人気メーカーのおすすめ【オフィスチェア】7選|選び方のポイントも解説 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.01.12

人気メーカーのおすすめ【オフィスチェア】7選|選び方のポイントも解説

座り心地の良いオフィスチェアがあれば、自宅での仕事や勉強がはかどります。ゲームや動画を楽しむときにも、快適なイスは欠かせません。さまざまなバリエーションがある中から、ぴったりのイスを選ぶコツとおすすめ商品を紹介します。

イスを選ぶときのポイント

一口にオフィスチェアと言っても、その種類はさまざまです。素材や背もたれの高さ、リラックス機能の有無などにより、使い心地が大きく変わります。購入前に店頭やショールームに足を運んで、実際に座ってから選ぶのがおすすめです。

(C)Shutterstock.com

まずは自身の好みや置く場所の環境、イスに座っている時間の長さを考慮して、重視するポイントを絞っていきましょう。

ファブリックやレザーなどの素材を確認

オフィスチェアの素材には、ほとんどの場合「ファブリック(布)」「レザー」「メッシュ」のいずれかが使われています。

ファブリック製のイスは価格が手頃で、カラーバリエーションも豊富です。ただし汚れが付きやすく、コーヒーなど濃い色の飲み物をこぼすとシミになってしまうこともあります。

(C)Shutterstock.com

レザー製には「PUレザー」や「PVCレザー」などの合成皮革と、本革があります。合成皮革は汚れや摩擦に強く、お手入れが楽な上に本革よりも安く購入できます。本革は高価ですが、使い込むほどに風合いが増し、愛着が湧くのが特徴です。

(C)Shutterstock.com

メッシュタイプは通気性が良く蒸れにくいので、夏にエアコンをあまり使いたくない方や暑がりの方、背もたれに寄りかかることが多い方におすすめです。

(C)Shutterstock.com

背もたれの種類

イスの背もたれの高さは、低い順に「ローバック」「ミドルバック」「ハイバック」の3種類に分けられます。ローバックは価格が安く、狭い部屋に置いても圧迫感がありませんが、他のタイプに比べると座り心地は劣ります。

ハイバックは座り心地が良く、休憩したいときには全体重を預けてリラックスできるのが魅力です。高価ですが、リクライニング機能やフットレストが付いたタイプもあり、身体への負担も軽いため、毎日長時間使いたい方に適しています。ハイバックを置くほどのスペースはなくても、座り心地が良いイスが欲しい方には、ミドルバックがおすすめです。

ロッキング機能 

気分転換に欠かせないロッキング機能には、「背ロッキング」「背座ロッキング」「シンクロロッキング」の3種類があります。

背ロッキングは、背もたれ部分だけが倒れる最も一般的なタイプです。倒せる角度が小さく、長い休憩には不向きですが、座っている時間が短い方や、休憩は別の場所で取るという方なら十分です。

背座ロッキングは、背もたれと座面が一体型のイスに多く見られます。背もたれと一緒に座面も傾くので、足を浮かせてリラックスできます。動画を観たり、本を読んだりなど、イスの上でのんびり過ごしたい方に適しています。

リラックス重視の方には、背もたれと座面が別々に動くシンクロロッキングがおすすめです。可動域が広く、中にはベッドのように、ほぼフラットになるタイプもあります。

(C)Shutterstock.com

重厚感あるレザー素材のイス

ここからは素材や機能別に、おすすめのオフィスチェアを紹介します。まずは重厚で高級感のある、レザー素材のイスを見ていきましょう。

170°リクライニング機能付き
アイリスオーヤマ「170°リクライニング ハイバック プラザセレクト」

アイリスオーヤマの「170°リクライニング ハイバック プラザセレクト」は、肌触りが良くお手入れの簡単な、合皮製のオフィスチェアです。

ゴムバンドで好きな位置に取り付けられるクッションや、出し入れ可能なフットレストなどが装備され、好みの体勢でゆったりと座れます。

最大170°までなら好きな角度にリクライニングできる他、170°まで倒してフットレストを伸ばせばベッドのようになります。仮眠したいときにも便利です。

商品名:アイリスオーヤマ 170°リクライニング ハイバック プラザセレクト

滑らかな触り心地の本革素材
岡村製作所「ビラージュ VCチェア VC33」

本革素材のイスをお探しの方には、岡村製作所の「ビラージュ VCチェア VC33」がおすすめです。

シンプルなデザインで、書斎やリビングに置いて長く愛用できます。長時間座っても疲れにくい、シンクロロッキング機能付きです。JIS(日本工業規格)に基づく強度や耐久性試験をクリアしている点にも注目しましょう。

