英語で「ファイト!」って声をかけたら喧嘩がはじまる⁉︎【デキる女の♡ひと言英会話】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.08.27

英語で「ファイト!」って声をかけたら喧嘩がはじまる⁉︎【デキる女の♡ひと言英会話】

【デキる女の♡ひと言英会話】日本語でよく言っている「ファイト」。英語で使うと全然違う意味になっちゃうって知ってた?

Text:
Keisui Suzuki
Tags:

日本語の「ファイト」 VS  英語の「Fight」

Hi, everyone!
みんな元気かしら?

今日は、普段何気に口にしている「頑張って」を英語で言うなら⁉︎ をマスターするわよ。

日本語でよく言う「ファイト」は…

会話の中でよく「頑張って」って使ってるけど、英語にすると、シチュエーションによって表現が違うから、気をつけて欲しいの。

そして、日本語でつい言ってしまう「ファイト」をそのままで英語で「fight」と言ってしまうと、【喧嘩しろ】という意味になるから気をつけるのよ。


(C)Shutterstock.com

「頑張って」はシチュエーションで変化する!

A: I have a job interview this afternoon.
午後から仕事の面接なの。
B: Good luck!
頑張って!

このように、何か良い結果が出ますように、という意味合いでの頑張ってはGood luck がぴったりね。

A: I don’t think I will pass the exam.
今日の試験に受かる気がしない。
B: Don’t worry! Just do your best.
大丈夫!ベストを尽くして(頑張って)。

何か弱気になっている人には、ベストを尽くして!というニュアンスの頑張ってがぴったりね。

A: I’m hitting gym now.
今からジム行ってくる!
B: Enjoy!
楽しんで(頑張って)。

前向きな活動を応援する際には、エンジョイ!とさらに前向きな声をかけてあげるのが良いわ。

その他、「頑張って」の意味合いで使える言葉として…

You can do it / You can make it. (あなたならできるよ)
Work hard.(仕事頑張って)
Keep it up. (その調子で頑張って)

など、シチュエーションで使い分けるのがいいわよ。普段何気に使っている日本語でも、パッと英語に変換されない言葉って多いのよね。

他にも紹介していく予定だから、stay tuned よ!

Keisui Suzuki

全世界で有名なフード店のPRを手がけ、現在はWEB Domaniで「イケ★ゲイ」 兼 おでん屋ライターとして活躍
Keisui Suzukiのインスタはコチラ!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事