Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.17

人望が〝ある人〟と〝ない人〟の決定的な違いとは?

自分に人望がないかもと思うと、仕事でのパフォーマンスも落ちてしまいます。人望がないと思われてしまう特徴や原因を分かりやすくご紹介します。自分の今の状況を知り、できることから取り組んでいくと、少しずつ周りからの評価も変わってくるでしょう。

Tags:

人望がある人とない人の違い

人望とは、信頼できる人物として他の人たちから慕われることを意味します。人望がある人とは、人々から頼られる存在であり、反対に人望がない人は周りに距離を置かれる存在であるといえるでしょう。

人望がない

人望がある人とない人の特徴をご紹介します。

【人望がある人の特徴】
・世話焼き
・誠実
・謙虚

【人望がない人の特徴】
・自己中心的
・不誠実
・高慢

人望がある人の特徴

人望がある人の特徴は「世話焼き」「誠実」「謙虚」の3つです。自分に与えられた役割を誠実にこなすため、周りからの信頼を得ています。

私利私欲のためではなく、他者を思って行動できる一面を持っていることが多いです。高い評価を得ても、それにあぐらをかかない姿勢も好感を持たれる理由でしょう。

人望がない人の特徴

人望がない人の特徴を表すキーワードとしては「自己中心的」「不誠実」「高慢」が挙げられます。人望を集めるには、他の人々との人間関係が重要ですが、これらの3つは良好な人間関係を構築する際にマイナスに働く要素です。

自分のことしか考えられない人は敬遠されてしまう可能性が高く、不誠実が続けば信頼を失います。高慢な態度を取れば、付き合いづらい人だと周りから認識されてしまうでしょう。

また人望がない人は、コミュニケーションを苦手としている傾向もあるでしょう。

人望がないと言われてしまう5つの原因

人望がない人は、人間関係の構築が上手くできていない場合が多いとご紹介しましたが、具体的にどんな行動が人望がないと言われてしまう原因になっているのか解説します。

人望がない

【人望がないと言われる5つの原因】
1.自分勝手に行動してしまう
2.人の話を真剣に聞かない
3.約束を守らない
4.気分屋で人によって態度を変える
5.相手の立場に立って考えられない

1.自分勝手に行動してしまう

人望を失うことに繋がる行動の1つ目は、自分勝手な行動です。誰しも本心では自分が幸せになりたい、楽をしたい、お金を稼ぎたいといった欲望を持っています。

しかし、それを前面に出してしまっては周囲の人々が不快に感じたり、協調性に欠けた行動だと認識されたりする可能性が高いでしょう。ビジネスにおいても、会社などの組織は共通の目標に向けて活動をしている団体であるため、どちらかというと集団の利益が重視されます。

メンバーの中に、全体の利益よりも自分の利益を過度に優先するような人がいれば、周りからは迷惑がられてしまうのも無理ないでしょう。

2.人の話を真剣に聞かない

2つ目の問題点は、人の話を真剣に聞かないことです。人望がない人は、自分に自信があるあまり、他の人の意見やアドバイスを受け入れられない傾向があります。

会話している相手に敬意を払わず、適当に聞き流している態度も非難されてしまうでしょう。自分の意見を押し付けるばかりで、相手の意見を検討すらしないとなると、双方的コミュニケーションが崩壊してしまいます。

3.約束を守らない

約束を守れないことが続くと、人望を得るために必要な信頼を失ってしまいます。約束を破られた相手は、自分が軽んじられた事実に不快感を覚え、人間関係の悪化に繋がるでしょう。

約束を守らないことには、何度も自分側の都合でリスケジュールを繰り返す、身勝手な行動も含まれます。約束の延期が続けば、その人がする約束自体の信頼性が損なわれ、相手も以前と同じようには信頼してくれなくなります。

4.気分屋で人によって態度を変える

気分や関わっている人によって態度を変えている人は、周りから疎まれる存在になってしまいがちです。なぜなら、相手には何の非もないため、いわれのない不当な扱いを受ける理由が見つからず、対処に困ってしまうからです。

職場では、気分屋で扱いづらい人だと認定されてしまっていると、仕事の遂行に差し障りが出る可能性があります。もし少しでも思い当たる節があれば、今すぐ改善の努力をすることをおすすめします。

5.相手の立場に立って考えられない

5つ目の人望がないと言われる原因は、相手の立場からものごとを見られないことです。同じ時に同じ体験をしたとしても、各々のバックグラウンドや経験、知識や能力によって感じ方は異なります。

そこに配慮できずに、自分のものさしで全てを測ってしまう人は、人望を失ってしまうでしょう。少し俯瞰して、さまざまな角度から見られる余裕を持つとよいかもしれませんね。

