Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.01.15

洗濯槽クリーナーのおすすめ【17選】酸素系・塩素系からドラム式対応商品まで

洗濯槽クリーナーは洗濯槽のお手入れに役立つアイテムです。洗濯をした衣類から嫌なニオイがしたり、洗ったはずなのに汚れが付いていたりといったトラブルを防いでくれるでしょう。洗濯槽クリーナーの正しい選び方や、タイプ別のおすすめ商品を紹介します。

Tags:

洗濯槽クリーナーの選び方は?

洗濯槽クリーナーにはさまざまなタイプがあるため、どのようなものを選んだらよいのか分からないという人は少なくありません。洗濯槽の汚れをきれいに落とすためにも、選び方のポイントを押さえておきましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方

(C) Shutterstock.com

自宅の洗濯機に適応しているか

洗濯槽クリーナーは、種類によって対応している洗濯機が異なります。縦型洗濯機はほとんどのクリーナーを使用できますが、ドラム式洗濯機の場合は注意が必要です。

縦型専用のクリーナーを誤ってドラム式に使ってしまうと、吹きこぼれたり汚れが詰まったりして、洗濯機の故障につながる可能性があります。特に酸素系のクリーナーは、ドラム式に対応していないことが多いので気を付けましょう。

購入する際は、必ず自宅の洗濯機に対応しているかどうかを確認することが大切です。

クリーナーの種類をチェック

洗濯槽クリーナーには、大きく分けて「酸素系」「塩素系」の2種類があります。洗浄力や汚れを落とす方法に違いがあるため、目的に合わせて使い分けると効果的です。

酸素系のクリーナーは、泡で洗濯槽の汚れを取り除きます。塩素系に比べると洗浄力は弱いものの、衣類や環境にやさしく、気軽に使えることがポイントです。ただし、使用できる洗濯機が限られているため、自宅の洗濯機に対応しているかを確認しましょう。

一方、塩素系のクリーナーは、目に見えない雑菌やカビを分解するほどの強い洗浄力を持っています。あまりお手入れをしていなかった洗濯槽でも、しっかり汚れを落とせるのがメリットです。ただし、適切な使い方をしないと衣類が傷んでしまうことがあるため、注意しましょう。

定期的に洗濯槽のお手入れをするなら酸素系、1回でしっかり汚れを落とすなら塩素系がおすすめです。

クリーナーの形状で選ぶ

洗濯槽クリーナーには、「粉末」「液体」など形状にも違いがあります。使い勝手が異なるため、好みに合わせて選びましょう。

粉末タイプは、時間をかけてしっかり汚れを落とせるのが特徴です。ただし、水に溶けるまで時間がかかるので、お手入れを短時間で済ませたい場合には向いていません。洗濯機を使用しない夜中などに、つけ置きをしておくとよいでしょう。

一方、手軽にお手入れをしたい場合は、サッと注ぐだけで使える液体タイプがおすすめです。大容量タイプから少量の使い切りタイプまであるため、お手入れの頻度に合わせて選びましょう。

サッと溶ける!液体タイプの酸素系クリーナー

水に溶けやすい液体タイプなら、お手入れの時間を短縮できます。衣類にやさしく、厚みのある汚れも落とせる酸素系クリーナーを見ていきましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 酸素系

(C) Shutterstock.com

UYEKI「洗たく槽カビトルデス」

酸素系成分がカビ汚れやニオイを剥がし取る、液体タイプのクリーナーです。持ちやすい「エアホールドパウチ」を採用し、洗濯槽に注ぎやすくなっています。

泡立ちのよい酸素系ですが、ドラム式洗濯機でも使えることが特徴です。洗濯槽の素材を選ばずに使用できるほか、11kgの大型洗濯機にも対応しています。

お手入れの目安は1~2カ月に1回です。ぬるま湯を使うと洗浄効果のアップが期待でき、入浴剤を入れた残り湯にも使えるため、水道代が節約できます。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 酸素系 カビ

商品名:UYEKI 洗たく槽カビトルデス

ロケット石鹸「液体酸素系洗たく槽クリーナー」

洗濯槽の裏側にこびり付いたカビや汚れを、発泡効果でしっかり落とす洗濯槽クリーナーです。くず取りネットを使うと、浮いた汚れを除去しやすくなるでしょう。

ステンレス槽とプラスチック槽の両方に対応しており、全タイプの洗濯機で利用できます。また、塩素系の成分を含んでいないので、ツンとしたニオイがないこともうれしいポイントです。

