ペダルなし自転車の選び方とおすすめ商品12選|安全な遊び方も紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.10.28

ペダルなし自転車の選び方とおすすめ商品12選|安全な遊び方も紹介

ペダルなし自転車は、体を使って活発に遊びたい子どもにぴったりのアイテムです。小さな頃から乗り物に慣れることで、さまざまなメリットが得られ、体も心も育めます。ペダルなし自転車の選び方や安全な遊び方、タイプ別のおすすめな商品を紹介します。

Tags:

ペダルなし自転車とは?

ペダルなし自転車は小さい子どもでも乗れるように、さまざまな工夫が施されています。楽しく遊びながら、ペダル付き自転車の練習にもなる遊具です。どんな特徴やメリットがあるのか、見ていきましょう。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 メリット

(C)Shutterstock.com

キックバイクとも呼ばれる子ども用自転車

ペダルなし自転車は「キックバイク」や「ランニングバイク」とも呼ばれる遊具です。ペダルが付いていないため、足で地面を蹴ってスピードをつけたり、バランスを取ったりして進みます。

足が着く安心感がある中で、自転車に乗る楽しさを味わえることも魅力です。最初は歩くようにゆっくり進みますが、慣れてくると徐々に地面から足を離せるようになり、ペダル付き自転車へもスムーズに移行できるといわれています。

2~5歳くらいまでの子どもを対象に作られていますが、中には1歳ごろから乗れるものもあります。

ペダルなし自転車に乗るメリット

小さな頃からペダルなし自転車に乗ると、さまざまなメリットを得られます。地面を蹴って進む、体重移動をして曲がる、足をつけて止まるといった動作から、「バランス感覚」が自然と身に付くのです。バランス感覚が鍛えられれば運動能力の向上にもつながり、自転車がスムーズに乗れるほか、将来スポーツをする上でも役立つでしょう。

また、気が散っている状態では、ペダルなし自転車をうまく乗りこなせません。周りの状況を確認しながら、バランスを取って進むには「集中力」が必要です。

さらに進行方向にある障害物にぶつからないよう、止まったり避けたりすることで「反射神経」も鍛えられるでしょう。

ペダルなし自転車の選び方

ペダルなし自転車を選ぶ際は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。安全に遊ぶためにも、必ずチェックしておきたいポイントを紹介します。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方

(C)Shutterstock.com

子どもの体格に合っているか

ペダルなし自転車は、商品ごとに適正身長対象年齢が設定されています。ただし、年齢が達していても身長が異なる場合は、タイヤのインチ数も考慮しましょう。

例えば、12インチの場合の適正身長は「80~105cm程度」で、2~4歳の子どもが対象です。同じ年齢でも身長が高い場合は、14インチでも乗りこなせる場合があります。

成長することを考えると大きいサイズを選びがちですが、地面を足で蹴ったり踏ん張ったりすることから、体格に合っていないものを選ぶと危険です。実際に試乗してみて地面にしっかりと足が届くものを選んであげましょう。

持ち運びがしやすい重さか

ペダルなし自転車を選ぶ際は、子どもが扱いやすい重さかどうかも確認しましょう。使われているパーツや素材によって違いはありますが、一般的には5~6kg程度のものが多く、軽量タイプなら3kg程度になります。

遊んでいる最中は倒れたり転んだりすることがあるため、子どもが自分で起こせる重さを選んであげましょう。本体が軽量なら走り出しもスムーズです。

また、ペダルなし自転車は、公園や広場などで練習する機会が多いもの。重量があると、ママやパパの持ち運びも大変になります。子どもが扱える重さであれば、準備や片付けも率先して行ってくれるでしょう。

ペダルの後付けが可能か

ペダルなし自転車には「ペダル」「クランク」「チェーン」が後付けできて、子ども用自転車としても使える2wayタイプがあります。子どもの様子を見ながら着脱できるため、成長に合わせて長く使えるところが魅力です。慣れ親しんだ自転車で練習を行えば、補助輪なしでもスムーズに移行できます。

2wayで使えるかどうかは、購入時の子どもの年齢や身長を踏まえて選びましょう。ただし、子どもの身長が大きくなれば、買い替えを検討しなければなりません。最初から付属しているタイプもあれば、オプションで後から購入できるタイプもあります。

ブレーキやスタンドが付いているか

ペダルなし自転車は足を地面に着けて止めることから、ブレーキが付いていないものが大半です。一般的な自転車を想像すると、ブレーキが付いている方が安全だと思う人は多いでしょう。しかし、ブレーキを作動させるには「ある程度の握力」が必要になり、子どもの手ではうまく握れないことがあります。ハンドルをしっかりと握ることに集中させた方が、かえって安全に楽しめる場合もあるのです。

