Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.17

【器の大きい人】ってどんな人?診断で「器の大きい人」度をチェック

器の大きい人とは小さなことを気にせず、心が広い人のことをいいます。人の気持ちを尊重し、誰にでも平等に接します。また、すぐに怒ったり悲しんだりしません。この記事では、器の大きい人とはどのような人かを取り上げ、器の大きさがわかる診断もご紹介します。

Tags:

器の大きい人とは心が広い人のこと

器の大きい人(うつわのおおきいひと)とは、小さいことをいちいち気にせず、心が広い人のことです。滅多なことでは、怒りや悲しみなどの感情を表に出しません。いつも落ち着いており、人の気持ちを尊重します。

器の大きい人

器の小さい人との違いは、心に余裕があるということです。具体的にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

器の小さい人との違い

器の大きい人とそうでない人は、気持ちの余裕が違います。器の小さい人は強く見られたいと願いますが、器の大きい人はより強くあろうとするでしょう。

また、器が小さいと相手に同じ価値観を持つことを求めようとしますが、器の大きい人は違う価値観でも受け入れます。

器の小さい人は感情のコントロールが難しいのに対し、器の大きい人はいつも穏やかな状態を保っている点も大きな違いです。

器の大きい人の特徴

器の大きい人には、特徴がいくつかあります。心に余裕があるため「相手の気持ちを尊重できる」「他人の失敗は許す」といった点です。誰にでも平等に接し、感情的になることもありません。

器の大きい人

自分の言葉や行動に責任を持っているのも、器の大きい人の特徴です。ここでは、器の大きい人の6つの特徴についてご紹介します。

1.相手の気持ちを尊重できる

器の大きい人は相手が自分と違う価値観や意見を持っていても、その気持ちを尊重しています。自分の意見を押し付けず、受け入れる心の広さがあるのです。

自分の価値観が確立していて自信もあり、「他人に認めてもらいたい」という承認欲求がありません。価値観には多様性があることを認め、それらをすべて受け入れています。

2.自分の失敗を素直に認める

器の大きい人は、自分の失敗に言い訳をしません。失敗を素直に認め、反省します。失敗について分析し、同じことを繰り返さないように改善の努力をするのが器の大きい人の特徴です。

また、失敗により落ち込むこともありません。学びと捉え、次の機会に活かそうとします。自分の失敗を素直に認められるのは、自分のすべてを客観視し、受け入れることができているからです。

3.他人の失敗を許す

器の大きい人は「誰でも失敗することはある」と理解しているため、他人の失敗も許します。自分にも影響するような大きなミスをした人にも、相手を責めて責任を追及するようなことはしません。

反対に、どうして失敗してしまったのか一緒に考え、改善策を提案します。落ち込んでいる相手に対し、「大した失敗ではない」とフォローすることも忘れません。

4.誰にでも平等に接する

器の大きい人は誰にでも平等に接します。人によって態度を変えることはありません。他人を認め、尊重しているために、争うという感情がないからです。

誰かに対し敵意を抱くことはなく、特定の人だけ優遇する、依怙贔屓するということもありません。たとえ好き嫌いの感情があっても、それを表に出すことはないのが器の大きい人の特徴です。

5.自分の言葉や行動に責任を持っている

器の大きい人は自分の言葉や行動に責任を持ち、発言したことは実行に移します。発言に間違いがあればそれを認め、対処に努めるでしょう。

自分の行動で何か問題が起きた場合には、最後まで責任を持って解決に取り組みます。責任を誰かに押し付けることはありません。器の大きい人には常に、誰にも迷惑をかけずに行動するというスタンスがあります。

6.感情をコントロールできる

器の大きい人は感情のコントロールが上手で、いつも穏やかな状態を保っています。誰にでもうまくいかないことはありますが、何があっても怒りや悲しみなどの感情を露わにしません。トラブルが起きたときでも、感情的になることでは問題が解決しないことを知っています。

感情を出すよりも先にどう対処するかを考え、行動するのが器の大きい人の特徴です。

器の大きい人になる3つの方法

器の大きい人は誰からも好かれ、頼りにされるので、憧れる方も多いでしょう。器の大きい人になるには、自分についてより理解し、他人との違いを受け入れることが大切です。

器の大きい人

心に余裕のある状態を保つには、日頃からストレスを解消する方法を身につけるとよいでしょう。ここでは、器の大きい人になる3つの方法についてご紹介します。

1.自分について知る

器の大きい人になるには、まず自分を知ることから始めましょう。自分の器がどのくらいなのか、自分について分析してみます。次の事項をチェックしてみてください。

・誰にでも平等に接しているか
・他人の意見は素直に聞いているか
・トラブルが起きたときに冷静に対応できているか
・自分の失敗を認めることができるか
・物事を肯定的に考えられるか