液体タイプなので溶け残りがなく、洗濯槽全体に洗浄成分が行き渡ります。汚れがひどい場合や一度もお手入れをしていない場合は、40℃程度のぬるま湯を使った洗浄がおすすめです。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 酸素系

商品名:ロケット石鹸 液体酸素系洗たく槽クリーナー

【カビ掃除の方法】を場所ごとに解説|掃除に使える洗剤や注意点も | Domani

汚れが浮く!粉末タイプの酸素系クリーナー

しつこい汚れをじっくりと時間をかけて落としたいなら、粉末タイプを使用しましょう。つけ置き洗いができる酸素系クリーナーを紹介します。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方  粉末 酸素系

(C) Shutterstock.com

宮崎化学「根こそぎ革命」

活性酸素の働きによって、つけ置き洗いに必要な時間をぐんと短縮できるクリーナーです。約20分で洗濯槽を洗浄できるため、時間がないときにも役立ちます。

また、せっけんやアルコールなどを配合しておらず、酵素と水の力で汚れを落とすため、手肌や衣類にやさしいこともポイントです。子どもがいる家庭でも気軽に使用できるでしょう。

風呂釜の掃除にも使えるほか、クリーナーの効果が4カ月間ほど持続するので、お手入れの手間も省けます。全タイプの洗濯機に対応していますが、運転途中に扉を開閉できないドラム式洗濯機や、海外製の洗濯機には使用できないため注意しましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方  粉末 酸素系

商品名:宮崎化学 根こそぎ革命

鈴木商工「Tolco 洗濯槽クリーナー」

原料の生産も製造も、全て国内で行っている大容量の洗濯槽クリーナーです。1回分の目安は250gで、汚れがひどい場合は倍量の500gと、状況に応じた使い分けができます。

たっぷりの泡が、洗濯槽の裏側に付いた見えない汚れを浮かせて落とします。使い方も簡単で、ぬるま湯に粉末を溶かして3~4時間ほど放置し、汚れを取り除いたら「標準モード」で運転すれば完了です。

また、ホタテの貝殻を粉末にしたホタテパウダーを配合しているため、消臭効果や抗菌効果も期待できます。初回お試しパックは使いやすい500gです。

商品名:鈴木商工 Tolco 洗濯槽クリーナー

シャボン玉石けん「洗たく槽クリーナー」

無添加粉せっけんが汚れの吸着力を弱め、酸素系漂白剤の発泡作用で汚れを浮き上がらせるクリーナーです。せっけんの効果を長続きさせる重曹も配合されています。

しつこい黒カビや汚れを取り除くほか、洗濯槽の嫌なニオイを解消してくれることもポイントです。粉末を入れて3~4時間ほど放置するつけ置きタイプなので、手軽に使用できます。

ドラム式洗濯機には使用できませんが、縦型洗濯機であればプラスチック槽・ステンレス槽のどちらも使用可能です。

商品名:シャボン玉石けん 洗たく槽クリーナー

殺菌効果も!液体タイプの塩素系クリーナー

塩素系クリーナーは、短時間でお手入れができる使いやすさと殺菌効果の高さが魅力です。細かい汚れをしっかり落としたい人におすすめの、塩素系クリーナーを見ていきましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 塩素系

(C) Shutterstock.com

レック「茂木和哉 洗濯槽クリーナー」

汚れ落とし研究家・茂木和哉が手がけた洗濯槽クリーナーです。長期間放置された黒カビや、しつこい汚れもすっきり落とせる強力な洗浄力を備えています。

1.8kgの大容量ですが、一度に全量を投入する使い切りタイプです。高濃度の塩素を配合したプロ仕様のアイテムなので、大掃除用として使ってもよいでしょう。

99.99%のカビ除去率で、生乾きのニオイの原因菌にも効果が期待できるアイテムです。ボトルは簡単につぶすことができるため、コンパクトにたたんで捨てられます。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 塩素系 レック 茂木

商品名:レック 茂木和哉 洗濯槽クリーナー

Johnson「洗たく槽カビキラー」

洗濯槽のカビや雑菌に浸透し、強力洗浄してくれる洗濯槽クリーナーです。縦型洗濯機だけでなく、ドラム式洗濯機での利用にも対応しています。塩素の力でカビを分解するため、使用後に汚れが浮いたり、ゴミが残ったりすることもありません。洗濯物に汚れが付かず、きれいに仕上がります。

また、独自の洗浄成分が配合されているので、つけ置きする必要がないこともうれしいポイントです。使用後は立てたまま保管ができるボトルタイプで、使い勝手にも優れています。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 塩素系 カビキラー

