Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.08.03

【サブスクリプション】の正しい意味は? わかりやすく解説します!



日常生活で耳にする機会が増えた「サブスクリプション」、省略して「サブスク」とも言われるこのワードですが、詳しくはどういう意味なのでしょうか?今回は、そんなサブスクリプションのあれこれをメリット・デメリットも合わせてご紹介していきます!

Tags:

サブスクリプションって何?

英語の「サブスクリプションsubscription)」には、雑誌などの「定期購読」「予約購読」「会費」という意味があります。リーマンショック以降、アメリカで消費者の節約志向が高まりました。「サブスクリプション」は、追加料金なしで最新のサービスが自由に利用できるため、ソフトウェアや動画・音楽配信の分野で普及しました。

近年では、Web技術の高まりに応じて様々な「サブスクリプション」サービスが出現。さらに、洋服や家具、家電などの物理的な製品そのものの「サブスクリプション」など、どんどん裾野が広がっています。

サブスクリプション

■サブスクリプションとレンタルサービスとの違い

「サブスクリプション」は、レンタルサービスと似ていますが別物です。まずレンタルサービスは特定の商品を一定期間借りるというものです。具体的な例を挙げると、レンタルショップで映画のDVDをレンタルする場合は、特定の作品を借りることになります。

対して「サブスクリプション」は、特定の作品ではなく、映画そのもののサービスを利用できるようになります。もちろんすべての映画が対象になるわけではありませんが、「サブスクリプション」のサービス対象となる作品はどれでも利用できます。

■サブスクリプションと定額制・月額制サービスとの違い

定額制・月額制とは、毎月定額を支払い一定期間利用できるという点では同じなのですが、そのサービスの特性に大きな違いがあります。定額制・月額制のサービスはどちらかというと提供側の価値重視ですが、「サブスクリプション」は顧客の価値やニーズに沿ってサービス対象内容や価格も見直していきます

サブスクリプションのメリットとデメリット

「サブスクリプション」には、どのようなメリットデメリットがあるのか見ていきましょう。

■サブスクリプションのメリット

「サブスクリプション」は、買い取りと違い、初期費用を安く抑えることが出来ます。また、毎月の利用料も安価なので、何かを新しく利用しようと思ったときにハードルが下がります。

また、価値を感じなければすぐにサービス利用を停止することも可能。気軽に試し利用ができる点は大いに価値があります。また、実際に製品を購入するわけではないので、手元に余計な物が増えて、ゴミになる恐れもありません。

■サブスクリプションのデメリット

「サブスクリプション」のサービスを利用しなくても、解約をしない限りは一定料金を支払わなければなりません。必要ではないサービスや商品も含まれ、実際に利用しているサービスや商品が支払いの価値に見合っているかどうかは判断が難しい時があります。

そして、解約後は商品やサービスが手元には残らないため、また利用したいと思ってもできません。また解約時の解約手続きが煩雑だったり、Webサービスの場合、わかりにくい場所に書かれていることも。契約時はフリーダイアルでの申し込みができても、解約時の通常ダイアルにはなかなかつながらないなどの苦情もあります。契約時に解約時の手続きも抑えておく必要があります。

また、利用のハードルが低いため、知らないうちにたくさんのサービスを契約していることもありますので、ご自身できちんと管理をすることが大切です。

サブスクリプション

■サブスクリプションの選ぶポイント

定額の月額利用なので、使えば使うほどお得になるのが「サブスクリプション」のサービス。ですので、自分に合ったサービスかどうか、つまり続けられるかどうかが一番のポイントになってきます。価格も大切な要素のひとつ。毎月だと安価なイメージですが、1年間換算、もしくは何年使うかをしっかり考えて申し込むようにしてください。

サブスクリプションの事例

「サブスクリプション」には、どのようなジャンルがあるのか、事例と合わせて紹介します。

■学び

学びのジャンルにはたくさんの「サブスクリプション」があります。テレビCMでもお馴染みの、大手企業が提供する映像授業と教材や、これからの社会で要求されるスキルとして注目されている、プログラミングなどもあります。初歩のものは無料、応用編が有料といったものも。また英語や資格など目的に合わせたサービスもたくさん出ています。

■動画・音楽配信サービス

最もサービスの種類が多いのがこのジャンルです。それだけに自分にぴったりの「サブスクリプション」サービスを選択することが大切です。

多くの動画配信サービスには、無料体験期間が設けられています。自分が観たい聴きたいコンテンツが充実しているかどうかを判断してから、有料期間に移行することが出来ます。また、金額やポイント利用など、それぞれのコンテンツが多様であるため、しっかりと比較検討することが大切です。

■電子書籍・雑誌

サブスクリプション

書籍の「サブスクリプション」もたくさんあり、動画・音楽配信と同じ企業が運営しているものも多いです。また、漫画に特化したものや、雑誌だけに特化したものも。電子書籍・雑誌ですので、スマホやタブレットあるいはブラウザー、専用アプリを使って読みます。

■その他

ジャンルを問わず様々なサービスがあります。CMの「車のサブスク」でもお馴染みの車の「サブスクリプション」、お菓子、サラダなど食べ物の「サブスクリプション」、子供向けにはおもちゃの「サブスクリプション」や、お母様には美容院や花の「サブスクリプション」なども。

また、変わったところでは、家の住み放題サービスや、旅とホテル泊まり放題サービスなどもあります。

最後に

「サブスクリプション」は、新しいビジネススタイルとして注目されています。今後ますます様々なジャンルに展開されていくことでしょう。このサービス最大のメリットは、自分に合ったものを選んで、とことん使い尽くすこと。ご自身のスタイルと相談しながら、上手に活用して賢い選択をしていきましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

今さら聞けない「マスト」の意味とは?シーン別の使い方と例文、関連するビジネス用語
ビジネスシーンで耳にする【シーズ】ってどんな意味?〝ニーズ〟や〝ウォンツ〟との違いは?
「知行合一」の意味を理解して正しく使おう|今さら聞けない四字熟語

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事