Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 飲み物

2022.02.26

お酒を飲んでも太らない人が実践する5つのコツ | 飲む前に「おにぎりを食べる」のも効果的

 

このように、お酒を飲んで食欲が乱れたり、お酒の飲みすぎで代謝が落ちたりすると、太りやすくなります。

お酒を飲んでも太らない5つのポイント

お酒アルコール太らないコツ飲み方食べ物おにぎりはちみつ

(C)Shutterstock.com

それでは、お酒を飲んでも太らないためにはどうしたらいいでしょうか? お酒を飲んでも太らないポイントは、主に次の5つです。

・飲む前におにぎりを食べる
・水を飲む
・適量を知って飲みすぎない
・寝る前にはちみつをなめる
・翌朝はお腹具合に合わせる

・飲む前におにぎりを食べる

お酒の前におにぎりを食べることで、アルコールによる低血糖を予防することができます。その結果、飲んだ後に締めのラーメンなどを食べたくなることが減って、食べすぎを防げるようになるのです。またおにぎりは低カロリーなので、飲む前に1個食べたからといって太る原因にはなりません。

最初は抵抗があるかもしれませんが、飲む前におにぎりを食べるとお酒を飲んだ後の食べすぎが本当に減りますので、ぜひ実践してみてください。

・水を飲む

水を飲むことで、アルコールによる脳や肝臓への影響を小さくできます。脳や肝臓の働きが悪くなるのは、血液中のアルコール濃度が高くなるからです。

お酒の間に水を飲むことで、アルコールの量自体を減らせるので血中のアルコール濃度を下げられます。また寝る前に水を飲むと、翌朝の脱水を防ぐことにもつながります。脱水して喉が渇いていると、それを食欲と勘違いして食べすぎてしまう可能性が高いです。

そうした無駄な食べすぎを防ぐためにも、寝る前には水を飲むようにしましょう。

このように、お酒の間と寝る前に水を飲むことで、お酒で太らないようになります。

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!