Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.23

使う場面や相手に注意!【朴念仁】とはどんな意味?類語もチェック

「朴念仁」は、無口で無愛想な性格を意味する言葉です。恋愛面では自分への好意に気づきにくい人に対して使います。いくつか推測される説はあるものの、はっきりとした由来や語源は明らかになっていません。今回は「朴念仁」の意味や使い方、類義語などを解説します。

Tags:

「朴念仁」の意味&由来

「朴念仁」の読み方は「ぼくねんじん」で、口数が少なくて愛想がない人を表す際に使います。無愛想な様子という意味に加え、恋愛面では自身に対する好意になかなか気づかない人という意味もあります。

推測される由来や語源はいくつかありますが、どの説が正しいかは明らかになっていません。ここでは、「朴念仁」の意味や推測される由来・語源について解説します。

「朴念仁」は無口で無愛想な人を指す言葉

【朴念仁:ぼくねんじん】
無口で愛想のない人。また、がんこで物の道理のわからない人。わからずや。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

朴念仁」は無口や無愛想、頑固な性格の人を指し、主に男性に対して使う言葉です。「仁」は思いやりという意味をもつ漢字ですが、この場合は人を表す漢字として使われていると考えられます。

どちらかというとネガティブなイメージの表現であり、ただの悪口と思われることがあるため、使う際は注意が必要です。

恋愛面では少し意味が異なり、自身に向けられた恋愛感情に気づきにくい人を指します。この場合は無口や無愛想という意味はなく、お喋りで愛想が良い人でも「朴念仁」といわれるケースがあります。

「朴念仁」の由来・語源は明らかになっていない

「朴念仁」は、由来や語源がはっきりとはわかっていません。韓国人の名前によく使われる「朴」という漢字が入っていますが、「朴念仁」は韓国語ではなく和製漢語です。そのため、韓国語に由来するという説は信ぴょう性が低いとされています。

推測される由来として、元々は素朴で飾り気がない人を意味する言葉だったという説があります。これは、素朴な性格で飾り気がない様子という意味が変化し、愛想がない人を表す際に使われるようになったというものです。

【例文で解説】朴念仁の2つの使い方

「朴念仁」の使い方には、主に以下の2つが挙げられます。

朴念仁

・人の性格に対して使う
・ゲームやアニメのキャラに対して使う

上述の通り、「朴念仁」は男性の性格を表す際に使う言葉であるため、基本的には女性に対して使うことはありません。なお、ゲームやアニメのキャラに対して使う際は、基本的に恋愛面での意味だと考えてよいでしょう。

日常会話で「朴念仁」を正しく使えるように、それぞれの使い方や例文を見ていきましょう。

1.人の性格に対して使う

「朴念仁」は、無口な人や愛想がない人、自分に対する恋愛感情に疎い人について形容する際に使われます。会話の中で使うよりも、書き言葉として用いられることが多いです。

具体的な使い方は、以下の例文のとおりです。

【例文】
・彼はあなたが嫌いなのではなく、【朴念仁】なだけなんです
・いくら能力が優れていても、【朴念仁】のままでは就職に苦労しますよ
・残念ながら、彼は【朴念仁】なので冗談が通じません。
・彼女の好意に気づかないなんて、彼は【朴念仁】である

2.ゲームやアニメのキャラに対して使う

ゲームやアニメのキャラの設定として「朴念仁」が使われることもあります。キャラの性格を表す際は、自分への好意に気づかなくて恋愛に疎い性格という意味をもつことが多いです。

特に恋愛もののゲームやアニメの主人公の設定では、上記の使い方がよく見られます。これは、初期の段階で主人公が誰かと結ばれてしまうと今後の展開につなげにくいからだと考えられます。

ゲームやアニメのキャラに対して使う際の例文は、以下を参考にしてください。

【例文】
【朴念仁】の主人公に振り回されるキャラがいじらしくて、思わず応援してしまう。
・この作品では、主人公は【朴念仁】という設定になっている
・いくらアニメとはいえ、こんなにも【朴念仁】な主人公がなぜモテるのだろうか。

「朴念仁」の3つの言い換え表現

「朴念仁」を別の言葉で表したいときは、以下の3つの言い換え表現が使えます。

1.唐変木
2.落ち着いている
3.鈍感

朴念仁

「朴念仁」を使うと、相手によってはマイナスなイメージで受け取られてしまうことがあります。悪口と思われるのを避けたいなら、言い換え表現を使ってポジティブな意味合いとして伝えましょう。

ただし、「唐変木」はネガティブな印象が強いため、使い方には注意が必要です。ここでは「朴念仁」の言い換え表現について解説します。

【言い換え表現1】唐変木

「唐変木」には以下のような意味があります。

・気が利かない
・物分かりが悪い
・頑固である
・偏屈である

「朴念仁」よりもネガティブな印象があり、悪口という意味合いが強いのが特徴です。不用意に使ってしまうと、トラブルに発展する可能性があるので注意しましょう。「分からず屋」や「でくのぼう」と言い換えることも可能です。

【言い換え表現2】落ち着いている

「朴念仁」をポジティブに言い換えたいときは、「落ち着いている」を使うのが適切といえます。無口な人というと、人によってはネガティブな言葉と思われることがありますが、落ち着いている人といえば角が立たないでしょう。

その他にも、「朴念仁」は「無愛想な人」や「媚びない人」と言い換えられます。頑固な性格をポジティブに表したいなら、「意志が強い人」や「信念を持っている人」と言い換えましょう。

【言い換え表現3】鈍感

恋愛面で疎い性格を表す際は、「朴念仁」の代わりに「鈍感」が使えます。対象の性別を限定しないため「朴念仁」と違って女性に使うことも可能です。

なお、「鈍感」は感覚や感じ方が鈍いことを意味するため、恋愛面に限らず使うことができる言葉です。相手に「鈍感」と伝えたとき、場合によっては恋愛の話題と伝わらない可能性があるため、恋愛面でのことだとわかるように補足するのが無難です。

「朴念仁」にならないように気をつけよう

「朴念仁」は主に男性の性格を表す言葉で、無口な人や無愛想な人、頑固な人に対して使います。恋愛面においては異なる意味をもち、自分に向けられた好意に気づきにくい性格を指します。

朴念仁

人によっては悪口と受け取られることがあるため、ポジティブに伝えたい場合は言い換え表現を使うとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

【100人に聞いてみた】スルースキルがある人の特徴とは?身につけるための方法も体験談からご紹介

【無関心な人】の特徴やメリットとは?コミュニケーションに困ったときはどうすればいい?

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事