hitomiさん流・子どもとの向き合い方は"気持ちが整理できるように聞き役に回る"【Domani「女の時間割。」スピンオフトーク】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

WOMEN女の時間割

2021.01.03

hitomiさん流・子どもとの向き合い方は“気持ちが整理できるように聞き役に回る”【Domani「女の時間割。」スピンオフトーク】

Domani2021年2/3月号「女の時間割。」に歌手のhitomiさんが登場。Webでは本誌で伝えきれなかったスピンオフトークをお届けしています。子どもがパパに怒られているとき、どんなふうに接しているのか。hitomiさんの答えは?

Tags:

パパとママは“なるべく同時に怒らない”

「うちは男の子が多いから、家の中で先導を切るのはパパのほうがいいなと思っています。男同士だからこそ、強く厳しく叱らなければいけないときもあると思うんです。だから“あ。息子たちがパパに怒られてるな”と思っても、まずは少し遠くから見ています。私はパパと一緒に怒らないで、客観的な第三者側にまわるようにしているんです。

少したって、子どものほうから私のところにやって来たら、状況は知っていても『どうしたの? なにかしたの?』と聞いてあげる。子どもはすぐには気持ちを言葉にできないのですが、『…パパに怒られたんだ』と話し出したら、気持ちが整理できるように「聞く」ことに努めます。人って、怒られると“怒られたこと”に支配されちゃうじゃないですか。なぜ怒られたのか、何が良くなかったのかを整理できないまま、怒られた悲しみに支配されてしまうと、子どもだって腑に落ちないと思うんですよね。

まずは言い分を聞いて、それから、怒られて悲しかったかもしれないけれど、自分がやったことに対してはどう思うのか。なぜ怒られたのかの理由を、丁寧に聞いて整理をしてあげることが大切だと考えているんです。

逆に私が怒ってるときは、夫が子どもに『どうした? こういうふうにしたからママが怒るんじゃない?』と、整理してくれているようです。夫と直接話し合ったことはないのですが、パパとママは“なるべく同時に怒らない”ことは、たぶんふたりで自然に気をつけていることですね」(hitomiさん)

あわせて読みたい
▶︎【オフショットあり】第4子出産後4か月めに歌手・hitomiさんがDomani「女の時間割。」連載に初登場!

歌手

hitomiさん

1976年生まれ・44歳。18歳でCDデビュー。「CANDY GIRL」や「LOVE 2000」「SAMURAI DRIVE」「LOVE2020」など数々のヒット曲をもつ。2019年11月にデビュー25周年を迎え、現在タレントとして情報番組やバラエティ番組などにも出演中。38歳で現在のご主人と再々婚。44歳で三男を出産。12歳の長女、6歳の長男、4歳の次男と、4児の母として日々奮闘中。
インスタグラム:https://www.instagram.com/hitomi_official/ 
ブログ : ameblo.jp/ninpu-hitomi

写真・取材・文

谷畑まゆみ

フリーエディター・ライター・キャリアコンサルタント
働く女性のインタビュー企画がライフワーク。カウンセラーやキャリアコンサルタントのスキルを活かして、YeLLのクラウドサポーターとしても活動中。先日はDomaniオンラインサロンで「「女の時間割。」の取材デモンストレーション&コツをレクチャー」するコンテンツを展開。サロンメンバーがレポートした当日の様子は「Domaniオンラインサロン公式note」にて公開中。https://note.com/domanisalon/n/n4e3258ade37e

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事