ただし、ブレーキが付いているタイプは自転車に近い操作を覚えられるため、よりスムーズに移行できるメリットがあります。購入の際は、握力の弱い子どもでもしっかりと握れるものを選びましょう。

また、スタンドが付いていると「立てた状態」で保管でき、地面に倒して汚れる心配もありません。立てかけるスペースがない場合や、外出先でちょっと置いておく場合にも便利です。

安全規格を満たしているか

安全性を重視する場合に、確認しておきたいのが「BAAマーク」です。BAAマークとは自転車協会が定めた「自転車安全基準」で、安全な自転車かどうかをパーツごとに検査し、クリアしたものにだけ付けられます。

フレームの耐久性やライトの明るさ、ブレーキの利きなど、さまざまな安全チェックを行っているため、高い安全性が保証されているのです。また、製造事業者や輸入事業者が明確になっており、補償が受けられるなどのメリットもあります。

このほか、SGマークJISマークも一定の安全性をクリアしている証です。ペダルなし自転車で安心・安全に遊ばせたいなら、チェックしておきましょう。

自転車の新しい安全基準 BAA

ペダルなし自転車の安全な遊び方

安全性の高いペダルなし自転車を選んでも、遊び方を間違えると事故やケガにつながることがあります。安全に楽しく遊ぶためにも、注意したいポイントを押さえておきましょう。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 遊び方 乗り方

(C)Shutterstock.com

傾斜のない広く平らな場所で遊ぶ

ペダルなし自転車は、道路交通法で定められた「自転車(軽車両)」に分類されないため、公道走行が禁止されています。公道以外で遊ぶ場合も、人や自転車が多く行き交い、接触・衝突事故の危険性が高い場所は避けましょう。

安全に遊ぶには、公園などの広く平らな場所がおすすめです。ただし、公園によっては二輪遊具の使用が禁止されていることもあるので、管理事務所に問い合わせるか公園のホームページで確認しましょう。

また、ペダルなし自転車を坂道で使用すると、スピードが増して転倒する危険性があります。慣れてくるといろいろな場所で使ってみたくなるものですが、一歩間違えば大ケガにつながる可能性もあるので注意しましょう。

ヘルメットやプロテクターを装着

ペダルなし自転車で遊んでいると、石を乗り上げてバランスを崩したり、スピードが出過ぎて転んだりすることがあります。安全な場所でも、まったく転ばずに遊ぶことは困難です。失敗を乗り越えて上手に乗れるようになるところも、楽しさの一つだといえます。

しかし、大きなケガをしないように注意するに越したことはありません。安全に遊ぶためにも、ヘルメットやプロテクターなどを装着させましょう。サイズが大きいと転んだ衝撃で外れてしまうので、子どもの体格に合ったものを選ぶことがポイントです。子どもが好きなデザインであれば装着を嫌がらず、喜んで使ってくれるでしょう。

ペダルなし二輪遊具による子どもの事故に注意! | 消費者庁

1歳から使えるペダルなし自転車

ペダルなし自転車は2歳ごろから乗れるものがほとんどですが、早い段階で乗り物に関心を持つ子どももいます。歩いたり走ったりが安定してできるようになったら、自転車の練習を考えるママやパパも多いのではないでしょうか。

1歳ごろから使えるペダルなし自転車を紹介します。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 1歳

(C)Shutterstock.com

アガツマ「アンパンマン わんぱくライダー」

子どもの大好きなキャラクター・アンパンマンと一緒に走れる遊具です。ハンドルをしっかりと握れるように、表面が凹凸形状になっています。

幅広に設計したタイヤと、後ろを二輪にすることで安定感を高め、乗り物に初めて乗る子どもにもおすすめです。サイズは幅25×高さ38×奥行54cmとコンパクトで、持ち運びがしやすい重さになっています。

子どもの興味を引きやすい、カラフルなカラーリングも魅力です。対象年齢は1歳半ごろからで、制限体重は20kgとなっています。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 1歳 アンパンマン

商品名:アガツマ アンパンマン わんぱくライダー

Maydolly「1歳から使えるストライダー」

重さが約2.1kgと、軽量のペダルなし自転車です。ハンドルには握りやすいソフトな素材を採用し、135度に回転することで行きたい方向へもスムーズに進めます。

前二輪・後ろ二輪の三角形構造になっており、子どもの足がぶつかりにくく、寄りかかっても倒れづらい安定性も魅力です。サドルはクッション性が高く、快適な座り心地はもちろん、走行中の衝撃も和らげてくれます。

