TRAVEL旅行情報&体験記

ラグジュアリーなリゾートで大人の休日を♡ 癒しと美を求める旅〜バリ

海外編:バリ

16.06.01

今回、Travel Domaniでご紹介する都市は、2年振りの"バリ"です。ちょうど乾季に入る時期ですが、まだ雨期の名残の雨が残っていたりして、訪れた時は少し湿度も高めでした。それでも、日中の焼け付くような太陽と青い空はまさしく南国の色。どこからともなく、花とスパイスの香りが漂って、これからどんな素敵な時間が待っているのか、スペシャルな休暇に期待が高まります!

ゆるやかな時間が流れ、南国の色鮮やかな花に囲まれた土地、バリ

今回もお邪魔することになった「アヤナ リゾート & スパ バリ」。前回は、リンバがオープンしたばかりでしたが、2年経って訪れてみると、新たなレストランやスパができていたり、とにかくひっきりなしにいろんな国のお客さまが到着するのにびっくり。日本からの旅行客のほか、中国、韓国、地元インドネシアなどのアジア系に混じって、欧米の旅行客が多いのが印象的でした。ロビーは、そんな風にたくさんの旅行客と行き交う感じでしたが、一歩お部屋に入ると、とても静かでのんびりできる感じ。ゆったりとマイペースに過ごすのが、南国リゾートのお約束です♪

到着すると、バリの民族衣装に包まれたウェルカムスタッフがレイをかけてくれます。色鮮やかな民族衣装のスタッフを見ると、本当にバリに来たんだな〜としみじみ実感。右の写真は、リゾート敷地内にあるプライベートビーチ「クブビーチ」。リゾートを循環しているシャトルバスで行くことができます。ビーチの真上には「ワルン クブ」というカジュアルなオープンカフェもあって、風に吹かれながら海を眺めつつ、カクテルやビールでひと休みするのもいい感じ♡

今回、まず最初にご紹介するお部屋は「ザ ヴィラズ アット アヤナ リゾート バリ」の1ベッドルームのお部屋。プライベートプール付きで、こんなお部屋に泊まったら、もはや一歩も出ることができなくなりそうなほど、素敵なお部屋です。特に注目なのが、バスルーム。こちらが、ここだけで住めそうなくらい広いスペースに休憩できるベッドつき。内側にもシャワーブースがありますが、屋外にもあって、なんとも開放的なんです。ヴィラは広大な敷地内に点在しているので、たとえば食事に行きたいときとかどうするのかな…と思っていたら、ヴィラ宿泊者には特典としてバトラーサービスが…。チェックイン時に貸し出される携帯電話を使って電話をかけると、直接バトラーに繋がるようになっており、リゾート内のどこにいても迎えにきてくれるし、質問にも応えてくれ、滞在中きめ細かくケアをおこなってくれます。

上のお部屋は、2名利用のお部屋だったのですが、こちらはファミリーで利用できる2ベッドタイプ。2階建てになっていて、上の階と下の階にそれぞれベッドルームが…。目の前にはインド洋が広がり、プライベートプールももちろん完備。それぞれの階にバスルームもあるので、ファミリーで利用するのはもちろん、気の置けないお友達同士でもいいですよね。

構成/ADVOX 取材・文/森井真弓 撮影/土屋嘉久

8月号表紙

8月号

色で、柄で、セールで
夏を楽しもう♡

イチ推しページ立ち読み
小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2016 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。