ブースター・導入液のおすすめ10選|愛用者の効果実感口コミも | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYスキンケア

2021.09.06

ブースター・導入液のおすすめ10選|愛用者の効果実感口コミも

洗顔後、通常のスキンケアの前に使用するブースター・導入液。美肌を目指す女性に人気があるアイテムですが、その効果って実際どうなのでしょうか?今回はそんなブースター・導入液が気になっているあなたのために、期待できる効果、人気のおすすめブースター・導入液、実際に使用した人の気になる感想をご紹介していきます。

Tags:

【目次】
ブースター・導入液とは?どんな効果が期待できる?
ブースター・導入液を選ぶときのポイントとは
【化粧水】30代40代におすすめのブースター・導入液
【美容液】30代40代に人気のブースター・導入液
ブースター・導入液の正しい使い方もチェック

ブースター・導入液とは?どんな効果が期待できる?

角質層を柔らかくしてくれる

ブースター・導入液とは一般的に、洗顔後すぐに顔に塗布する化粧品のことを言います。

洗顔後、化粧水をつけても浸透しづらい、すぐに乾燥してしまうという人に推奨されていて、化粧水の前に使用することで表皮の角質層をやわらかくしてくれる役割があるのだそう。

後に続く化粧水の浸透をよくする

ブースター・導入液を使用し角質層をやわらかくさせることで、その後に使う化粧水や美容液は、より一層肌に浸透しやすくなると言われています。

結果的に、ブースター・美容液を使用しない場合と比べ肌にうるおいが届きやすくなったり、血色がよくなったりして、今使用している化粧品の効果をワンランクアップさせることができるのだと言われているようです。

ブースター・美容液単体では効果を期待できない

ブースター・導入液はあくまで、いつものスキンケアの前に使用することで浸透を高め、そのスキンケア効果をアップさせるというもの。

そのため、単体で使用しても化粧水や美容液ほどの保湿効果は期待できないと言われています。

ブースター・美容液を使用した後は、保湿ケアを怠らずしっかりスキンケアプロセスを守ることが推奨されています。

ブースター・導入液を選ぶときのポイントとは

種類で選ぶ

ブースター・導入液は主に以下の種類に分けられると言われています。

・化粧水タイプ

導入化粧水、プレ化粧水などと言われる。脂性肌の人におすすめ。

・美容液タイプ

肌のハリ、うるおいアップに効果的。

・オイルタイプ

肌のゴワつき、乾燥、エイジングが気になる人に人気。

ピーリングタイプ

肌のゴワつき、乾燥が気になる人に。敏感肌の人の使用は△。

必ずしも「ブースター」「導入液」と表記されているとは限りませんが、〝洗顔直後に使用〟〝化粧水の前につける〟などという記載があれば、ブースター・導入液と考えて良さそうです。

それぞれの肌質や目的に合わせて選んでみましょう。

配合成分で選ぶ

ブースター・導入液は、配合されている成分にも注目してみるのが推奨されています。

例えば保湿をより高めたい人は、「グリセリン」や「ヒアルロン酸Na」「セラミド」などの成分が配合されているものを、さっぱりと使用したい人は「BG」「DPG」「プロパンジオール」などの成分配合のものがおすすめされているのだそう。

また、肌へ刺激になるような成分が配合されていないかどうかもチェックしてみるといいかもしれません。

浸透をサポートしてくれる「エタノール」や、保湿成分の「PG」や「精油」等は、人によっては刺激を感じる場合も。肌が荒れているときや敏感肌の人は、パッチテストを行ってから使用するのが推奨されているようです。

価格で選ぶ

価格が高いからいいもの、とは限りません。また、ブースター・導入液は、使い続けてこそ効果を実感できるものだと言われています。

継続し難いアイテムを一時的に使用するよりも、長く使い続けることが可能な価格のアイテムを選ぶことをおすすめします。

【化粧水】30代40代におすすめのブースター・導入液

【1】ベネフィーク|リセットクリア N 

ベネフィーク|リセットクリア N 
200ml

とろみのある化粧液で、肌に残った皮脂や不要な角質を優しく除去。次に使用する化粧水の浸透を高めてくれる。

「マイルドな使い心地が大人にちょうどいいさじ加減のふきとり化粧水は、皮脂を潤いに、くすみを透明感に変換するかのよう。娘の友達に『高校生みたいだね』と言われるのは、これで透明感キープしているおかげかもしれません(笑)」(美容ライター 長田杏奈さん)

【2】CNP|インビジブル ピーリング ブースター

CNP|インビジブル ピーリング ブースター
(左)

