「ふてぶてしい」はどういうときに使う?類語やふてぶてしい人の特徴を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.04.26

「ふてぶてしい」はどういうときに使う?類語やふてぶてしい人の特徴を解説

あの人は「ふてぶてしい」という言葉を使うとき、ネガティブな意味で使う人が多いでしょう。では、「ふてぶてしい」は具体的にどのような意味なのでしょうか?意味をきちんと理解した上で、言葉を正しく使えるようになるために、言葉の意味や類語、このような人の特徴についてご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「ふてぶてしい」の意味や漢字表記は?
 ・「ふてぶてしい」の類語
 ・「ふてぶてしい」の英語表現
 ・「ふてぶてしい」人の特徴
 ・「ふてぶてしい」人の長所
 ・「ふてぶてしい」人への接し方
 ・まずは「ふてぶてしい」人の特徴を理解しよう

「ふてぶてしい」の意味や漢字表記は?

 「ふてぶてしい」という言葉にはネガティブなイメージがありますが、本来はどのような意味なのかみてみましょう。また、漢字表記もあわせてご紹介します。  

ふてぶてしい  人 特徴

(C)Shutterstock.com

■「ふてぶてしい」の意味と漢字表記「太々しい」

「ふてぶてしい」とは「平然と図太く構えている」「開き直って図々しい」とネガティブなニュアンスを含む言葉です。一方で、「堂々としている」「大胆不敵な様子である」とポジティブな意味も含みます。

ちなみに「ふてぶてしい」を漢字で書くと、「太々しい」です。漢字だけみると、「ふとぶとしい」と読みたくなりますが、「ふてぶてしい」が正しいので、間違えないように気を付けましょう。「太々しい」には「太い」という漢字が使われていることからも、「たくましくしっかりしている様子」を表していることがわかります。  

■「ふてぶてしい」顔つきの意味は不機嫌?

「ふてぶてしい」顔つきは一見不機嫌を意味しているかのようですが、実はそうではありません。何かに不満を抱いているのではなく、態度を大きくして構えているという意味です。決して不機嫌なわけではありませんが、周りの人にネガティブなイメージを持たれやすいでしょう。

ただし、猫の場合の「ふてぶてしい」顔つきはその様子がかえって可愛らしく見えるので、「ふてぶてしい」顔つきがネガティブなイメージを持たれることはほとんどありません。

「ふてぶてしい」の類語

「ふてぶてしい」という言葉には、いくつかの類語があります。同じ言葉ばかり使うのではなく様々な言葉に言い換えることで、言葉が洗練されるはずですので、それぞれを覚えて表現のバリエーションを増やしましょう。

類語1.「あつかましい」

「あつかましい」は「人の迷惑を考えない」「図々しい行動を恥じ入る気持ちがない」という意味で使われます。ちなみに、「あつかましい」の由来は、面の皮が厚いという「あつかわしい」から「厚かましい」に変わってきたともいわれています。この言葉は悪い意味でしか使われないと思ってよいでしょう。

類語2.「図々しい」

「図々しい」は、「厚かましい態度で人に迷惑をかけることを気にしない、相手の都合や気持ちを考えずに身勝手にふるまう」様子を表現した言葉です。「図」(計画、はかりごと)を重ねて形容詞にしたもので、例えば「人気店の行列に、図々しく割り込む」といったように使われます。

ちなみに、この言葉も「あつかましい」と同じくネガティブな意味でしか使われません。  

類語3.「図太い」

「図太い」は、神経が太いことに由来して「太い」という漢字が使われています。「少しのことでは動じない、肝が太い、精神的に強い」というポジティブなイメージもありますが、その一方で「横着」というイメージもあります。「図太い」という言葉を聞いたときは、そのときの状況でどのような意味で使われたのか判断しましょう。  

類語4.「大胆不敵」

「大胆不敵」は「度胸がすわっていて恐れない様子」を表します。この言葉は、度胸があることを表わす「大胆」、敵を敵とも思わない怖いもの知らずの「不敵」が合わさったものと覚えましょう。これまで挙げた中では唯一ネガティブな意味がない類語です。

ただし「大胆不敵」は行動の結果、成功したときのみに使う言葉です。仮に成功しなかった場合は不適切な表現といえます。

「ふてぶてしい」の英語表現

「ふてぶてしい」という言葉を英語で直訳するのは難しいですが、「impudent」(厚かましい)、「saucy」(図々しい、図太い)」などが適切でしょう。「She had a terrible attitude.」というように、「態度が悪かった」という英語でも「ふてぶてしい」というニュアンスが伝わります。「have the nerve to~」「have some nerve~ing」という英語表現だと、「~するなんてふてぶてしい」という意味になります。

ふてぶてしい  人 特徴

(C)Shutterstock.com

また、「annoying」という言葉は複数のニュアンスがあるので、覚えておくといろいろな場面で重宝するでしょう。例えば、「うるさい」「迷惑」「憎たらしい」「イライラする」という意味、そして「ふてぶてしい」という意味でも使えます。

「ふてぶてしい」という言葉に限らず、自分の気持ちを英語で表現できるようになると、言葉のバリエーションも増えるのでぜひ覚えておきましょう。

「ふてぶてしい」人の特徴

では、「ふてぶてしい」人にはどんな特徴があるのでしょうか?どんな特徴があるかを知っておくことで、「ふてぶてしい」人に接しやすくなるでしょう。ここでは、三つの特徴をご紹介します。    

■物怖じしない

一つめは「物怖じしない」ということです。「ふてぶてしい」人は、目上の人や初対面の人に対しても、物怖じすることなく堂々としています。もしも嫌なことがあったとして、はっきりと断ることもたやすいでしょう。

