「五四三」がわかれば真の台湾通! 中国語で「五四三」って一体どういう意味!?【元CAの中国語ってムズカシイ】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.03.09

「五四三」がわかれば真の台湾通! 中国語で「五四三」って一体どういう意味!?【元CAの中国語ってムズカシイ】

同じ漢字でも日本語と中国語では意味が異なる言葉も多く存在します。台湾の航空会社でCAとして乗務していた経験のある有田千幸が、中国語を勉強する中で印象に残った言葉をご紹介します。 連載第22回目は「五四三」編。

Text:
有田 千幸
Tags:

中国語は「三」使ったスラングが多い!?

台湾には数字の組み合わせでも、数字とはまったく関係のない意味をもつ単語があるということを、前回ご紹介しました。詳しくは → 中国語で「三八」ってどういう意味!?

ちなみに本日は3月9日なので「39」にまつわる余談をひとつ。日本語では数字の「39」を「ありがとう、サンキュー」とかけることがありますが、中国語ではこれを「3Q」と書きます。「3」の発音は日本語と同じ、「Q」は英語の発音からきています。

そして個人的感想なのですが、台湾の中国語には「三」を使ったスラングが多いように感じます。

中国語で「五四三」は、「意味のないこと」という意味

台湾での生活も1年を過ぎると、日常会話でもさまざまな応用単語が聞こえてくるようになっていました。そして耳につく言葉ってやっぱり少し変わったものが多く、新しい言葉を知るたびに中国語の魅力にますます引き込まれていきました。

その中でも特に奇想天外だったのが、「五四三 (Wǔ sì sān)」という言葉。

実はこれ、「意味のないこと、内容のない話」という意味で、よく「一堆 (Yī duī)」という言葉と合わせ「一堆五四三」というひとつの単語として使われます。「一堆 (Yī duī)」は「大量の、積み重ね、ひと山」という意味なので、要するに「一堆五四三」は「全部内容のない話!」というダメ出しセンテンス。「まじあの人なにいってんのか訳わかんないのよね〜」といいたくなるようなシチュエーションで使われます。

(c) shutterstock.com

中国語メモ:五四三 (Wǔ sì sān)=意味のないこと、内容のない話

これは台湾特有のいいまわしなので、中国語を母国語とする国の人でも理解できない人も多いかもしれません。

なので「一堆五四三〜」とつっこめるようになれば、もう立派な台湾通ということです!

【続】

▼ あわせて読みたい記事
台湾人教官曰く、日本人は「清楚」かどうかわからない?中国語で「清楚」はどういう意味!?
ナーティエ、カブジーヌォ、サンミンズー…。中国語しか通じないカフェに入ってしまった… メニューの内容、あなたはいくつわかる?
本日3月8日にぜひ知っておきたい! 中国語で「三八」ってどういう意味!?【元CAの中国語ってムズカシイ】

画像ALT

美容ライター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て美容ライターに。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガル。環境を意識したシンプルな暮らしを心がけている。プライベートでは一児の母。ワインエキスパート。薬膳コーディネーター。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事