育児に協力しない夫にイラっ【働く女性の質問箱】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE働く

2020.02.24

イクメンと正反対の夫!どうやって育児協力してもらう?【働く女性の質問箱】

子どもは嫌いじゃないけど、育児には無関心…。そんな夫にどう働きかけたらいい? 先輩ワーママの実践テクニックを聞きました。

Tags:

Q:夫が家事・育児への協力ゼロ。いい方法はある?

答える人/龍岡玲子(クラシックバレエ講師)

A:夫の仕事への理解を優先! それから育児・家事へジワジワ誘導

誰だって、我が子と遊ぶこと自体は楽しいし、癒しなはず。それができないほど、夫は疲れやストレスで余裕がなくなっているのでしょう。当然、妻の大変さにまで気が回るはずありません。

ここはナイチンゲール的発想で。夫の味方になって、まずは仕事への理解を示し、疲れを労ってあげてください。そうやって気持ちに余裕をつくってから家事や育児に誘導。遠回りのようで、実はそれが近道だと思います。

また、夫が手助けをしてくれたとき、外食に行ったときなど、自分の喜びの表現は素直に、大きめに。夫にすると「妻にはこういう息抜きが必要だったのか」と気づくことにもつながり、家事や育児への協力につながる可能性が大きいです。

写真/Shutterstock.com

クラシックバレエ講師

龍岡玲子(たつおかれいこ)

クラシックバレエ講師・バレリーナストレッチ考案パリ・オペラ座教授法、ワガノワメソッド教授法取得。アメリカにてモンテッソーリー教育で育ち、3歳からバレエを始める。家業のスワン容子バレエ教室で教えるほか、表参道に幼児から大人まで通えるスワンバレエ教室を主宰。バレエの美しさは最高のボディメイクとし、どなたにでも親しめ、美容効果の高い「呼吸法+バレリーナストレッチ」を考案し、レッスンを行う。資生堂トップビューティースペシャリストへの教育研修、THE GINZA全社員向け研修を担当する等、大手企業と提携。美容関係・医師・経営者など顧客層も多岐にわたる。2020年より本格的に復帰し、新しいバレエの可能性を追求している。
◇幼児バレエ:毎週火曜日18:20~ワーママでも通える時間です♪(小学生17:20~)
◇大人バレリーナストレッチ:第2&第4日曜日開催 詳細はお問い合わせください。
insta:@reikoballerina
HP:http://reikotatsuoka.com/

●ご相談ごとは、domani2@shogakukan.co.jp までメールでどうぞ! 件名に「働く女性の質問箱」と書いてお送りください。すべてのご相談にお答えできるとは限りません。あらかじめご了承ください。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事