「取り急ぎご報告まで」を目上の人に使っていたら要注意! 注意点や言い換え・英語表現もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.04.06

「取り急ぎご報告まで」を目上の人に使っていたら要注意! 注意点や言い換え・英語表現もご紹介

普段、何かの報告時にメールなどでもよく使用する「取り急ぎご報告まで」というフレーズ。実は多用していると失礼に当たるかもしれないので気を付けましょう。今回は注意点から言い換え・英語表現までをご紹介します。

Tags:

【目次】
「取り急ぎご報告まで」の意味や注意点とは?
使い⽅を例⽂でチェック
⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「取り急ぎご報告まで」の意味や注意点とは?

取り急ぎご報告まで

(C)Shutterstock.com

・意味

「取り急ぎご報告まで」の「取り急ぎ」は、「とりあえず急いで」という意味を持ちます。「取り急ぎご報告まで」というのは、本来あるべき挨拶などを省略し、「とりあえず急いで重要事項のみ報告します」という意味で、ビジネスの場で頻繁に使われるフレーズです。

・ビジネス等で使う時の注意点

「取り急ぎご報告まで」は便利なフレーズですが、それだけに使い方には注意が必要です。

「取り急ぎご報告まで」は、急ぎの連絡の時に使うフレーズです。本来あるべき挨拶などを省略して用件を伝えることができるので便利なのですが、常にメールの締めくくりとして使うべきではありません。

癖のように「取り急ぎご報告まで」をメールで毎回使っている方は、本当に緊急なのがどうか相手が区別できないので、今後は急ぎの時だけ「取り急ぎご報告まで」を使うようにしましょう。

また、「取り急ぎご報告まで」は、「取り急ぎご報告させていただきます」という敬語を略したものです。いくら急いでいても、取引先や目上の方に「取り急ぎご報告まで」とするのは失礼にあたります。きちんと「取り急ぎご報告させていただきます」としましょう。

「取り急ぎご報告まで」は、後で連絡をするという前提で使われます。「取り急ぎご報告まで」を使った場合は、後で必ず詳細を連絡する必要があります。詳細の連絡をせずに常に「取り急ぎご報告まで」だけで済ませてしまう方は、相手から「雑な人」「面倒くさがりな人」という不名誉な評価をされているかもしれません。使い方には注意しましょう。

使い⽅を例⽂でチェック

「取り急ぎご報告まで」の使い方を例文でご紹介します。

取り急ぎご報告まで

(C)Shutterstock.com

1:「〇〇日にアポが取れました。取り急ぎご報告まで」

取引先などにアポが取れた際、直属の上司や先輩にその旨を伝えるための使い方です。上司や先輩と一緒に行く予定でアポを取った場合、彼らにその日程を空けておいてもらわないとなりませんので、まずは急いで用件のみを伝えるという意味で使われています。

2:「〇〇日〇〇時のフライトの予約をしました。取り急ぎご報告まで」

上司から、出張のためのフライトを予約しておくように頼まれていた場合の一例です。詳細は後からでいいので、まずは予約が取れたことを伝えたい場合に、このように使うことができます。

ここでは予約が取れたことを急ぎで伝えただけなので、必ず後から詳細(便名や航空会社など)を伝える必要があります。

また、秘書が担当役員のフライト予約をした場合などには、「〇〇日〇〇時のフライトの予約をしました。取り急ぎご報告させていただきます」と、丁寧に伝えるといいでしょう。

3:「明日のプレゼンの件、承知いたしました。取り急ぎご報告まで」

忙しい職場では、上司や先輩から、「明日プレゼンだから、準備しておいて! これから会議に入ります!」などと矢継ぎ早に言われること、メールで連絡が来ることも珍しくはありません。

この場合の「取り急ぎご報告まで」は、相手がこれから会議に入るので、詳細を聞いたり報告したりするのは後程、という配慮も含めた「取り急ぎご報告まで」と理解できます。

⾔い換え表現にはどのようなものがある?

「取り急ぎご報告まで」の言い換え表現にはどのようなものがあるか、チェックしておきましょう。

取り急ぎご報告まで

(C)Shutterstock.com

1:「取り急ぎご報告申し上げます」

先にも解説したように、「取り急ぎご報告まで」というフレーズを、目上の方に対して使いたい場合の丁寧な表現方法です。

2:「まずはご連絡のみにて失礼いたします」

「まずは」という言葉を冒頭に加えた表現です。「取り急ぎ」よりも丁寧な印象を与えます。

3:「以上、ご報告申し上げます」

「以上、ご報告申し上げます」もビジネスメールの締めくくりによく使われるフレーズです。

英語表現とは?

英語表現で「取り急ぎ」のニュアンスを伝えるには、どのような表現が適しているでしょうか。

1:「I just want to let you know I confirmed about the schedule for tomorrow.」
(明日の予定を確認したことを、取り急ぎお伝えします)

2:「This is just a quick note.」
(取り急ぎご連絡まで)

3:「I just wanted to tell you that I have received your email.」
(メールを受け取りましたことを、取り急ぎご報告いたします)

最後に

メールの締めくくりとして便利な「取り急ぎご報告まで」。便利だからといって毎回使っていませんか? 「取り急ぎご報告まで」は急ぎで用件のみを伝えたい場合のみに使用するようにしましょう。また、目上の方に使いたい場合は、「取り急ぎご報告させていただきます」と丁寧な表現を使うようにしましょう。

イラスト/香代乃 写真/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「承知しております」を使い分けていますか? 使い方から英語表現までご紹介
「申し伝える」の正しい用法は? 代表的な類語の使い分け、英語表現を解説!

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事