紙粘土で作る簡単な作品アイデア【6選】うまく作るためのコツも紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.09.20

紙粘土で作る簡単な作品アイデア【6選】うまく作るためのコツも紹介

お家時間を楽しく過ごすなら、親子で紙粘土工作に取り組んでみてはいかがでしょうか?何を作るか相談したり一緒に粘土をこねたりするだけでも、親子のコミュニケーションは深まります。親子で作れる紙粘土工作や、大人も楽しめる工作アイデアを紹介します。

Tags:

子どもから大人まで人気の紙粘土工作

紙粘土は「子どもの工作」というイメージがありますが、近年はアクセサリーやインテリア小物を作るハンドメイド素材としても人気です。自由度の高い紙粘土を使って、親子で工作を楽しみましょう。

紙粘土 人気 種類 選び方

(C)Shutterstock.com

紙粘土の基礎知識

紙粘土は、主原料である炭酸カルシウムやのりにパルプ材を混ぜ込んだ粘土です。成形してしばらくすると自然に固くなる性質があり、長く残したい作品作りに適しています。

また、こねやすく芯材などにもよくくっ付くこと、比較的ひび割れしにくいことなども紙粘土ならではの特徴です。粘土がしっかり乾いたあとは、削ったり色を付けたりといったアレンジを加えることもできます。

なお、紙粘土の種類は「軽量紙粘土」「重量紙粘土」に大別されます。同じ紙粘土でも、扱いやすさや仕上がり具合が異なる点には注意が必要です。

紙粘土の選び方

紙粘土を選ぶときは、作るものに合わせて「軽量紙粘土」「重量紙粘土」のどちらかを選びましょう。

まず軽量紙粘土は、やわらかい質感を持ち、子どもの力でも楽に成形できる粘土です。色を混ぜるなどのアレンジもしやすく、小さなアクセサリーや雑貨などを作るときにおすすめです。注意点としては、安定性が低く破損しやすいことが挙げられます。

一方、重量紙粘土は、重量があって成形に力を要する粘土です。芯材なしで使えるコシの強いものもあり、大きなオブジェやフィギュアなどを作るのに適しています。

重量紙粘土の注意点は、ひび割れしやすいことです。特に作品製作中の乾燥には注意が必要で、乾燥しないよう適宜水でぬらす必要があります。

親子で楽しめる紙粘土工作アイデア

成形や色づけが自由な紙粘土は、工作のバリエーションも豊富です。親子で一緒に紙粘土をこねて、手作りの楽しさを味わいましょう。

子どもにも簡単に作れる、紙粘土工作のアイデアを紹介します。

紙粘土.工作 アイデア

(C)Shutterstock.com

作ったあとも楽しい!「魚釣りのおもちゃ」

まずおすすめしたいのが、紙粘土で作る魚釣りのおもちゃです。赤や青のきれいな海の生き物を、親子で創造力を働かせながら作ります。たくさんできたら、魚釣りゲームをして遊びましょう。

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

【材料】

材料がそろったら、次の手順で作成していきましょう。まずは海の生き物の作り方です。

1. ピンポン玉一つ分くらいの紙粘土を取り出して軽くこねる

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

2. 好きな絵の具を紙粘土に混ぜてよくこねる

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

3. 好きな海の生き物に成形する

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

4. 海の生き物の上部にクリップを埋め込む(先端を5mm程度出す)

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

5. 顔を付けたり模様を描いたりする

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

紙粘土は長く置いておくと乾燥してしまいます。一つずつ着色・成形していくのがおすすめです。

海の生き物が完成したら、次は釣り竿を作ります。

1. 割った割り箸の真ん中辺りにセロハンテープでひもを付ける

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚
2. ひもを前に垂らした状態で後ろからストローをかぶせていく

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚
3. 割り箸が1cm程度出る位置でストローを止める(セロハンテープで固定してもOK)

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚
4. ひもの先端に磁石を付ける

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

ストローが長すぎる場合は、あらかじめカットしておきましょう。マグネットは、クリップタイプだと紐に付けやすいのでおすすめです。

紙粘土が完全に乾いたら、親子で魚釣りをして遊びましょう。

紙粘土 工作 親子 魚釣り 竿 魚

LEDライトを入れた「オリジナルランプ」

紙粘土と空き容器を使えば、優しい光のオリジナルランプも作ることができます。基本的には容器を紙粘土で覆うだけなので、細かい作業が難しい小さな子どもの工作におすすめです。