人望がないと感じたら試したいこと4選

今現在「自分は人望がないのかも……」と感じているからといって、絶望する必要はありません。人望を集めるために心掛けたいポイントを4つご紹介します。

人望がない

1.人間関係において損得勘定をしない
2.違う角度から状況を眺めてみる
3.自分の仕事をまっとうする
4.相手を信じて任せてみる

すぐに全てを完璧にするのは難しいかもしれませんが、できることを少しずつ改善していくことが大切です。

人間関係において損得勘定をしない

人間関係を築く上で、損得勘定をしないことはとても重要なポイントです。損得勘定とは、自分はこれだけのことをしてあげたのだから、きっと相応のリターンがあるだろうと考えて行動することです。

付き合う人を選ぶ際に、自分にメリットがある人とだけ交流しようとする態度も、人間関係で損得勘定しているといえるでしょう。見返りを求めず自分の軸を持って行動できれば、人望の厚い人に近づけるはずです。

違う角度から状況を眺めてみる

凝り固まった考えや、頑なな態度は人望を失うことに繋がってしまいます。何か行動を起こす前に、一呼吸おいて違う角度から状況を眺めてみると、その時自分が取るべき行動が見えてくる可能性があります。

いつも思い付きで行動する人より、少し時間がかかったとしても、正しい選択をしてくれる人のほうが好感を持たれるでしょう。柔軟な考え方が身に付けば、新しいことを学べる機会もグッと増えるはずです。

自分の仕事をまっとうする

いくら人間関係を良好に保てているとはいっても、果たすべき責任を放棄してしまっていては人望がある人とはいえません。自分に与えられた仕事や課題を確実にこなしていく態度は、何よりも信頼を勝ち得るために大切な要素です。

反対に、なかなかコミュニケーションが上手く取れずに悩んでいる時であっても、まずは自分の仕事に打ち込み成果を上げることで、状況が改善する場合もあります。焦らず目の前の問題に真摯に取り組む姿勢が、人望を高めるきっかけとなるでしょう。

相手を信じて任せてみる

人望のある人は、相手を信じて上手く仕事を任せられる傾向があります。自分がやった方が確実で早いからといって、全部を抱え込んでしまっては周りは手出しできません。

もちろん状況を適切に把握することは欠かせませんが、誰かを信じてあえて仕事を任せたり頼ったりすることで、その人自身の成長やあなたへの信頼獲得に繋がります。特にマネジメントをする立場の人は、気を付けてみると効果を感じられるかもしれませんね。

人望がない上司に困り果てた時の対処法

最後にもし職場に人望がない上司がいて、困ってしまった場合に知っておきたい対処法を2つご紹介します。

人望がない

1.深く関わらないようにする
2.基本の報連相を徹底する

仕事においては、全く人間関係の問題がない職場はないと考えたほうがよいでしょう。自分が快適な社会人生活を送れるように、取れる対策は事前にしておくのをおすすめします。

深く関わらないようにする

人望のない上司には、業務上の対応は適切に行い、それ以上は深く関わらないのが無難な対処法です。人望がない上司に出会ってしまった場合、上司本人が人望がない状態を改善しようと努力しているかは分かりません。

本人に改善の意思がない以上、問題は解決しないと考えられるため、必要最低限の接触で済ませておくとトラブルも避けられるでしょう。

基本の報連相を徹底する

人望がない上司だからといって、仕事上の必要なコミュニケーションまで避けてしまうと、後々トラブルが発生する可能性があります。

相談や報告がなかったという理由で責任問題に発展してしまうのを防ぐためにも、事前に報連相を心掛けるのは大切です。相手が適切な指示を与えてくれない上司の場合は、早め早めにこちらから指示を仰ぐとよいでしょう。

人望がないかもと不安になる前にできることから取り組もう

人望がある人とない人の違いは、他人のために行動できるか、誠実であるか、謙虚であるかの3点です。人望があると、周りの人から慕われ良きリーダーとして信頼されます。

人望がない

人望がないと言われてしまう原因には、自分本位な行動や誠実さの欠ける行動が関係しています。人望を失うことに繋がる行動を知っておくと、日々の生活の中でも気を付けられるはずです。

人望があるかどうか自信がなくても、信頼を得るために取り組めることは多くあります。人間関係の損得勘定をせずに、自分のやるべきことを一生懸命遂行し、他の人を思いやる気持ちを持てば、少しずつ人望を集められるでしょう。

職場で人望のない上司の酷い扱いに困っている場合は、ご紹介した対処法を実践して自分が快適に仕事ができる方法を模索してみてください。目の前の小さなことを継続すると、抱えている問題の解決の糸口が見えてくるかもしれません。

こちらの記事もおすすめ

【100人アンケート】「成功者」とはどんな人?成功者になるためにできることとは
人望が厚い人に共通する特徴とは?意識したい5つのポイントをご紹介

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事