好きじゃない人と結婚するのはなぜ?理由やうまくいくコツ、不安についてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.31

「好きじゃない人」との結婚はあり? 好きか嫌いかよりも「一生共にいられるか」が大事

Tags:

現代、結婚は「好きな人とする」ことが多いといえます。恋愛から結婚に発展することや、お見合いやパーティー、マッチングアプリなどで知り合い、そこから愛を育てて結婚するケースもあります。しかし一方で、誰もが大恋愛を経て結婚するわけでありません。例えば、どのようなことが考えられるでしょうか。

CASE1:適齢期になり、子どもが欲しかった

「30代に突入すると、結婚する友人や同僚たちがぐっと増えました。結婚に関する話題も増え、結婚をより意識し始めるように。どうしても自分の子どもが欲しかったので、できるだけ早く結婚したいと、婚活マッチングアプリを使い、結婚。お互い、恋愛感情が芽生えて結婚したわけでなかったのですが〝早めに結婚したい〟〝早めに子どもが欲しい〟という気持ちは同じ。彼とは、過干渉するようなことがないので、ちょっとしたことで喧嘩に発展することもありません。念願の子宝にも恵まれ、今はとても穏やかで幸せな毎日を送っています」(O・Mさん/39歳)

「結婚適齢期になり、周囲からの『結婚は?』という圧力に耐えられなくなり、マッチングサービスを利用し結婚。ただし、結婚したらすべての圧力から解放されるわけではありませんでした。『子どもは?』『家は買わないの?』など、さらなる圧力を感じています」(E・Kさん/32歳)

CASE2:経済面などの条件がよかった

「以前私には少し借金がありました。お金で苦労してきた人生だったので、結婚するならできるだけ裕福な人と決めていました。夫との出会いはお見合いパーティー。『持ち家なので住宅ローンの負担がない』、『社会的地位や学歴が高い』、『年齢のわりに高収入』と、経済面が好条件。正直、恋愛感情は二の次で結婚を決めたと思います」(T・Kさん/31歳)

「好きかどうかよりも経済力を重視して相手を選ぶと、経済的に余裕が生まれ、条件の良い生活が送れることもあると思います。恋愛に夢中のときは『愛があれば何でも耐えられる』と考えがちでしたが、実際に経済的に困窮した立場になると『愛だけでは生活できない』と気付くことも。経済的に余裕が生まれると、気持ちにも余裕が生まれます」(I・Gさん/33歳)

結婚の決め手って?「この人と結婚したい」と思った理由と妥協したポイント|Domani
結婚して幸せを感じたこと。1位子供の誕生、3位家族団らん。なるほどな2位はなーんだ?|Domani

CASE3:回避できない事情があった

「お付き合いをしていた相手ではなかったのですが、妊娠をしたので結婚を決めました。妊娠をしたということは何かの縁があったに違いないと思ったからです。当時は〝好きな相手〟と結婚するという感じではなかったですが、結果、今はとても幸せな毎日を送っています」(T・Gさん/39歳)

好きじゃない人と結婚

後悔しやすいこと

「やっぱり大好きな人と結婚したかった」と後悔することもあるでしょう。特に後悔を感じやすいポイントとしては、次の2点が挙げられます。

好きじゃない人と結婚

毎日ときめきを感じない

「穏やかな気持ちは味わえてもときめきは感じにくい。ドキドキする機会が少なく、結婚したことによる幸せを実感しづらいかもしれません」(F・Tさん/37歳)

「相手に対してときめきを感じないので、スキンシップは少なめ。場合によっては、妊娠しづらい状況になることもありそうです」(T・Gさん/39歳)

結婚しても「一人で寂しい」と感じてしまう瞬間はある?楽しく過ごすための対処法|Domani

相手の欠点が目に付く

「些細なことでも、厳しく接してしまうことがあります。結婚して一緒に暮らせば、ライフスタイルや価値観の違いが少なからず出てきます。短所が浮き彫りになり、そんな点がどんどん気になってしまい、譲歩や寛容しがたい気持ちになり、イライラしたり衝突したりする場合も」(W・Gさん/33歳)

好きか嫌いかよりも「一生共にいられるか」が大事

結婚相手が好きか嫌いかということも大切ですが、感情はいつかは変わります。「好き」という思いが強すぎて、相手に失望すると「強い憎しみ」を抱くようになることもあるかもしれません。

好きじゃない人と結婚

結婚は好き嫌いだけでなく、一生一緒にいられるかどうかで判断することが大切です。「この人と暮らしたい」と思える相手と結婚を考えるようにしましょう。

あわせて読みたい

似たもの夫婦とは見た目や性格が似た夫婦|似ている理由や注意点を解説
穏やかで芯のある人だと思ったのに…夫はただの「無関心・現状維持」を好む男だった

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事