紙粘土 工作 親子 ランプ ライト

【材料】

紙粘土 工作 親子 ランプ ライト

材料がそろったら、次の手順で作っていきましょう。

1. デザートカップの口部分に合わせて厚紙を切る

紙粘土 工作 親子 ランプ ライト

2. 紙粘土をデザートカップ全体に薄く広げる

紙粘土 工作 親子 ランプ ライト

伸ばし棒を使って、ある程度広げてからデザートカップにのせてもOK。

紙粘土 工作 親子 ランプ ライト

3. 紙粘土に模様を描いたり好きな形に切り取ったりする

紙粘土 LED ランプ

4. カップをLEDライトにかぶせ、厚紙でふたをしたら完成

下にふたが付いているドーム型のデザートカップなら、厚紙を切る工程は不要です。紙粘土をそのままかぶせれば、ミニかまくらのようなかわいいランプが完成します。

もう少しアレンジしたい場合は、紙粘土に色絵の具を混ぜたり飾りを付けたりしてもすてきに仕上がります。ペットボトルを使うとまた違う趣のランプを作れるので、好きな材料で試してみましょう。さらに、ライトの色を変えると、温かみのある雰囲気やシャープな雰囲気などさまざまに演出することができます。

誤食に注意!本物そっくりの「お寿司」

子どもが大好きなお寿司も、紙粘土で楽しく再現が可能です。まず、軽くて扱いやすい軽量紙粘土でおいしそうなシャリを作ります。

紙粘土 工作 親子 お寿司 シャリ

【材料】

紙粘土 工作 親子 お寿司 シャリ

1. 紙粘土を俵型にまとめる

紙粘土 工作 親子 お寿司 シャリ

2. ストローを軽く押し当てる

紙粘土 工作 親子 お寿司 シャリ

ストローで凸凹を付けると、シャリの粒感が出せます。

ネタは紙粘土に色を混ぜて作ってもよいですし、身近にあるものを利用しても。例えばイクラのネタを作るなら、緩衝材のプチプチをオレンジに塗るとそれらしくなります。親子でアイデアを出し合って、好きなネタを再現してみましょう。

外出自粛中!お庭と家の中でパパ・ママ・子どもと楽しく過ごす方法 | Domani
自宅保育で子どもの遊び時間を充実させるおすすめおもちゃ3選  | Domani

初心者向けのおしゃれなインテリア小物

紙粘土があれば、おしゃれなインテリア小物を作るのも簡単です。かわいい工作は子どもに任せて、ママはシックでおしゃれな作品作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

初心者でも簡単に作れる、おしゃれなインテリア小物を紹介します。

紙粘土 小物 工作 初心者 インテリア

(C)Shutterstock.com

植木鉢を紙粘土でリメイク

部屋にある植木鉢も、紙粘土で手を加えればガラッと雰囲気が変わります。

基本的な作業工程は、紙粘土を植木鉢の上に伸ばしていくだけです。難しい作業はないので、紙粘土初心者でも気軽に取り組めます。

「どんなデザインにしようか迷う…」という人は、SNSなどを見ると好みのアレンジが見つかるでしょう。

例えば、次のようなアレンジがおすすめです。

・紙粘土を編み込んで植木鉢に巻き付ける
・紙粘土を貼り付けてナチュラルカラーのペンキを塗る
・割り箸・ペンなどで模様を付ける
・紙粘土の上に絵を描く
・ウッドビーズを付ける

ビーズをくっ付けたり色を付けたりと、アレンジのバリエーションは無限です。部屋のカラーやテイストを考慮して、世界に一つの植木鉢を作りましょう。

シンプルなトレーもおしゃれに変身

家にあるシンプルなトレーは、紙粘土と装飾パーツでおしゃれにアレンジしましょう。例えば、以下のパーツは100円ショップでも手に入るので、コスパもよく手軽です。

・タイル
・シーグラス

まずタイルのアレンジでは、タイルを接着剤などでトレーにくっつけ、目地を紙粘土で埋めていきます。タイルの並べ方や色の組み合わせで雰囲気が変わるので、好みやインテリアにマッチする組み合わせを見つけましょう。

