好みじゃないプレゼントをくれる姑に「もういらないです!」って伝えていいもの?【人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEワーママ

2020.01.04

好みじゃないプレゼントをくれる姑に「もういらないです!」って伝えていいもの?【人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室】

気持ちはありがたいけれど、正直使えない…。そんなプレゼントばかりくれるお義母さんを傷つけず、自分も助かる方法とは?

Tags:

<お悩み>義母のプレゼントが好みじゃない

ネックレスやスカーフや、子どもの洋服などもいただくのですが、どれもこれも好みじゃない…。はっきり言ってもいい?
(36歳・既婚・3歳女児/美容)

<お答え>黙ってもらって、だんだん自分の好みに寄せていく

これは言っちゃダメ、「言ってもいい?」って聞いているけど絶対ダメ(笑)。言ったらあとに響くし、ショックですよ、お義母さんも。よかれと思ってあげているんでしょうし。

ただ、わかりますよ。ネックレスやスカーフ…まだいいもんだったらいいけど、〝これどこの?〟〝何の石じゃこのネックレスは〟っていうのありますよね(笑)。うちも私の母親がずっと子どもの服を送ってきていました。衝撃的だったのが、でっかい犬のアップリケがついている真っ赤なフリース。しかも、犬が舌をべろーんと出していて、どこで買ったんやこれ(笑)、と思いましたけど…。実の母だから、「もうええで」って言うんですけど、「選ぶのが楽しいから」と言っていました。

もらっておくのがいちばんなんですよね。で、これも前回の食べ物と同じで、どれかマシなものをほめてそっちに寄せる、でしょうね。私も、送られてきた中に好みの服があったら、「こういうの好きやねん」「子どもも喜んでたわ」とほめて、犬の服は「あの服は子どもが好きじゃないみたいで、着てくれへんねん」と伝え続けたら、だんだん好みの服が送られてくるようになりました。
あとは、「子どものジーパンよかったです。ジーパンほしいです!」とか、だれが買っても間違いないものをほめるのもありです。

でも、自分のものは困りますね。「今は子どもも小さいから、あんまりおしゃれもしないし、もったいないから、子どもの洋服をお願いします」って言ってみるのがいいんじゃないでしょうか。

取材・文/赤木さと子(スタッフ・オン) 写真/田中麻以

〈あわせて読みたい〉
「月1で泊まりにくる義母。「来ないで!」とは言えないし、断る方法ない?」
「帰省のたびに大量のお土産をくれる姑。うれしさ半分、実は断りたい!どう伝える?」

画像ALT

放送作家

野々村友紀子

1974年生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)卒業後、芸人として活動しその後現職。バラエティ番組の企画構成などを手掛ける。夫はお笑いコンビ、2丁拳銃の川谷修士さん。中学生と小学生の女の子を育てるワーママでもある。テレビ出演も増加中で、夫の相方への的確なダメ出しが話題に。現在はコメンテーターとしても活躍中。著書に『あの頃の自分にガツンと言いたい』『強く生きていくために あなたに伝えたいこと』(産業編集センター)、『パパになった旦那よ、ママの本音を聞け!』(赤ちゃんとママ社)、『夫が知らない家事リスト』(双葉社)。近著に『夫婦喧嘩は買ったらダメ。勝ったらダメ。』(産業編集センター)オフィシャルブログ「野々村友紀子の目から血出るくらい読んでブログ

衣装協力:Loungedress

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事