永遠の定番なんてないんです! ベーシックの更新に必要な4つのこと | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

FASHION大人のファッションコラム

2018.11.04

永遠の定番なんてないんです! ベーシックの更新に必要な4つのこと

ずっと素敵な人、とずっと変わらない人はちょっと違う。何にでも合う、ずっと使える、流行に左右されない・・・でも永遠の〝ベーシック〟ってないんです。白シャツもタイトスカートもデニムも化粧水もファンデーションも。時代は変わるしテクノロジーも進化する。そして自分の体型や肌も変わっていく。変えること、変わることをおそれないで。今のあなたに似合うベーシック、考えてみました。

Tags:

〝永遠の白シャツ〞なんてない

シルエット、襟の形や大きさ、そでや丈の長さ、素材感…。ベーシック服の代名詞ともいえる白シャツも、時代によって正解が変わります。「白シャツだから大丈夫」なんて思い込みで、手元にあるものを安易に着てしまうと、気づかないうちに〝古い人〟になっている危険性が…! アイテムは永遠でも、ディテールは変わって然るべき。そんな〝ベーシックのリアル〟を知ることが、まずは大事です。

今、白シャツを選ぶなら、肩の落ちたゆるいシルエットがマスト。こなれて見えるうえ、どうしたって丸みを帯びてくるアラフォーのボディラインを巧みにカバーしてくれる。時代の流れと自分自身の変化。このふたつを見極めながらベーシック服を更新することで、〝今っぽくて自分らしい〟スタイルが実現する。シャツ¥20,000(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク〈エーピー ストゥディオ〉)〝MARIABLACK〟のピアス¥26,000・〝ヒロタカ〟のリング[右手]¥66,000・[左手]¥88,000(ショールーム セッション)バッグ¥168,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)時計¥1,220,000(IWC)

「年をとっていく自分」を認める。だから、習慣だって変える

どこかで「自分だけは年をとらない」みたいな気持ち、ありませんか? 悲しいかな、だれでも平等に年はとるし、髪も肌も体力も衰えてきます。まずはその事実を受け止めて、向き合うこと。そて、冷静かつ柔軟に対処すること。肌がくすんで見えるのなら、ファンデーションを替えてみる、明るい色のリップを塗ってみる…。〝今の自分の顔〟に合わせてメークを更新する。この勇気をもてた人だけが、「ずっと素敵な人」へと近づけるのです。

「塗らない=ヘルシー」は大間違い。肌を紫外線などの外的ストレスから守り、きれいに見せるためには「ちゃんと塗る」ことが必要不可欠。艶やかなアプリコットオレンジのリップで、スキンケア効果のあるファンデーションで、ほんのりいれたチークで、肌を自然にトーンアップさせて。ブラウス¥35,000(ユナイテッドアローズ 新宿店〈フォンデル〉)リング¥17,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)シャネル ルージュ アリュール ♯96 エクサントリック ¥4,200

もう、努力しないと、キープできない!

以前と同じ生活を送っているのに、太ったり、やせにくくなったり、たるんだり…。代謝の低下をまざまざと実感するのがDomani世代。そう、何もしないとくずれていく一方。だから、どんなに忙しくても、運動嫌いでも、食事に気を配ったり、ワークアウトの時間をつくったり…。日々の〝ひとふんばり〟で、未来の自分は大きく変わるもの。〝おしゃれを楽しめる体と肌〟は、努力なしでは保てません。

デスクワークにミーティング…。働く女は、どうしても運動不足に陥りがち。だからこそ、体を動かす時間を無理してでもつくりたい。ランニングでもヨガでも、自分が続けやすい方法で、楽しんで。気分の上がるグッズをそろえるのも効果的! 靴『ウルトラブースト』¥26,000・帽子¥5,000(アディダスグループお客様窓口〈adidas by StellaMcCartney〉)タオル¥6,400(HPS〈ヒポポタマス〉)水[500ml]¥130(エビアンお客様相談室)イヤホン/スタイリスト私物

流行や情報にオープンマインドでいる!

