イライラするとすぐに「物に当たる我が子」このままで大丈夫でしょうか?【お悩み相談】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.07.18

イライラするとすぐに「物に当たる我が子」このままで大丈夫でしょうか?【お悩み相談】

イラッとすると物に当たる子ども。感情をもう少し抑えてほしいなと思いつつも、実は大人もやりがちなこの行動。どうして物に当たってしまうのか、専門家に原因と対処法を伺いました。

Tags:

物に当たるほど怒るには訳がある

子どもだってイライラしたり、ストレスを溜めたりするのはわかります。泣く子もいれば、叫ぶ子も、中には逆にダンマリを決める子もいるかもしれません。中でも多いのは、物に当たる子ではないでしょうか。

鉛筆を噛んだり、定規を折ってみたり、ドアを力一杯閉める…いろんなパターンがあるかもしれませんが、親としてはこれがずっと続くかと思うと不安になりますよね。スクールカウンセラーとしても活動している、臨床心理士・吉田美智子さんに「物に当たる原因」をお聞きしました。

イライラ・怒りの原因は2つ

「まず、イライラや怒りを言葉にできず、物に当たる行為は、決して良いことではありませんが、大人でもあり得ることなので、子どもだけでなく、大人の皆さんも参考にしてみてください」

<1>急に強い怒りに襲われたから
「人は急に強い怒りに襲われたら、自然とその怒りをリリースしようとするものです。なので、反応としては自然なことなんですね。ただ、怒りを感じるかどうか、どのくらいの強さと瞬発力で感じるかは個人差があります」

<2>我慢続きで感情が溢れたから
「我慢し続けていると気持ちが溢れてしまい、結果、些細なことでも怒りを感じ、表に出してしまうことがあります。これも、自然な反応といえます」

子どもがどちらの状態で怒りをぶつけているのか見極めた上で、以下のような対処法が考えられるそう。

「叱る」でなく「一緒に考える」余裕を持って!

「<1>の場合、強い怒りを感じた事柄があるときは、まずは物に当たったことを責めるのではなく、何に怒りを感じたのか一緒に分析してみましょう。分析してみると、〝ムカつく〟意外にも〝悲しみ〟や〝苦しさ〟が隠れている場合も。子どもがどんな感情のときに、一番ショックを受けるのか理解できるようになります。

また、特定の事柄がなく衝動的に怒りやすい子どもの場合は、その性質を一旦受け入れます。そして、怒りを安心安全に表出する環境設定・約束を作ってみましょう。例えば、怒りを感じたらその場を離れる(どこに行くか決めておく)。叩いてもいいもの、方法を決めておく(家の中ならクッションなど)。こうすることで、手当たり次第、怒りをぶちまけることがなくなり、ルール化により少し冷静さを取り戻す時間も稼げます

<2>の場合は、なかなか表面に出てくることがないので、出てきたときがチャンスです。【溜め込み続けた我慢】を焦点に話を深掘りしてみてください。家族の事情で我慢させていないか、塾や習い事がストレスになっていないか、子どもが親に遠慮せずに伝えられるよう、ゆったりと時間を確保してみてください。何かあれば『我慢させてしまって、気づかなくてごめんね』と伝えた上で、環境改善してくださいね。

物に当たったことを、力や恐怖で押さえつけると、その場は我慢するが、根本解決にならず悪化します。また〝ダメな子〟と決めつける行為はNGです。問題行動は、子どもからのSOSサインです。大切な我が子が心穏やかに過ごせるよう、手を差し伸べてください」

取材・文/福島孝代

あわせて読みたい
▶︎子どものイライラを和らげる「アンガーマネージメント」って?
▶︎させないほうが良い我慢とは? 子どもに「我慢させすぎかな…」と悩んだときに読みたい親の心得

画像ALT

臨床心理士

吉田美智子

東京・青山のカウンセリングルーム「はこにわサロン東京」主宰。自分らく生きる、働く、子育てするを応援中。オンラインや電話でのご相談も受け付けております。
HP
Twitter: @hakoniwasalon

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事