35歳以上【大人のインナーカラー】の成功ポイント。配色からスタイリングまで解説|プロ直伝 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.10.22

35歳以上【大人のインナーカラー】の成功ポイント。配色からスタイリングまで解説|プロ直伝

30代・40代のための華やかなインナーカラースタイルを「MAGNORiA Aoyama」スタイリスト CHINATSUさんに教えてもらいました。大人のためのヘアスタイル&アレンジ術を現役サロンスタッフがレクチャーする不定期連載です。

Tags:

「なんだか物足りない」を解消する、大人のインナーカラー

10代・20代でいろいろなカラーヘアを経験してきたアラフォー世代。やっぱり暗髪がしっくりきているけれど「なんだか物足りない」「イメチェンをしたい」などと考えている方におすすめしたいのが、トレンドのインナーカラーです。

鎖骨から顎ラインにかけてレイヤーを施したミディアムスタイルに、襟足からもみあげにかけて入れたインナーカラーをON。ところどころに細い毛束のハイライトを入れることで、顔なじみもよくこなれた雰囲気になります。

ダークブラウン系のベースに黄みを抑えた13トーンのハイトーンカラーで、顔まわりを華やかにしつつ大人らしい上品さも。きれいめファッションにも相性抜群です。

ダウンスタイルではチラリとのぞくハイトーンカラーがさりげないアクセントに。17~21mmのロッドでリバース方向に2.5回転巻いて、S字カールのパーマをプラス。

ランダムな毛先の動きでエレガントさも演出できます。濃い色のトップスを着ているときでも、インナーカラーで立体感が加わるので重くなりすぎない後ろ姿に。

●Styling point

髪を軽く濡らた後、ワックスをパール2粒分の量をとり、手のひらによく伸ばしてから全体によくなじませてからドライヤーで乾かして。下から手を入れ、毛先→中間→根元の順で、くしゃっと軽くにぎるようにすると束感やカールの動きがでやすくなります。

●Use it

エレベート ドライワックス 8F

《モデルの顔型&髪質DATA》

取材・文/岸田雅子

教えてくれたのは…

「MAGNOLiA Aoyama」スタイリスト CHINATSUさん

ミドル&シニア世代に向けて、白髪を隠すよりも生かしたヘアスタイルなど、年齢による髪質の変化をおしゃれに楽しむためのヘアデザインを多く手がける。サロンワークをはじめ、雑誌やヘアカタログのヘアメイクも担当。ヘアコラム「エイジングヘア&ケアガイド」も好評発信中。[Instagram:@chinatsu.magnolia

MAGNOLiA Aoyama:東京都港区南青山4-24-8 アットホームスクエアBF

こちらの記事もたくさん読まれています

パーマのセットがうまくいかない!そんな人におすすめのスタイリング剤【美容師の購入品】
切りっぱなしボブのヘアアレンジは?おすすめスタイルやスタイリング剤を紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事