自分のベーシックを確立すればする程、知らないものや新しいものに対して、どこか否定的な気持ちがわいてきたり…。でも、それじゃもったいない! そこには悩みを解消したり、おしゃれをステップアップさせるヒントが眠っているかもしれません。流行や情報をがんばって追う必要はないけれど、〝耳を傾ける〟気持ちはもっていること。このオープンマインドな姿勢こそが、〝錆びない女〟の秘訣です。

丸首ニット×タイトスカートという定番スタイルも、スカートをひざ下丈&チェック柄に更新すると、ぐっと洗練された印象に。こんなふうにささやかな変化をキャッチアップすれば、通勤ベーシックはもっとずっと、楽しくなる。ニット¥22,000(八木通商〈ルトロワ〉)スカート¥64,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)イヤリング¥9,200(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ベベ〉)バッグ¥172,000・パンプス¥74,000(JIMMY CHOO)時計[直営店限定]¥16,000(ダニエル・ウェリントン 原宿〈ダニエル・ウェリントン〉)バングル¥25,000(サザビーリーグ〈アルティーダ ウード〉)手に持ったジャケット¥118,000(マディソンブルー)

もう、肌を“がんばらせる”年じゃない。肌は“いたわって”、甘やかす

「〜しない」美容で、肌本来の美しさを導き出す…。正直、もうこれは無理! だってDomani世代の肌は、与えないとうるおわないし、整わない。だから今、必要なのは〝肌に投資する〟こと。たとえばちょっぴりお高いクリームには、それ相応の素晴しい発見や研究の成果が凝縮されていて、その分、肌は応えてくれる。10年後の自分に期待をもたせてくれる。そろそろ、この偉大なパワーを味方につけてもいいお年ごろです♥

ジャパニーズ アンジェリカとホワイト チューベローズ。この2種類の希少な花のエキスと最新のテクノロジーを融合させて開発した、独自成分「ブラン フローラリクシール™ デュウ」を採用した、〝エスティ ローダー〟のクリーム。肌の内側に眠る光を引き出し、透明感のある若々しい肌へと導いてくれる。こんなラグジュアリーなクリームで、肌を甘やかす幸せったら! エスティ ローダー リニュートリィブ UR ホワイト クリーム 48g ¥36,000(医薬部外品)タンクトップ¥3,694・ガウン¥9,250(ザラホーム・ジャパン カスタマーサービス〈ザラホーム〉)ターバン¥3,900(ステラハリウッド)

美容もおしゃれも! ベーシック=更新いらずではない!

「ベーシック」と「一生使える」は同意語ではありません。なぜなら、時代も、自分自身も変わるから。大切なのは、〝今の自分〟が素敵に見えるか、〝未来の自分〟に生きるかをジャッジする、俯瞰的な目。肌に元気がなくなってきた、さあスキンケアをどう変える? 去年のデニムが古く見える、さあどんなデニムに買い替える? 脳内であらゆるQ&Aを繰り返しながら、今のベストなベーシックを探していく。この冒険が、年を重ねてもビューティフルでピースフル! な、いい女を形づくっていくに違いありません。

年齢とともに、肌も刻々と変わるもの。〝ベストな布陣〟だと思っていたスキンケアアイテムだって、肌の様子に合わせてチェンジしたり、加えたりする思いきりをもちたい。右から/肌本来の保湿力を再活性化し、不足した脂質を補う。シャネル イドゥラ ビューティ リッチ クリーム 50g ¥9,000 天然由来成分97%。柔軟と収れん、ふたつの働きで肌を整え、バリア膜で肌を守る。THREE トリートメントローション 125ml ¥6,000 水分を「捕まえ、巡らせ、留める」という肌のウォーターサイクルに働きかけ、肌本来の保湿機能を取り戻す美容液。シスレー イドラ グローバル セラム 30ml ¥25,500 「カプチュール ユース」は、肌の加齢を遅らせるためのスキンケア プログラム。こちらは過剰な皮脂の生成を抑え、毛穴の目立たない肌にする美容液。パルファン・クリスチャン・ディオール カプチュール ユース マット マキシマイザー・分子量が異なる3種の植物性ヒアルロン酸が、肌の深層にまでうるおいを与え、ハリのある肌を保つ。同 カプチュール ユース プランプ フィラー 各30ml 各¥11,500

ゆるいデニムブームが続いていた反動か、〝ちょっと細身〟のデニムが気になる今日このごろ。こちらの『Cigarette』は、スキニーとストレートの間ぐらいの絶妙なシルエット。ハイライズ&くるぶしが覗く丈も相まって、すっきりとはける。永遠に好きなデニムも更新するたびに新たな気持ちで向き合えて、それもまた楽しい。〝ラグ & ボーン/JEAN〟のTシャツ¥13,000・〝ラグ & ボーン〟のパンツ『Cigarette』¥30,000・帽子¥18,000・手に持ったジャケット¥82,000(ラグ & ボーン 表参道)バングル¥21,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)パンプス¥73,000(セルジオ ロッシ カスタマーサービス〈セルジオ ロッシ〉)

Domani2018年9月号『美容もおしゃれも。“ベーシック”を更新しないと!』より
本誌撮影時スタッフ:撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)スタイリスト/大野千歩ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO)メーク/水野未和子(3rd)モデル/小泉里子(本誌専属)構成/今村紗代子

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事