Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.31

「膃肭臍」はどんな動物? 特徴や由来、アシカとの違いを紹介

水族館でも人気者の生き物「膃肭臍」ですが、皆さんはこの漢字読めましたか? 今回はそんな「膃肭臍」の特徴から由来、アシカとの違いを紹介していきます。

Tags:

「膃肭臍」とは?

「膃肭臍」は「オットセイ」と読みます。水族館で水の中をスイスイと泳ぐ「膃肭臍」ですが、見た目がアシカやアザラシとそっくりなので、いまいち違いがわからないという方も多いのではないでしょうか? それぞれの特徴や違いがわかれば、水族館で見るときの楽しみもより深まりますよ。まずは、「膃肭臍」の特徴や難しい漢字の由来などを紹介します。

膃肭臍

■特徴

「膃肭臍」は、アシカ科の哺乳類。ビロードのような産毛に覆われた毛並みが特徴です。水に濡れると体が黒っぽく見えますが、乾くと若い「膃肭臍」は銀灰色。成獣は赤みがかった灰色をしています。オスが約2m、メスは約1mほどの大きさで、アシカよりやや小ぶりです。イカやニシン、イワシなどの魚類を好んで食べるのだそう。

「膃肭臍」は、北太平洋に生息し、夏には小さな島に集まって一夫多妻制となり繁殖します。1匹のオスに数匹〜数十匹のメスが集まるそう。目の後方にやや大きめの耳介があることも特徴です。毛皮は良質で敷物やオーバーに利用されていましたが、現在は国際条約によって保護されています。

■由来

本来は「オットツ」と呼ばれ、臍(へそ)と陰茎を取って薬としたことから「膃肭臍」と呼ばれるようになったとされています。「膃肭臍」の肉は主に強壮剤として用いられました。日本では北海道以北の海岸に生息し、アイヌ語では「オンネップ」とも呼ばれていたそう。それが中国では「膃肭」と音訳され、薬とともに日本に入ったという説があります。

「膃肭臍」とアシカ、アザラシの違いとは?

「膃肭臍」と見た目がそっくりな動物に、アシカやアザラシ、トドなどがいますね。なんとなく違いはわかるけど見分ける自信はないという方のために、ここではそれぞれの特徴を紹介します。ちなみに、「膃肭臍」とアシカとトドは、同じ鰭脚目(ききゃくもく)アシカ科の哺乳類動物です。

■アシカの特徴

アシカはアシカ科の哺乳類動物。水族館のアシカショーでお馴染みの動物ですね。好奇心が旺盛で賢く、ボールを鼻にのせた曲芸が得意です。体は黒光りしたようにすべすべしており、目の後方に小さめの耳介がみられます。

見た目が「膃肭臍」によく似ていますが、やや大型で体長は2.5mほど。四肢はひれ状で長く、尻尾がとても短いことも特徴。陸の上では四つの足で体を支えて歩行します。主に小魚やイカ、タコなどを食べるそうですよ。

膃肭臍

■アザラシの特徴

アザラシは、鰭脚目アザラシ科の哺乳類です。北極圏から南極まで広範囲の海域に生息しており、体長は1mほどの小型種ワモンアザラシから、体長6mを超す大型種ミナミゾウアザラシまで様々な種類がいます。

日本では、ゴマのような斑点模様がある“ゴマちゃん”こと、ゴマフアザラシはお馴染みですよね。アザラシの赤ちゃんは、真っ白でフワフワした体毛に覆われています。これは氷の上で身を隠すためなのだそう。生後2週間〜4週間ほどで、薄灰色の毛に生え変わります。

膃肭臍

「膃肭臍」やアザラシとのわかりやすい違いとしては、アザラシには耳介がなく、目の後ろにポッカリと耳の穴だけが開いています。また四肢には5つの鉤爪がついており、指の間には水かきがついていますよ。「膃肭臍」やアシカなどのアシカ科の動物よりも泳ぐのが得意ですが、その分陸の上では腹這いで這うように移動し、歩行は得意ではありません

■トドの特徴

トドは、アシカ科の中では最も大きく、ずっしりと豊満な体型が特徴です。鰭脚目アシカ科の哺乳類で、オスは体長約3mで体重は1トンにもなるのだとか。メスは2.4mほどで体重は280kgほどになります。体はアシカよりも明るい茶褐色で硬い体毛で覆われています

「膃肭臍」のビロードのような柔らかい体毛はありません。魚類を中心に甲殻類も食べます。野生のトドは、漁網を破って魚を食べることもあるため、漁業では害獣とされているそうです。

膃肭臍

「膃肭臍」が有名な水族館は?

「膃肭臍」とアシカやアザラシ、とどの違いはわかりましたか? 特徴を理解した後は「膃肭臍」が見られる水族館もチェックしてみましょう。それぞれの水族館によって展示スタイルが異なるため、いろいろな姿の「膃肭臍」を楽しむことができますよ。

膃肭臍

1:すみだ水族館

東京都墨田区スカイツリータウン内にあるすみだ水族館では、ミナミアメリカオットセイを見ることができるそう。ここでは「膃肭臍」が屋内開放のプール型水槽にいるため、水槽越しではなく間近で陸の上にのんびりする姿を見ることができます。

また、ガラス張りになった天井が特徴のオットセイトンネルも注目! 水中をスイスイと泳いだりターンする姿を下から覗くことができますよ。いろいろな角度から「膃肭臍」を見られることが魅力的ですね。

2:京都水族館

京都駅からアクセス抜群の場所にある京都水族館。「膃肭臍」が泳ぐ水槽の一部が、子供の身長にぴったりなコの字型になっており、隠れ家のような楽しい空間になっています。中に入ると、周囲を水槽に囲まれ、まるで海の中で「膃肭臍」と泳いでいるような心地に。

また、水槽の上からは、岩や丸太の上でうとうとしている「膃肭臍」を間近で見ることもできます。「膃肭臍」のくりっとした丸い目や体毛が見えるほどだそうですよ。

3:伊豆・三津シーパラダイス

静岡県伊豆にある伊豆・三津シーパラダイスでは、海を利用した自然に近い景観で「膃肭臍」を見ることができます。潮の満ち引きで現れる砂浜や岩の上でのんびりする姿を楽しむことができるそう。

ここでは「膃肭臍」の他にも、アシカやトド、ゴマフアザラシ、セイウチが飼育されていることもおすすめのポイント。ショースタジアムではアシカやイルカが入れ替わりでステージに登場したり、平日にはセイウチのお食事タイムが見られるそうですよ。

最後に

「膃肭臍」の意味や特徴、アシカやアザラシ、トドとの違いは理解できましたか? 「膃肭臍」の特徴を整理すると、アシカ科に属する哺乳類動物で、ビロードのような体毛と目の後方に耳たぶのような耳介がみられるのがポイントです。見分ける時は耳や体毛、ヒレなどに注目してみてみるといいでしょう。

全国には「膃肭臍」やアシカやアザラシが見られる水族館がたくさんあります。お気に入りの動物を目当てに、行きたい場所を選んでみるのも面白いかもしれませんね。今度水族館に行った時は、本物の「膃肭臍」をみて、その特徴を確かめてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ

「瓢箪」の意味や縁起とは? 食べ方、瓢箪から駒・千成瓢箪の意味なども解説
「鰰」ってどんな魚? 意味や漢字の由来、旬の時期、料理レシピを紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事