肯定できない部分があれば、それを課題として取り組むようにするとよいでしょう。

2.自分と他人の違いを受け入れる

器の小さい人は、自分と異なる他人を受け入れることができません。違う価値観や意見を認められないのです。器の大きい人になるには、受け入れる範囲を大きくしていく必要があります。自分が何を受け入れられ、何を受け入れられないのかを紙に書き出してみましょう。

受け入れられないものでも、努力すれば受け入れられるものをチェックし、どうしたら受け入れることができるか考えます。思いついたことを実践に移し、受け入れられる物事を増やしていきましょう。

3.ストレスを解消する方法を見つける

ストレスが溜まりすぎると、心に余裕を持つことができません。結果、些細なことに対しても感情が出てしまうこともあります。器の大きい人になるには、いつも心を穏やかな状態に保つことが必要です。

自分なりのストレス発散方法を見つけ、少しでもストレスが溜まっていると感じたら解消に努めるとよいでしょう。穏やかな気持ちでいれば、周りにも寛容な態度で接することができます。

器の大きい人と言われる男性の特徴

器の大きい男性についても見ていきましょう。器が大きいと言われる男性は職場でも人望が厚く、男性からも女性からも好かれます。器の大きい男性は些細なことで怒ることはなく、他人への思いやりがあるのが特徴です。器の大きい人が上司なら、仕事もやりやすいでしょう。

器の大きい人

ここでは、器の大きい人と言われる男性の特徴についてご紹介します。

些細なことで怒らない

器の大きい人は、些細なことで怒りません。細かいことにこだわらず、いつも心が穏やかだからです。例えば、部下が同じ失敗をしても頭ごなしに怒ることはしません。失敗した理由を分析し、どうしたら失敗をなくせるか一緒に考えます。

また、器の大きい男性はいつもポジティブに物事を考え、笑顔を絶やさず、周りの雰囲気を良くしています。

自分の価値観を持っている

器の大きい男性は、自分のしっかりとした価値観を持っています。しかし、その価値観を他人に押し付けることはありません。器の小さい人は自分の価値観を相手にも求めますが、器の大きい男性はそのようなことがなく、柔軟に対応します。

いろいろな人の意見に耳を傾け、考え方の違いがあっても受け入れるのが特徴です。他人と自分の境界がわかっており、比較することもありません。

他人への思いやりがある

器の大きい男性は他人への思いやりがあるのも特徴です。性別や年齢、立場などは関係なく平等に思いやりがあり、人によって態度が違うことはありません。

特に女性や高齢者などに対してはドアを開けてあげるなど、紳士的な行動をとります。客としての立場になっても横柄な態度はとらず、店員が失敗しても寛容に接します。

診断で「器の大きい人」度をチェック

自分の器はどの程度なのか、気になる人もいるでしょう。「器の大きい人」度をチェックできる診断を用意しました。ぜひ、試してみてください。

器の大きい人

次の質問に、YESかNOで答え、数を計算してみましょう。

・計画が失敗したら次の機会はまた失敗しそうと思う
・いつも忠告してくる人とは距離を置きたい
・人のトラブルに巻き込まれたらイライラする
・コンプレックスはできるだけ隠したい
・人にからかわれるのは好きではない
・自分の意見に反論されたら、すかさず反論を返す
・友人になる人はほとんど価値観が同じ
・思っていたことと異なる展開はできるだけ避けたい
・いつも使う言葉には「しかし」「でも」が多い
・友人が成功したら、複雑な気持ちになる

【答えがすべてYES】

かなり器が小さい人です。感情をすぐに表したり、人の失敗を責めたりする場面が多いと、器の小さい人と周りに思われているかもしれません。器の大きい人になる方法をぜひチェックしてみてください。

【YESが7個以上】

器の大きい部分もありますが、受け入れられない部分も多く、器の小さいところが時々出てしまうタイプです。忙しいときやストレスがあるときなどに器が小さくなりがちなので、注意しましょう。

【YESが3個以下】

十分器の大きいタイプです。周りも器の大きい人と感じていて、人望も厚いでしょう。ただし、たまに忙しいときなどは余裕がなくなり、器が小さくなる瞬間もあります。そんなときでも、自覚して修正しようとする部分を持っています。

【YESがゼロ】

器の大きい人と、周りから認められているタイプです。自分でも器の大きいことを自覚していて、職場でも頼りにされているに違いありません。

器の大きい人になって信頼を得よう

器の大きい人は小さなことを気にせず、誰にでも平等に接する人です。感情を表に出さず、いつも穏やかにしています。自分の失敗を認め、他人の失敗は責めません。相手の意見や価値観を受け入れ、尊重します。

このように器の大きい人は周りから一目置かれ、信頼を獲得するでしょう。記事も参考に、ぜひ器の大きい人を目指してみてください。

器の大きい人

こちらの記事もおすすめ

【懐が深い人】の意味や特徴とは?“器が大きい„とどう違う?
「後悔しない生き方」をするためには?意識したいポイント・NG習慣を紹介

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事