おすすめのアロマディフューザー6選|好きな香りで気分転換を | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEリラックス

2019.12.19

おすすめのアロマディフューザー6選|好きな香りで気分転換を

リラックスアイテムとして注目のアロマディフューザーですが、タイプによって香りの広がり方や持続時間などが異なります。お気に入りの香りを存分に楽しむために、知っておきたいアロマディフューザーの選び方と、おすすめ商品を紹介します。

【目次】
アロマディフューザーについて知ろう
選び方のポイント
こだわりのアロマディフューザー
コスパ良好の安いアロマディフューザー

アロマディフューザーについて知ろう

まずはアロマディフューザーの特徴と種類、香りを拡散する仕組みについて見ていきましょう。

アロマディフューザーとは?

アロマディフューザーは、アロマの香りを室内に拡散するための道具です。超音波などを使い、アロマオイルを細かい粒子にして空気中に放出することで、香りを広げます。アロマディフューザーには、寝室やリビングに置いて使う大型の物から、トイレや車のような狭い空間に適した小型の物まで、さまざまなタイプがあります。ライトが点灯したり、おしゃれなビンに入っていたり、インテリア性が高い製品が多く、視覚的に楽しめるのも大きな特徴です。

アロマディフューザーの種類

アロマディフューザーには、香りを拡散させる仕組みによって、「超音波式」「ネブライザー式」「気化式」「リード式」「加熱式」に分けられます。

超音波式」はオイルを水に入れ、ミスト状にして噴出します。ミストによる加湿効果が期待できる他、タイマー付きのモデルもあり、就寝時も安心して使えます。ただし水を使うため、カビや雑菌に注意が必要です。空気の振動によって香りを拡散させる、「ネブライザー式」や「気化式」は、水を使わないためオイル本来の香りを楽しめます。玄関やトイレなど香りを絶やしたくない空間には、専用オイルにスティックを差すだけで香る「リード式」がおすすめ。「加熱式」は、ロウソクやランプの熱でオイルを温めて香りを拡散させます。熱くなるため、子どもやペットのいる家庭には不向きです。

選び方のポイント

アロマディフューザーを選ぶ際には、部屋の広さ使用時間の他、デザイン機能など、チェックしたいポイントがいくつかあります。置き場所に合わせた選び方と、おすすめの香りを紹介します。

(C)shutterstock.com

効果範囲や持続時間を確認

はじめに、香りが届く範囲持続する時間をチェックしましょう。部屋全体に香りを広げたい場合は、部屋の広さに適応した大きさの物を選びます。部屋が広くても、デスク回りなど狭い範囲に届けばよいのであれば、コンパクトタイプで十分です。

持続時間の目安は、種類によって異なります。超音波式は、タンクの容量やミストの噴出量にもよりますが、3~6時間くらいは持続します。タイマー付きの製品も多く、就寝前など、短時間だけ使用したいときにも便利です。

ネブライザー式気化式は、オイル20滴1時間ほど使えます。リード式はオイル100ml約1カ月持続するのが一般的です。リードの本数を減らせば香りは弱まりますが、持続期間は長くなります。

注目デザインやライト機能でおしゃれに

アロマディフューザーの楽しみ方は、香りだけではありません。木目調や動物型の物、ドロップ型などおしゃれなデザインの物がたくさんあるので、部屋のインテリアに合わせて選べます。

寝室で使うなら、ライト付きがおすすめです。時間によってライトの色が変わる物もあり、視覚的にもリラックスできます。また、音楽が内蔵されたものや、音楽プレーヤーと接続できる物なら、香りと音楽を同時に楽しむことも可能です。

タイマー空焚き防止機能など、快適性や安全性を重視して選ぶのもポイントです。

おすすめの香りは?