商品名:Johnson 洗たく槽カビキラー

ライオンケミカル「Pix 液体洗たく槽クリーナー」

防サビ成分の配合で、ステンレス槽にもやさしい洗濯槽クリーナーです。カビの胞子や雑菌をしっかり取り除き、目に見えない裏側の汚れも落としてくれます。

また、汚れの再付着を防ぐ効果があり、お手入れをした後も清潔な状態が長続きすることもメリットです。消臭にも効果が期待できるため、洗濯槽の嫌なニオイが気になる場合にも適しています。

ななめドラム式や二槽式など、豊富な機種に対応している汎用性の高さもポイントです。穴のないタイプの洗濯槽やプラスチック槽にも使用できます。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 液体 塩素系

商品名:ライオンケミカル Pix 液体洗たく槽クリーナー

手軽に使える!投入タイプのクリーナー

投入タイプは洗濯槽に入れるだけでよく、洗濯物と一緒に使うこともできます。簡単に洗濯槽のお手入れをしたい人におすすめの、投入タイプを見ていきましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 投入

(C) Shutterstock.com

清水産業「洗濯槽快」

ホタテの貝殻から作られた焼成カルシウムで洗浄する、天然素材の洗濯槽クリーナーです。付属のネットに粉末を入れ、洗濯物と一緒に回すと、洗濯槽に付着した黒カビや嫌なニオイを取り除いてくれます。焼成カルシウムの除菌作用で、カビや雑菌の繁殖を抑えられるほか、洗濯後も入れたままにしておけるので便利です。

1袋で約30回分の利用ができるため、コストパフォーマンスにも優れています。洗濯の回数が多い場合や、子ども・ペットがいる家庭におすすめです。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 投入

商品名:清水産業 洗濯槽快

フィールドアンドデバイス「衣類と洗濯槽のW除菌Ag+

銀イオンの力が部屋干しの生乾き臭や、洗濯槽のニオイを防いでくれるクリーナーです。1パックにつき約4カ月間の効果が期待できるため、3個セットで約1年間利用できます。

湿気が多い洗濯槽の中は、カビや雑菌などが発生しやすい環境です。銀系無機抗菌剤を入れっぱなしにしておけば、清潔な環境をキープできるでしょう。

洗濯槽の除菌はもちろん、一緒に入れた衣類もきれいになるので一石二鳥です。縦型とドラム式の両方で使用できるほか、ステンレス槽・プラスチック槽にも対応しています。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 投入

商品名:フィールドアンドデバイス 衣類と洗濯槽のW除菌Ag+

メーカー推奨!専用タイプのクリーナー

洗濯機メーカーからも、洗濯槽クリーナーが販売されていることをご存じでしょうか。それぞれの機種に対応した純正品のクリーナーを紹介します。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 専用 メーカー

(C)Shutterstock.com

パナソニック「洗濯槽クリーナーN-W1A」

プラスチック槽とステンレス槽の両方で使用できる、防食補助剤を配合した塩素系のクリーナーです。高濃度塩素成分で洗濯槽に付着したせっけんカスやカビを取り除けるほか、金属部品のサビも防いでくれます。

扱いやすい液体タイプで、パナソニック製品だけでなく、他のメーカーの縦型洗濯機にも利用可能です。ドラム式洗濯機専用のクリーナーもあるため、自宅の洗濯機に合わせて選択するとよいでしょう。

1回の洗浄で1.5Lのボトル1本を使うので、こまめにお手入れができない人や汚れをしっかり落としたい人におすすめです。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 専用 メーカー パナソニック Panasonic

商品名:パナソニック 洗濯槽クリーナーN-W1A

SHARP「洗濯槽クリーナー」

洗濯槽の裏側にこびり付いた黒カビを分解して、しっかり取り除く塩素系のクリーナーです。洗濯機に搭載された「槽洗浄モード」を利用すると、より効果的に掃除が行えるでしょう。槽洗浄モードがない場合は、クリーナーを入れて運転した後に6~12時間ほど放置して、汚れをしっかりと落としましょう。汚れが含まれた水を捨ててから、すすぎを行えば完了です。

カビや汚れが気になったときは、専用のアイテムを活用して汚れを除去することで洗濯機を衛生的に使用できます。プラスチック槽やステンレス槽といった、幅広い機種に利用できるのも大きなメリットです。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 専用 メーカー シャープ sharp