対象年齢は1~3歳で、ペダルなし自転車デビューにぴったりです。「Little bee(蜜蜂)」「Puppy(ワンチャン)」はハンドルを向けた方向に目が動きます。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 1歳

商品名:Maydolly 1歳から使えるストライダー

ides「ディーバイク ミニプラス」

1歳からのチャレンジバイクとして人気を集めている「ディーバイクミニ」に、ママからのリクエスト機能をプラスした商品です。柔らかい発泡素材を採用したサドルは高さを+3cmに調節でき、子どもの身長に合わせて3歳ごろまで使用できます。

前輪が二輪・後輪が一輪の構造で、ハンドルにつかまりながら立ったときも安定感があり、転びにくい設計です。タイヤは床や家具を傷つけにくい柔らかい素材で、小さな振動も吸収するため、室内でも静かに遊べます。

対象年齢は1~3歳未満、身長の目安は約75~95cmです。レッド・イエロー・ミントブルー・アッシュの中から、好きなカラーを選べます。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 1歳

商品名:ides ディーバイク ミニプラス

ブレーキ付きのペダルなし自転車

自転車に近い構造のペダルなし自転車が欲しい場合は、ブレーキ付きモデルがおすすめです。ブレーキ操作に慣れておくと、通常の自転車への移行もスムーズに行えるでしょう。子どもの握力でも使いやすい、ブレーキ付きのペダルなし自転車を紹介します。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 ブレーキ付き

(C)Shutterstock.com

プチオワゾ「ピエグリーチェ」

後輪に「バンドブレーキ」が付いており、スピードをコントロールしやすいペダルなし自転車です。「パンクレスタイヤ」を使用しているため、アウトドアでも心強いでしょう。

また、おしゃれなマットカラーはバリエーションが豊富にあり、ホワイト・ブラック・イエローなどの中から好きな色を選べるところもポイントです。ブランドロゴが入っていないシンプルなデザインで、ステッカーを貼ったりペイントをしたり、子ども好みに自由にカスタマイズできます。

対象年齢は2~5歳で、身長90cm以上の子どもが遊べる設計です。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 ブレーキ付き

商品名:プチオワゾ ピエグリーチェ

arcoba「Kick Bike 12インチ」

「美しさと上品さ」にこだわった、デザイン性の高いペダルなし自転車です。見た目だけでなく、乗りやすさも追求しており、一つひとつのパーツを丁寧に作り上げています。

後輪にはバンドブレーキを内蔵し、弱い力でもスピードコントロールがしやすく、急ブレーキをかけてもロックしにくい設計です。また、ブレーキレバーの操作性にも配慮し、子どもの手の大きさに合わせて握り幅を調整できる「アジャスターボルト」を装着しています。

対象年齢は2~5歳、身長90cm以上、制限体重は30kg以下です。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 ブレーキ付き

商品名:arcoba Kick Bike 12インチ

ides「ディーバイク キックス AL」

操作性と安全性に優れたペダルなし自転車です。日本マウンテンバイク協会の公認インストラクターで構成された、デザインチームがプロデュースしています。

2歳ごろの子どもでも扱いやすいブレーキを搭載し、将来の自転車で必要な感覚を学べる設計です。フレームにはアルミ素材を使用し、重量が約3.6kgと軽量なので、転倒した際も起こしやすくなっています。

サドルの最低地上高は30cmになっており、小さな子どもでも無理なくチャレンジ可能です。足元には「フットデッキ」を装備し、ペダルに足を乗せておく習慣が自然と身に付きます。

対象年齢は2歳以上、制限体重は20kgまで、身長の目安は85cmからです。スタンドが装備されているため、置き場所にも困りません。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 ブレーキ付き

商品名:ides ディーバイク キックス AL

長く使える! ペダル後付けタイプのおすすめ

ペダルを後付けできるタイプなら、子どもの成長に合わせて長く楽しめます。自転車に乗る練習をそのまま行いたい人や、乗れるようになってからも同じものを使い続けたい人におすすめです。ペダルの脱着が簡単なモデルを見ていきましょう。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 後付け

(C)Shutterstock.com

Ampus「ストライダー 14x」

14インチのタイヤを使用しており、身長95cm以上の子どもにおすすめのサイズです。自転車店に持ち込まなくても、家庭で「ペダルユニット」を装着できる設計になっています。

装着にかかる時間はわずか3分で、付属の工具を使って簡単に取り付けられることもポイントです。子どもの成長に合わせて使い方を変えられるため、ペダルなしから通常の自転車へスムーズに移行できます。