一方、シーグラスとは、砂浜で見つかるガラスの破片です。独特の光沢と色合いがおしゃれで、ハンドメイド素材として人気が高まっています。トレーに敷き詰めれば、ナチュラルで涼しげなアレンジに。タイルと同様に、隙間を紙粘土で埋めていきましょう。

子どもの手形や足形を紙粘土で残そう

紙粘土を使えば、子どもの手形、足形を残すのも簡単です。子どもの成長は早く、1年後には今の姿は見られません。紙粘土で、子どもの今を記録しましょう。

手形・足形の作成は子どもの手足を紙粘土に押し付けるだけですが、事前に以下の準備をしておくのがおすすめです。

・紙粘土をよくこねてやわらかくしておく
・子どもの手足の汚れを拭いておく

紙粘土が固いと、跡がうまく付きません。しっかりこねてやわらかくしておくことが大切です。また、きれいな手形・足形が取れるよう、子どもの手足の汚れはきれいに取り除いておきましょう。

取った手形・足形はオーナメントにしたり額縁に入れたりしておけば、長くきれいに保存できます。

上手に作るコツをチェック

紙粘土をこねたり成形したりするのは楽しいですが、途中でひび割れてしまったり着色がうまくいかなかったりすることもあります。紙粘土工作の完成度を高めるには、コツを押さえておくことが大切です。

紙粘土 コツ

(C)Shutterstock.com

ひび割れを防ぐ方法は?

紙粘土のひび割れを防ぐには、工作を始める前によくこねることが大切です。紙粘土を畳みながら押し、やわらかくなるまでよくこねます。紙粘土を指で押してみて、ひび割れしないやわらかさが理想です。

また紙粘土は、厚みが増すほどひび割れしやすくなります。芯材に紙粘土をくっ付けるときは、厚みが均一になるように木べらや手などでたたくのがおすすめです。

工作が終わったら筋がないかをチェックし、もしあれば水をつけてこすりましょう。乾かす前に筋が入っていない状態なら、乾燥後にひび割れする可能性はグッと低くなります。

着色で気を付けることは?

紙粘土に色を付けるときは、一つの色が乾いてから次の色を塗ります。一気に全部塗ろうとすると、色が混ざって失敗しやすくなります。紙粘土の着色は時間を掛け、丁寧に色をのせていくのがおすすめです。

また着色は薄い色→濃い色の順に塗っていくのが鉄則です。薄い色がはみ出しても、濃い色を塗ればカバーできます。逆は難しいので、「どの色から塗っていくか」をきちんと決めておくのがベターです。

なお紙粘土に着色するときは、水彩絵の具よりもアクリル絵の具がおすすめです。紙粘土の強度が上がり、耐久性が高まります。

ただし、まだ絵筆を上手に扱えない子どもなら、紙粘土そのものに着色して色粘土を作った方が簡単です。

きれいに仕上がるニスの塗り方は?

紙粘土にニスを塗るときのポイントは、1回でたくさん塗るのではなく、2回、3回と薄く塗り重ねることです。ニスを重ねる回数が多いほど光沢感が増し、きれいな仕上がりとなります。

また、ニスが乾かないうちに触ってしまうと、指紋が残ったりゴミが付いたりしてきれいに仕上がりません。ニスを塗るときは「表・裏」「上部・下部」などと塗るパーツを分けましょう。手で触れられる部分を確保し、乾燥させながら塗っていくのがおすすめです。

なお、ニスは扱いが難しいため、小学校低学年以下の子どもが触れるのは好ましくありません。子どもが小さいうちは、パパやママが仕上げをしてあげましょう。

紙粘土は手作りもできる

紙粘土は、身近な材料で手作りできます。子どもが紙粘土の仕組みに興味を持ったときや市販の紙粘土が入手できないときなどは、親子で紙粘土作りにチャレンジするのもおすすめです。