アロマディフューザーを購入したら、アロマオイルにもこだわりたいですね。いくつか用意して、体調や気分に合わせて使い分けてみましょう。

リラックスが目的なら、「ラベンダー」「サンダルウッド」などがおすすめです。花粉症や風邪で鼻の調子が悪いときは「ペパーミント」や「ティートゥリー」、デスク回りなど集中力をアップさせたい場所には「ローズマリー」や「レモン」が適しています。

また、「レモングラス」や「グレープフルーツ」などのシトラス系の香りは、気分転換に役立ちます。ただしアロマオイルには、妊娠中・授乳中、乳幼児には使えない物もあります。必ず、商品の注意事項をよく読んでから使いましょう。

こだわりのアロマディフューザー

続いておすすめのアロマディフューザーを、具体的に見ていきましょう。まずはリビング寝室主役にしたい、こだわりの商品を3点紹介します。

ぬくもりのあるデザイン グローバル プロダクト プランニング「アロマランプディフューザー ナチュラルブラウン」

グローバル プロダクト プランニングの「アロマランプディフューザー」は、LEDライト内蔵ルームランプとしても使える超音波式ディフューザーです。シンプルながら、ぬくもりを感じさせる木目調のデザインが、インテリアに自然に溶け込みます。LEDライトは明るさを2段階で調節できる他、明滅機能もあります。水がなくなると自動的に電源が切れるので、寝る前にタイマーをセットし忘れても安心です。

商品名:グローバル プロダクト プランニング アロマランプディフューザー ナチュラルブラウン

間接照明としても活躍 無印良品「超音波うるおいアロマディフューザー」

10畳以上の広めの部屋で使いたい人には、たっぷりのミストで素早く香りを拡散する、無印良品の「超音波うるおいアロマディフューザー」がおすすめです。ライトをつければ、間接照明としても活躍します。コロンとした本体が柔らかく光り、香りとの相乗効果で、より深くリラックスできそうです。最長3時間連続運転が可能で、タイマーは30・60・120・180分の4段階で設定できます。

商品名:無印良品 超音波うるおいアロマディフューザー

便利なタイマー機能付き 生活の木「エッセンシャルオイルディフューザー ラウンド」

生活の木の「エッセンシャルオイルディフューザー ラウンド」は、空気の振動で香りを拡散するネブライザー式ディフューザーです。適応面積が6~20畳と広く、大きなリビングや吹き抜けのある部屋でも十分香りが届きます。

おしゃれなガラス瓶にアロマオイルを数滴垂らすだけと、使い方が簡単なのもうれしいポイントです。また、10分の運転と30分の休止を3回繰り返した後、自動的に停止するタイマー機能が付いており、寝る前や外出前にも安心して使えます。

商品名:生活の木 エッセンシャルオイルディフューザー ラウンド

コスパ良好の安いアロマディフューザー

最後に、気軽に使えるコスパのよいアロマディフューザーを3点紹介します。

スタイリッシュなシルエット メルシーユー「リードディフューザー」

メルシーユーの「リードディフューザー」は、430mlと大容量のリード式ディフューザーです。シンプルな円柱形ボトルと、ナチュラルカラーのラタン製のリードが、スタイリッシュな空間を演出します。

専用オイルは「ブラックアンバー」「クリアエアー」「シーアイランドコットン」の3種類があり、いずれも優しく穏やかに香るので、家族や来客が多い方でも安心して使えます。一度買えば半年ほど持つ、コスパのよさも魅力です。

商品名:メルシーユー リードディフューザー
価格:2200円(税抜)

ミニサイズのアロマライト 生活の木「10ミニッツアロマライト」

生活の木の「10ミニッツアロマライト」は、オフィスのデスク車の中ホテルなどで使用したいときに便利な、電池式のミニディフューザーです。専用パッドにオイルを浸み込ませ、ファンを回すことで香りを拡散します。

「10ミニッツ」という名前の通り、10分経つと自動的に電源がオフになるので、電池を使い過ぎる心配がありません。また、別売のパッドを数枚用意しておけば、1台でいろいろな香りを楽しめるのもポイントです。本体側面のLEDライトは、ブルー・ピンク・イエローの3色から選べます。

商品名:生活の木 10ミニッツアロマライト
価格:1800円(税抜)

樹脂製の高級スティックを使用 ネイチャーラボ「ランドリン ルームディフューザー No.7」

ネイチャーラボの「ランドリン ルームディフューザー No.7」は、1000円を切る低価格ながら、香水瓶のような高級感のあるデザインが目を引きます。

リードには竹などの植物ではなく、吸い上げ効率の高い樹脂を使用しています。リードの数で香りの強弱を調整できる他、香りが弱くなったらリードの上下を逆にすることで、復活させることが可能です。

商品名:ネイチャーラボ ランドリン ルームディフューザー No.7
価格:830円(税抜)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事