商品名:SHARP 洗濯槽クリーナー

日立「洗濯槽クリーナー SK-1500」

洗濯槽に付着したせっけんカスや、なかなか落ちない頑固な汚れをきれいに落とせる塩素系クリーナーです。腐食防止効果も期待できるため、定期的に使うことで洗濯機が長持ちするでしょう。

クリーナーを入れて槽洗浄コースで運転すると、洗濯槽にたまったカビを全体的に洗い落とせます。蓄積された洗剤やせっけんカスは、黒カビの原因にもなりかねないため、槽洗浄はなるべくこまめに行いましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 専用 メーカー 日立

商品名:日立 洗濯槽クリーナー SK-1500

ドラム式専用に作られた洗濯槽クリーナー

ドラム式洗濯機はデリケートな構造のため、対応していないクリーナーを使うと故障の原因にもなりかねません。安心して使えるドラム式専用クリーナーを紹介します。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 ドラム式

(C)Shutterstock.com

木村石鹸工業「洗濯槽の洗浄剤A(ドラム式洗濯機用)」

スタイリッシュなパッケージデザインが印象的な、粉末タイプの酸素系クリーナーです。1袋の容量は、約2回のお手入れが可能な130gで使い切りやすくなっています。

酵素の力で洗浄するため、衣類にやさしく、洗濯機にも負担をかけにくいのがうれしいポイントです。ドラム式の少ない水量でもしっかりと泡立ち、洗濯槽の裏側に付いた汚れを包みこんで剥がしてくれます。

また、消臭効果も期待できるので、洗濯物のニオイが気になる人にもおすすめです。計量スプーンが付属しているため、入れ過ぎたり粉がこぼれたりする心配もありません。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 ドラム式

商品名:木村石鹸工業 洗濯槽の洗浄剤A(ドラム式洗濯機用)

リベルタ「カビトルネードNeo 洗濯槽クリーナー ドラム式用」

粉末と液体の2種類を使用する、酸素系クリーナーです。界面活性剤やアルコールなどの成分が含まれていないため、子どもがいる家庭でも使用できるでしょう。

活性酸素の働きを利用した発泡力で、短時間でもカビや汚れをしっかり剥がす取ることが可能です。長時間のつけ置き洗いをする必要はなく、「標準コース」で脱水までまわせば洗浄が完了するので手軽に使用できます。

また、必要最低限に抑えた内容量で、溶け残りにくく詰まりにくいこともメリットです。消臭効果が期待できる抗菌剤を配合しているため、洗濯槽の中で雑菌が繁殖するのを防いでくれます。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 ドラム式

商品名:リベルタ カビトルネードNeo 洗濯槽クリーナー ドラム式用

タジマヤ「フィトンαドラム式洗濯槽クリーナー」

屋久島にある原生林をイメージして独自にブレンドした、植物精油「フィトンα」を配合しています。洗浄後には、森を思わせる爽やかな香りが楽しめるでしょう。フィトンαには消臭・除菌効果などが期待できるため、洗濯槽に嫌なニオイがこもってしまうのを防げます。酸素系の強力な発泡が汚れをしっかりと落とし、植物成分が菌の繁殖を抑制する機能的なアイテムです。

また、せっけん成分を活性剤に使用することで、優れた生分解性を発揮し、環境にも配慮しています。クリーナーに使われている成分や、使い心地のよさを重視する人におすすめです。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 ドラム式

商品名:タジマヤ フィトンαドラム式洗濯槽クリーナー

アイメディア「洗濯槽カビおちーる NEO」

繊細な構造のドラム式洗濯機に対応した、液体タイプのクリーナーです。少ない水量でもたっぷり泡立つため、洗濯槽の裏側の汚れも効果的に除去できます。

従来の製品より酵素の力がアップしており、カビや汚れをしっかり分解してくれることが特徴です。非塩素系なので、衣類にも負担がかかりにくくなっています。

不要なタオルを入れて10分運転すると、洗濯槽の汚れがタオルに付着するので、掃除が簡単です。汚れを防止するためにも、1~2カ月に1回程度の定期的なお手入れを行いましょう。

洗濯槽 クリーナー おすすめ 人気 選び方 ドラム式

商品名:アイメディア 洗濯槽カビおちーる NEO

 

こちらの記事もたくさん読まれています

衣類が黒ずむ原因、それ洗濯槽の汚れのせいかも。 洗濯機をきれいに保つ簡単テクニック
【洗濯槽の掃除方法】おすすめのクリーナーは?汚れやカビを付きにくくするには?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事