物怖じしない人の場合、「周りの人がやっているから自分も合わせなきゃ」という気持ちはほぼ持ち合わせません。いつでも自分の気持ちを最優先するので、自己中心的な行動をする人と思われることが多いでしょう。  

■正義感が強い

二つめは、「正義感が強い」ということです。「ふてぶてしい」人は正義感が人一倍で、困っている人を見たらすぐに手助けする傾向があります。たとえ街中で相手が知らない人であっても、見て見ぬふりをすることはありません。

また、間違ったことをしている人を見つけたら見過ごさないでしょう。「ふてぶてしい」人が敵になると厄介ですが、味方になってくれるととても心強い存在になりうるのです。  

■負けず嫌い

三つめは、「負けず嫌い」ということです。「ふてぶてしい」人は、あきらめることがありません。どんな困難が立ちはだかったとしても、突き進んでいくでしょう。議論をするときに、一歩も引くことがない特徴も持っています。人の意見を聞き入れることが難しいので、強情だと思われやすいかもしれません。

また、自分の感情を受け入れてほしい、わかってほしいという気持ちが人一倍強いのも特徴です。自分のことを受け入れてほしい一方で、他人を受け入れるのは難しい傾向があります。自分が間違っていると非難されても、非を認めること・謝ることは苦手のようです。「ふてぶてしい」人を相手に討論や喧嘩をすると、自分が勝ったと思うまで話が終わることはないでしょう。

「ふてぶてしい」人の長所

自己主張が強い「ふてぶてしい」人に振り回されて、イライラすることもあるかもしれません。つい「ふてぶてしい」人の短所に目がいってしまいますが、長所に目を向けると、頼りになる人であることがわかります。ここでは、三つの長所をご紹介します。

ふてぶてしい  人 特徴

(C)Shutterstock.com

■責任感がある

一つめは、「責任感がある」という点です。「ふてぶてしい」人は、仕事にせよ何でも途中で投げ出すということはありません。たとえどんなに大変なことであっても人任せにせず、最後までやり遂げます。職場では、安心して仕事を任せられる人といえるのではないでしょうか。

■周りのことは気にしない

二つめは、「周りのことは気にしない」という点です。自分がやりたいことがあったら、周りのことは気にせずに突き進むことができます。

「あの人にこう思われたらどうしよう」と悩むことがなく、「私は私」と思える強さがあるのが、「ふてぶてしい人」の長所といえるでしょう。人の顔色をうかがうことなく、いつでも堂々としている姿を羨む人は少なくないはずです。

■自分の意見が言える

三つめは、「自分の意見が言える」という点です。大勢の前だと、なかなか自分の意見が言えないという方も多いのではないでしょうか。ましてや、反対意見だとなおさら言えなくなるはず。

その点「ふてぶてしい」人は、ディスカッションの場でも臆することなく堂々と自分の意見を言えます。周りに意見を合わせることはせず、発言がぶれることもありません。もし嫌なことがあったら、はっきりと断ることができるのも長所の一つでしょう。

「ふてぶてしい」人への接し方3つ

「ふてぶてしい」人がどんな人かわかったところで、どう接したらいいかも理解しておきましょう。ふてぶてしい人にイライラしたり振り回されたりすることがあるかもしれませんが、接し方がわかれば上手に付き合えるようになります。接し方のポイントは三つあるので確認しましょう。

1.張り合わない

一つめは、「張り合わない」ということ。「ふてぶてしい」人はプライドが高い傾向があるので、言い返すなどして張り合おうとするとかえって面倒なことになり、疲れやストレスがたまる一方です。

また、「ふてぶてしい」人は自分が間違っていると思わない傾向があり、揉め事があってもなかなか引きません。時には嫌がらせをしてくることも考えられます。そんなとき、こちらが負けを認めたら不必要な言い合いを避けることにつながるでしょう。たとえ嫌なことを言われたりイライラしたりしても、感情的になって張り合わないことです。

2.関わりは最小限にする

二つめは、「関わりは最小限にする」ということ。「ふてぶてしい」人と無理をして付き合っていると振り回されることになり、その結果ストレスがたまってしまいます。適度に距離を取って、関わりを最小限にするよう努めましょう。

例えば自分の方からは話しかけない、関わりを持たないようにすることで、「ふてぶてしい」人の間に距離をつくることができます。直接関わらないようにすることで、「ふてぶてしい」人の言動が気にならなくなり、余計なストレスが軽減されるでしょう。

3.割り切って接する

三つめは、「割り切って接する」ということ。できるだけ関わらないようにしても、仕事でどうしても関わりを持つこともあるかもしれません。そんなときは、割り切って接するようにしてください。「ふてぶてしい」人を変えようとしたり、何とかならないかと思ったりすることで、ストレスがたまるのです。

ああいう人もいるんだな、こういう考えの人もいるんだな、と割り切って接するとよいでしょう。もし相手が何か言ってきても、それを正面から受け止めるのでなく、受け流すくらいがちょうどよいのです。

まずは「ふてぶてしい」人の特徴を理解しよう

ふてぶてしい  人 特徴

(C)Shutterstock.com

「ふてぶてしい」の正しい意味、そして「ふてぶてしい」人の特徴を把握した上で、状況や場面に合わせて適切に言葉を使うことが望ましいです。

自分の憶測で言葉を使うと、相手に失礼になったり誤解を与えてしまったりすることがあります。ポジティブな意味で使われることが少ないので、使うときは十分気を付けましょう。そして、「ふてぶてしい」人に対して苦手意識を持つだけではなく、ストレスなく上手に付き合うようにしたいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

口下手な人の特徴とは?口下手を改善するためにやりたいことを紹介
嫌いな人を気にしない方法は? 嫌いな人との上手な距離のとり方、付き合い方

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事