよかったヘアオイル
▲スプレータイプなので当然のことながらテクスチャーはかなりさらっとしています。

SNSでも話題!LMHR (ルミナスヘア)のオイル

髪の美しさにはその「水分量」が重要で、水分量「13%」というのが最も美しい状態と言われているそう。でも、紫外線やドライヤーの熱風、乾燥、加齢、静電気、カラー・パーマなど、髪が傷む原因は日常のいたる所に。「LMHR (ルミナスヘア)」は、これらのダメージを防ぎながら潤いを閉じ込めることで、スタイリングしやすいまとまった髪をキープ。

5種類の植物オイルをはじめとした、潤いをキープするトリートメント成分を配合。つけた瞬間さらっとまとまり、ベタつかない。お風呂上がりのドライヤーの前に使用することで、翌朝スタイリングしやすい髪に。

SNSでも話題!LMHR (ルミナスヘア)のオイル
▲LMHR (ルミナスヘア) アウトバストリートメント オイル 90mL

美のプロも推す!洗い流さないヘアトリートメント

髪を乾かす前になじませたり、パサつく髪に潤いを与えたりする洗い流さないトリートメント。オイル、ミルク、ミストなど様々なテクスチャーのものがありますが、髪質や使い方によってセレクトするのがいいようです。中でも要チェックな2品はこちら。

美のプロも推す!洗い流さないヘアトリートメント
【1位】
プロジエ
オラプレックス
No.7 ボンディングオイル
30㎖

濃密なオイルが髪になじんで包み込み起きたときから美髪に。髪を補修して理想の状態に近づける、人気のアイテム。

【2位】
ロクシタンジャポン
ファイブハーブス
リペアリングヘアミルクセラム
100ml

あわただしい外出前になじませておくだけで、テクいらずで髪のまとまりアップ。湿気や熱から髪を守ってサラサラ状態がずっと続くトリートメントミルク。

パサつきや広がりにも◎おすすめヘアクリーム

アルペンローゼ ラ・カスタ プロテクト&リペア ヘアクリーム

髪を乾燥や紫外線、静電気から守る。ツヤを与えてまとまりのいい髪に導くトリートメント。

アルペンローゼ ラ・カスタ プロテクト&リペア ヘアクリーム
▲(左)105g

大島椿 ヘアクリーム しっとり

椿油配合のクリームは、スタイリングにも洗い流さないトリートメントとしても使える。リペア成分が傷んだ髪を補修し、椿油が髪1本1本の表面をコーティング。広がりがちな髪も、しっとりツヤツヤに。

大島椿 ヘアクリーム しっとり
▲160g

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事