Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEエンタメ

2022.02.09

「声優はずっと叶えたかった〝もうひとつの夢〟でした」声優・七海ひろきさんスペシャルインタビューvol.02

忙しい毎日を送る女性たちに癒しを! 頑張るワーキングウーマンたちにご褒美を! 大人の女性誌による、大人の女性のための、大人の人気声優に特化したインタビュー連載『女は耳から恋をする』#耳恋。今回のゲストは、俳優・アーティストとしても活躍中の七海ひろきさん。宝塚歌劇団出身で舞台俳優として長い経歴を持っている七海さんですが、声優としてはまだ駆け出しの新人。声優の仕事に興味を持ったきっかけから今後の目標まで、〝声優〟に対するアレコレをたくさん教えていただきました!

Tags:

写真集『〝Unknown〟Emotional-Time』も大好評! 七海ひろきさんが語る、声優への想い

仕事に、家事に、育児に…毎日頑張っている働く女性を癒すご褒美を…! そんな想いからスタートした、WEB Domaniによる人気声優の皆さんへのインタビュー連載『女は耳から恋をする』。通称〝耳恋〟は、昨年から女性誌『Oggi』とのコラボが始まりパワーアップ! 撮り下ろしポートレートやインタビューの内容を、WEB DomaniとOggi本誌の両媒体で展開しています。

さて、現在発売中のOggi3月号と連動してお迎えした今回のゲストは、俳優やアーティストとしても活躍中の七海ひろきさん。先日は女性誌『CanCam』での人気連載をもとにした写真集『〝Unknown〟Emotional-Time』を発売するなど、そのチャレンジは実に多岐にわたります。「変わらないために、変わり続けていく」という想いを胸に、常に新たな道を拓き続けている七海さんですが、その道のひとつが〝声優〟。写真集への想いを語っていただいたvol.1から話題を変えて、今回は「もっともっと成長したい」と熱く語る声優のお仕事についてうかがいました。

「声優はずっと叶えたかった〝もうひとつの夢〟でした」

ご存知の方も多いとは思いますが、2019年3月まで宝塚歌劇団で男役スターとして活躍されていた七海さん。「声優の仕事は、ずっと叶えたいと思っていた〝もうひとつの夢〟でした」と〝ふたつの夢〟を抱きはじめた頃のことを振り返ってくださいました。

「昔からアニメが大好きだったんです。『セーラームーン』も熱心に観ていたのですが、その最終回にとても感動して…。それが「声優ってすごい。こんなお仕事があるんだ」と思い始めたきっかけ。そこで声優の仕事に興味を持って、いろいろな作品を観るようになって…そして出会ったんですよね、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』に」

と声優への想いの変化について続けます。


▲【WEB Domaniだけの限定カットを公開!】vol.1に引き続き、撮り下ろしポートレートとともにインタビューをお届けします!  今回はメガネカットをお楽しみください♡


「TVアニメで主役の緋村剣心を演じていらっしゃったのが、元月組トップスターの涼風真世さんだったんです。運命というべきなんでしょうか、『るろ剣』のアニメシリーズがはじまったころ、宝塚の世界にも出会い、大きな憧れを抱くようになりました。宝塚をめざすきっかけになったのが、こちらも元月組トップスターである天海祐希さんの舞台。さらに付け加えると、涼風さんは天海さんのひとつ前の月組トップスターさんでした。「宝塚出身の方が、こうして声優のお仕事をされることもあるんだ…!」と『るろ剣』を観て衝撃を受け、〝宝塚〟と〝声優〟のふたつの世界への意識がより強くなったことを憶えています」

ふたつの夢を抱いた昔の自分を思い出しながら、「そのどちらにも『なりたい!』という想いを持っていたんですけど……えっと、実は、正直なことを言うと…」と区切って、こう一言。

「宝塚は受験するのに年齢制限があるので、まずは先に宝塚を目指そうと決めたんです」

そう、実はとても現実的だった子供のころの〝夢の選択〟。そこから見事に夢を叶え、宝塚歌劇団へ入団。宙組から星組へと組替えも経験しながら、多くの作品や役に出会い、16年間にわたって憧れの世界を生きていきます。

「「いつかは…」と、声優への想いもそっと温めて続けていました。するとなんたる偶然か、在団中に声優のお仕事をさせていただく機会に恵まれて。アフレコでは舞台での演技との違いに大きな衝撃を受け、同時にその違いの面白さに心動かされました。「いつかは…」という憧れが、よりリアルな挑戦心へと変化した出来事でしたね」

1 2 3
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事