角質をやさしくケアし、透明感あるツルスベ肌へと導いてくれる導入化粧水。

「本来、角質ケアは、週に2~3回ほど行うそうですが、私は、このピーリングブースターをほぼ毎日使用しています。そのお陰で肌が柔らかくなった気がします」(Domanist 山内 梓さん)

【3】無印良品|導入化粧液

無印良品|導入化粧液
美肌成分が浸透しやすい肌に整えてくれるプレ化粧水。岩手県釜石の天然水を使用。

【美容液】30代40代に人気のブースター・導入液

【1】アスタリフト|ホワイト ジェリー アクアリスタ

アスタリフト|ホワイト ジェリー アクアリスタ
[医薬部外品] 40g

保湿機能・バリア機能が整った土台を強化し、スキンケアのポテンシャルを高めてくれるジェリー状の導入美容液。うるおい成分を角層のすみずみまで届け、美白やハリにアプローチしてくれる。

「洗顔後すぐに使うタイプで、スキンケアに差し込みやすいアイテムです。しかも最新作は美白ケアもかなうから、さらに効率よくお手入れができてうれしい! 夜のお風呂上がりにパッと塗っておけば、その後のお風呂掃除中の肌の乾きをストップできる点も、私にとってはありがたいことです」(ビューティエディター 松村有希子さん)

「弱った肌の土台を立て直しながら、これ自身で潤いやハリ、そして美白と積極的なケアまでしてくれます。化粧水のあとに肌悩みの数だけアイテムをたくさん重ねる手間も要らず、効率的! 私の経験上ですが、肌が敏感気味になっているときにもピリつくことなく使える高機能コスメは貴重です」(ビューティエディター 久保田麻子さん)

【2】ステムボーテ|ステムボーテ ブースタージェル

ステムボーテ|ステムボーテ ブースタージェル
(左)

ヒト幹細胞培養液配合のブースタージェル。マッサージしながら塗布することでリンパや血流に働きかけ、肌を柔軟に整えてくれる。

「アンチエイジングを時短でできるところがワーママの強い味方!シワが気にならなくなりました」(Domanist 吉田美帆さん)

【3】イヴ・サンローラン・ボーテ|オールージュ ユイル N

イヴ・サンローラン・ボーテ|オールージュ ユイル N
30ml

肌老化を進行させる炎症を鎮静させ、老化にストップをかけるオイル状のブースター美容液。サフラン、アルガン、アボカドなど9つのボタニカルオイル配合で、若見えするツヤ肌を実現。

「美容液オイルでありながらつぎに使うアイテムをブーストしてくれるバリューな1本」(さ〜や)

「オイルでしか出せないツヤって絶対にある!頰にツヤがあると確実に若見えする」(キサラ)

【4】パルファン・クリスチャン・ディオール|プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム

パルファン・クリスチャン・ディオール|プレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラム
30ml

化粧水の前に使用する、エイジングケアに効果大のプレミアム美容液。真皮の線維芽細胞にアプローチし、内側から肌のハリをアップ!

「大輪のバラのような美人肌へ。その生命力を分けていただきましょう」(さ〜や)

「 塗るビタミン&ミネラル点滴 。なんか調子悪い肌が元気になる 」(キサラ)

【5】DEW|キャビアドットブースター

DEW|キャビアドットブースター
40mL

ヒアルロン酸Naを配合した粒「ヒアロキャビア」配合の導入美容液。みずみずしいテクスチャーで化粧水のなじみをよくし、角質層深くまでうるおいを届けてくれる。

【6】KINS|BOOSTER

KINS|BOOSTER
菌に直接アプローチできるブースター美容液。アミノ酸など400種類以上の成分配合で、生き生きとしたツヤ肌を叶える。界面活性剤や合成香料、着色剤不使用。

「スキンケアの最初に使用することで、皮膚常在菌のはたらきを妨げることなく肌が潤います♡」(港区ワーママ 白森ナツミさん)

【7】エリクシール シュペリエル|ブースターエッセンス C

エリクシール シュペリエル|ブースターエッセンス C
90g

炭酸入りのクリーミーな泡状導入美容液。洗顔後、肌をほぐすイメージで使用すると効果的。

「炭酸の泡が血流をアップさせて、乾燥や血行不良のお疲れ顔もパッと明るくしてくれます。その後に使う化粧水が、ぐんぐん浸透していくのを実感」 (皮膚科医 友利新先生)

ブースター・導入液の正しい使い方もチェック

【1】洗顔後、ハンドプレスで浸透させる

ブースター・導入液の使い方は簡単。

洗顔後、化粧水を塗る前に肌になじませるだけ。摩擦はNG。なじませたら、両手で顔全体をつつみ、やさしくハンドプレスするとより浸透力が増すと言われています。

ただし拭き取りタイプのアイテムもあるので、使用方法は製品に書かれた手順を守るようにしましょう。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事