重量は5.5kgで、ペダルを装着したときも6.5kgと、一般的な14インチの自転車と比較しても軽量です。足を乗せて遊べるフットステップや、前輪と後輪に付いたブレーキなどの機能も充実しています。対象年齢は3歳半~7歳程度、制限体重は36kgです。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 後付け

商品名:Ampus ストライダー 14x

ビタミンiファクトリー「へんしんバイク2」

「前後ブレーキ」「ペダルシステム」付きで、バランス・ブレーキ・ペダルを一つずつ練習できます。ペダルなしで走る・曲がるの動作を覚えたら、次はブレーキ、その次はペダルと順番に教えていきましょう。

ペダルなしの重量は「4.5kg」と軽量で、小さな子どもでも楽に持ち運べます。1人で乗る準備をしたり、倒れた自転車を起こしたりすることも可能です。

ペダルシステムは付属の工具で装着でき、チェーンの緩みも調整できます。対象年齢は2~5歳で、制限体重は30kgです。

商品名:ビタミンiファクトリー へんしんバイク2
公式サイト:購入はこちら

TKクリエイト「ケルコグバイク」

ペダルなしとペダルありの2wayで使える自転車です。「蹴る」から「こぐ」へ、スムーズに移行できるように作られています。ペダルユニットはダイアルを回すだけで装着できる「3分チェンジシステム」を採用し、工具が一切不要なこともポイントです。

ペダルをこぐことにチャレンジしたり、蹴るに戻したりが簡単なので、子どもの成長に合わせて切り替えてあげましょう。また、サドルの角度や高さ、ペダルの高さなども細かく調整でき、子どもの体格の変化に合わせやすいところも魅力です。

対象年齢は3~6歳で、制限体重は30kgとなっています。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 後付け

商品名:TKクリエイト ケルコグバイク

ピープル「ケッターサイクル」

シティサイクルのような見た目がおしゃれな、2wayタイプの自転車です。独自開発の「マルチアジャスト機構」によってハンドルやサドルの位置を細かく調整でき、12インチであれば2~6歳くらいまで長く使えます。

自宅で簡単に取り付けられる「ドライブユニット機構」を採用し、約5分でペダルの取り付けが可能です。また、両輪ブレーキや専用グリップのほか、ペダル練習をサポートする「ママキャッチハンドル」が付いているなど、安全面にも配慮されています。

12インチ~18インチの4サイズ展開で、子どもの身長に合わせて選べることもポイントです。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 後付け

商品名:ピープル ケッターサイクル

持ち運びにも便利! 軽量タイプのおすすめ

段差や階段など、自転車を持ち上げる機会は意外にあります。遊ぶ場所までママやパパが持って行く際も、軽量タイプなら楽に運べるでしょう。本体重量が3kg以下のおすすめ商品を紹介します。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 持ち運び 軽量

(C)Shutterstock.com

ラングスジャパン「バランスバイク アルミボディ」

ボディは丈夫でさびにくいアルミ製で、重量はわずか2kgと軽量のペダルなし自転車です。小さな子どもでも、簡単に動かしたり持ち運んだりできる重さになっています。

カラーはレッドとブルーの2色展開で、サドルのおしゃれなデザインもポイントです。耐久性に優れたEVAタイヤを採用し、ヨーロッパの安全基準「CEマーク」を取得するなど、安全性にも優れています。対象年齢は2歳以上、制限体重は20kgです。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 持ち運び 軽量

商品名:ラングスジャパン バランスバイク アルミボディ

Ampus「ストライダースポーツモデル 12インチ」

人気ブランド「ストライダー」の高機能なスポーツモデルです。本体重量は3kgと軽量で、子どもの手でもしっかりと握れる細身のハンドルや、衝撃を和らげるハンドルバーパッドで、アクティブな走行をサポートします。

クッション性と防水性に優れたシートは座り心地がよく、高さを調整できるため、子どもが成長しても長く愛用できるでしょう。対象年齢は1歳半~5歳で、体重制限は27kgです。

鮮やかなグリーン・レッド・ブルー・オレンジ・ピンク・イエローと、スタイリッシュなブラックの7色から好みのカラーを選べます。

ペダルなし自転車 おすすめ 人気 選び方 持ち運び 軽量

商品名:Ampus ストライダースポーツモデル 12インチ

トップ画像/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

【自転車の空気入れ】おすすめはどんなもの?選び方や種類を知ろう
短時間でストレス解消!大人気「子連れキックボクシング」

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事