紙粘土を手作りするときに必要なものや手順を紹介します。

紙粘土 手作り 方法

(C)Shutterstock.com

用意するもの

紙粘土を作る方法はさまざまありますが、ここでは新聞紙を使った方法を紹介します。まずは、以下のものを用意しましょう。

・新聞紙
・でんぷんのり
・バケツまたは洗面器
・はさみ・千枚通し
・ビニール袋
・ゴミ袋

小さな子どもと作るときは、はさみや千枚通しは大人が管理しましょう。また大量のでんぷんのりを使うため、子どもの顔や体に付かないよう注意することも必要です。

なお、でんぷんのりはごく一般的な工作用ののりのほか、洗濯のりも使えます。作りたい量に合わせて、多めに用意しておきましょう。

この方法で作った紙粘土は、新聞紙の色がそのまま出ます。一般的な紙粘土のように真っ白ではなく、完成品はグレーカラーです。

紙粘土の作り方

材料が全てそろったら、次の流れで紙粘土を作ります。

1. ゴミ袋の下半分に千枚通しなどで小さな穴をたくさん空ける
2. 新聞紙をできるだけ細かく切る
3. 水を入れた容器に新聞紙の入ったゴミ袋を浸ける
4. 新聞紙がやわらかくなるまで30分から1時間浸しておく
5. 容器から取り出して、ゴミ袋の水分を絞り出す
6. 新聞紙をビニール袋に移し、でんぷんのりを入れる
7. よく混ぜたら完成

紙粘土を作るときのポイントは、水をしっかりと絞ることです。水分が多く残っていると、作品を作ったときに乾きません。「やり過ぎかな?」と思うくらい、しっかりと絞りましょう。

また、でんぷんのりは一気に入れず、固さを見ながら少しずつ入れます。新聞紙に粘りが出て、手にくっ付くくらいがちょうどよい固さです。

紙粘土が完成したら、普通の紙粘土のように成形して乾かしましょう。

細かくフワフワな紙粘土を作りたい場合は、トイレットペーパーを使うのがおすすめです。こねるときに力がいりますが、仕上がりは一般的な紙粘土に近くなります。

紙粘土以外の粘土にも注目

ハンドメイドを楽しむ人が増えている昨今、紙粘土以外にもさまざまな特徴を持った粘土が登場しています。いずれも100円ショップで購入できるので、親子工作のバリエーションを増やしたい人は、ぜひチェックしてみましょう。

粘土 紙粘土以外 ハンドメイド.樹脂粘土 石粉粘土

(C)Shutterstock.com

光沢感が魅力の「樹脂粘土」

樹脂粘土は、樹脂を主原料とした粘土です。乾燥すると固まるのは紙粘土と同様ですが、こちらは光沢感や透明感があります。樹脂粘土で作ったフェイクスイーツやフルーツは食品サンプルのようにリアルだと好評です。

ただし、樹脂粘土の種類はさまざまあり、どれを選ぶかで強度・質感・透明感が異なります。

スイーツデコやフルーツ・野菜などを作ったりするときは、乾燥すると透明感が増すタイプがおすすめです。

一方、やわらかい雰囲気の作品を作りたいときは、軽量樹脂粘土がおすすめです。紙粘土のようなやわらかさで扱いやすく、硬化後は削って加工できます。

このほか半透明の樹脂粘土や耐水性の高い樹脂粘土などもあり、バリエーションは豊富です。

乾くと彫刻刀で削れる「石粉粘土」

石粉粘土とは、砕いた石を主原料とした粘土です。質感はやわらかめですが、しっかり乾燥させると石のように固くなります。やすりを当てたり彫刻刀で削ったりと、さまざまな加工を楽しめます。

また、乾燥後に陶器のような質感になるのも、石粉粘土の特徴です。樹脂粘土よりは紙粘土に近い仕上がりですが、強度では紙粘土に勝ります。アクリル絵の具や油性ペンなどで着色でき、アレンジの幅も広い粘土です。

ただし、石粉粘土は乾燥に弱く、空気に触れるとすぐに固くなってしまいます。使い切れなかった場合は袋ごとラップで巻き、ジッパー付きのケースに入れるのがおすすめです。

 

こちらの記事もたくさん読まれています

材料全部100円ショップ!親子で楽しいゼリーキャンドル作り
「自分が無趣味だと思いますか?」と尋ねてみたら…【100人アンケート】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事