元雪組トップスター早霧せいなさんが語る「結婚観」とは? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEエンタメ

2020.03.15

元雪組トップスター早霧せいなさんが語る「結婚観」とは?

元雪組トップスター・早霧せいなさんのスペシャルインタビュー。vol.3となる今回は、早霧せいなさんのプライベートに迫ります!気になるあの話題も…♡

Tags:

プライベートでも一筋縄ではいかない!? 早霧せいなさんがハマっていること、興味があることって?

早霧さんといえば、スポーティでチャキチャキしたイメージですよね。インスタを拝見するといろんなスポーツを体験されているので、もしかしてカラダ作りにもこだわりがあったりするのかも…?

ということで今回は、今ハマっていることや気になっていることをうかがいます!

関連記事
▶︎元雪組トップスター・早霧せいなさんが考える男役とは?|スペシャルインタビュー

いつも健やかであるために実践していることはありますか?

早霧さん(以下敬称略):普段から意識して運動はしています。スポーツ好きでいろいろ挑戦してみたりしたんですけど、その中で今でも続いているのは、ジャイロトニックとパーソナルのボディメイク。マシンは使わず、チューブやボールを使いしなやかなカラダ作りを目指しています。実はコツコツやるのが苦手で、運動することからずっと逃げてきたんですよ。でも、1対1で逃げ場を塞いで、そこに行ったら必ずやるという環境を作ることで今でも続けることができています。

インスタを拝見したら、ボルダリングにも挑戦されているのですね。

早霧:ボルダリングは体験コースに行ったのですが、ちょっと無理をしてしまい膝を…(笑)。しかも、腕も、歯磨きさえできないほどの筋肉痛に襲われまして。これは生活に支障がでるなと思い、ボルダリングのプロを目指すわけでもないし、仕事柄ムキムキになりすぎても違うなと。すぐに辞めました。見切りをつけるのは早いんです(笑)。

スポーツは「観る」のもお好きですか?

早霧:観るのも好きですが、どちらかというとその選手がその位置に来るまでの努力だったり葛藤だったり、努力の部分を観るとより感動が大きくなる。輝く姿に見え隠れするドラマに胸を打たれるんですよね。やっぱり、ドキュメンタリーに勝る感動はないですよ。

今ワクワクしていることやマイブームはありますか?

早霧:インスタパトロールです(笑)。私、インスタに載っているものをストレートには受け取らないんですよ、「んんんー?」と裏読みしちゃう。それが自分の首を締めていて、「これを載せたら、こんなふうに思われちゃうかもしれない」と思って投稿をしなかったことも。カッコいい写真は、つい恥ずかしくなってしまい載せるのをやめてしまったり。だから、カッコいい画像を載せるときは、「載せなさいって言われたんですぅ」「これは宣伝ですぅ」というようなポーズをとらないと、と思ってしまう。スマホが誤作動したときの画像など、自虐的なものを時々挟み込みながらやっています(笑)。でもね、本当はカッコいい景色や物も載せたいんですよ。でもそうなれない自分が悲しくて…今いろいろ学んでいるところです。

プライベートで叶えたい夢はありますか?

早霧:「結婚願望はありますか?」ってよく聞かれるんです。正直結婚願望はなかったんですよ。今もたぶんない。ただ、男と女がいて、結婚という結びつきがこの世に存在しているなら、それを体験しないのはもったいないなと思うんです。…そんな人は結婚できませんよね?だって、究極なんですよ。「ひとりは寂しい」「ひとりは楽」テッテレレッテテッテレレッテ…めっちゃ寂しい、めっちゃ楽、めっちゃ寂しい、めっちゃ楽の行ったり来たり。

でも結婚して幸せそうな人が身近にたくさんいるので、そういう人たちを見て、ちょっと自分でお尻を叩かないと興味を持たないなという戒めの気持ちもあり。人生が豊かになって、それが自分の仕事にも膨らみを持たせるだろうなという、プラスを感じるから。ひとりで頑張ることは早霧せいなとしてやってきたけど、結婚ばかりはひとりではできないんだよな、相手がいないとできないんだよなとね。ふふふ、頑張りまーす(笑)。

 


ちょっと踏み込んだ質問も、身構えることなく受け止めてくださった早霧さんに感謝です。そしてインスタの話も面白すぎて!裏読みしながらパトロールをしてみたいと思いました。次回はバッグの中身を公開いただきます。お楽しみに!

撮影/大靏 円(昭和基地) スタイリスト/小川未久 ヘア&メイク/元木美紗 文/淡路裕子

あわせて読みたい
▶︎「実は最近ネガティブなことがあって…」【元雪組トップスター・早霧せいなさん スペシャルインタビュー】
▶︎元雪組トップスター・早霧せいなさんが考える男役とは?|スペシャルインタビュー

女優

早霧せいな

さぎりせいな・9月18日生まれ、長崎県出身。2001年に87期として宝塚歌劇団に入団、宙組大劇場公演『ベルサイユのばら2001』で初舞台を踏み、その後宙組に配属。2006年『NEVER SAY GOODBYE』で新人公演初主演。2008年バウホール公演『殉情』で初のW主演をし、2009年に雪組へ組替え。2011年バウホール&日本青年館公演『ニジンスキー〜奇跡の舞神〜』で初主演。2014年雪組トップスターに就任、大劇場公演『ルパン三世ー王妃の首飾りを追え!ー/ファンシー・ガイ!』でお披露目。2017年大劇場公演『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』で退団。トップスター中の5作品すべての客席稼働率が100%超えという結果を残した。退団後は舞台やドラマへの出演のほか、書籍『夢のつかみ方、挑戦し続ける力』(河出書房新社)を上梓。今月に舞台『脳内ポイズンベリー』(3月20日〜)の公演も控えているほか、5月にはWOWOWドラマ『異空間居酒屋「のぶ」』、9月には舞台『ゲルニカ』への出演が決まっている。
▶︎公式ホームページ
▶︎公式インスタグラム

コート¥86,000/VACHEMENT、ボトムス¥42,000/CLEANA、ピアス・片耳で¥84,000・イヤーカフ¥63,000・ネックレス¥149,000・リング¥39,000/RIEFE JEWELLERY(全て、BRAND NEWS)

【問い合わせ先】
BRAND NEWS ☎︎03-3797-3673

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事