商品名:岡村製作所 ビラージュ VCチェア VC33

コンパクトで安価なイス

続いて、小さなパソコンデスクや、狭いリビングに最適な、コンパクトサイズのイスを2点紹介します。

豊富なカラーバリエーション
アイリスオーヤマ「メッシュバックチェア プラザセレクト」

アイリスオーヤマの「メッシュバックチェア プラザセレクト」は、カラーバリエーションが10色と豊富に揃う、メッシュタイプのオフィスチェアです。ミドルバックタイプなので、コンパクトな見た目に反してゆったりと座れます。

腰を支える「サポートバー」が付いており、きれいな姿勢をキープしやすいのが特徴です。腰や背中の負担を軽減します。背もたれ部分が全て通気性の良いメッシュ素材でできており、暑い日も背中が蒸れずに快適です。

商品名:アイリスオーヤマ メッシュバックチェア プラザセレクト

存在感のあるモダンデザイン
サンワサプライ「シンプルデザインチェア」

サンワサプライの「シンプルデザインチェア」は、背もたれと座面のワッフル模様が存在感を醸し出す、おしゃれなオフィスチェアです。色も形もシンプルで、モダンなインテリアにもよく似合います。

PUレザー製なので、飲み物などをこぼしても拭くだけできれいになり、いつも清潔に使えます。曲線状の背もたれが身体にフィットし、疲れにくいのもポイントです。

商品名:サンワサプライ シンプルデザインチェア

長時間の作業におすすめな高機能なイス

最後に、長時間デスクワークをする方におすすめのイスを紹介します。腰や背中への負担を軽減したり、より深くリラックスできたりする、高機能なイスをピックアップしています。

スマートなデザインのメッシュチェア
岡村製作所「CG-M 肘なし メッシュタイプ ホワイトフレーム」

岡村製作所の「CG-M 肘なし メッシュタイプ ホワイトフレーム」は、コンパクトでスマートなデザインながら、柔らかな座り心地を実現したメッシュタイプのオフィスチェアです。

腰の負担を軽くするS字型の背もたれや、お尻部分と太もも部分で硬さの異なるクッションなど、独自の性能により、座り心地を大幅に向上させています。座面を385mmまで下げられるので、小柄な方でも足を床にしっかりとつけて座れます。

商品名:岡村製作所 CG-M 肘なし メッシュタイプ ホワイトフレーム

背もたれと座面のロッキング機能付 サンワサプライ「OAチェア SNC-T148BK」

サンワサプライの「OAチェア SNC-T148BK」は、肌触りの良いファブリックを使ったオフィスチェアです。

背もたれのカーブが腰にフィットして、長時間の作業でも疲れにくい上に、背座ロッキング機能付で適度にリラックスできます。

背もたれ、座面、脚、キャスターまで全て黒で統一されており、オフィスでも浮きにくいデザインです。

商品名:サンワサプライ OAチェア SNC-T148BK

おしゃれな高級チェア ハーマンミラージャパン「Aeron Chairs」

アメリカのオフィス家具メーカー「ハーマンミラー」の「Aeron Chairs(アーロンチェア)」は、快適さとおしゃれさを兼ね備えた高級オフィスチェアです。全面メッシュの近未来的なデザインと、シックな色合いが印象に残ります。

メッシュ部分には「ペリクル」と呼ばれる薄いポリエステル生地を採用し、熱や湿気による不快感を解消しています。

背もたれ部分のパッドを調節することで、人間が立ったときの正しい姿勢を座っていてもキープできる他、自然で滑らかなリクライニング機能で、疲れたらすぐにリラックスできるのも魅力です。

商品名:ハーマンミラージャパン Aeron Chairs

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事