Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYアンチエイジング

2022.03.27

【皮膚科医・山崎まいこ先生監修】「マスクしもぶくれ」が気になる人は、あのフルーツを取り入れて!

マスク生活による顔のしもぶくれが気になる人は、スーパーでも手軽に買えるあのフルーツをぜひ食べて! その理由を、皮膚科医の山崎まいこ先生に聞きました。

Text:
keiko kido
Tags:

長引くマスク生活で顔の「むくみ」や「たるみ」に悩む女性が急増!

前回の記事で、いつもマスクをしていたり人と会って話をする機会が減ることで、顔の表情筋が衰えてしまい、その結果、顔がむくみやすくなることがわかりました。さらに、水分は重力によって下に落ちるため、しもぶくれにも! 今回は、そんな「マスクしもぶくれ」を防ぐのにおすすめのフルーツを山崎まいこ先生に教えていただきます。

前回の記事▶︎▶︎【皮膚科医・山崎まいこ先生監修】40代の美容悩みを解決!「マスクしもぶくれ」ってなに!?

レモンポリフェノール「レモンヘスペリジン」が顔のむくみを改善

「むくみを内側から解消する1つの方法として、レモンヘスペリジンが注目されていま す。レモンに含まれるポリフェノールのレモンヘスペリジンは、血管を広げる物質の 産生増加、腎臓の体液調節を整える機能へ働きかけることがわかっています。最近の研究では、レモンヘスペリジンが顔のむくみを改善することもわかりました」(山崎先生)

サッポロホールディングス株式会社の研究※2によると、レモンヘスペリジンの摂取によって実際に顔のむくみが軽減することがわかったそう。むくみが気になる健康な男女を対象に、レモン由来酵素処理ヘスペリジン400mgを含む健康食品を2週間夕食後に摂取してもらったところ、朝の顔のむくみと、目の周りのむくみが改善されたという研究結果も。「目の周りは皮膚が薄くて毛細血管がもろく、細胞からしみ出た水分の吸収が遅くなりやすいため、むくみが目立ちやすい場所です。朝は重力の関係で顔がむくみやすく、目の周りのたるみも感じやすくなります」(山崎先生)特にむくみを感じやすい目の周りで改善を見られたという結果を見ると、なんだか期待できそうですね!

レモンヘスペリジンがむくみの解消に導くメカニズムとは?

「むくみとは、細胞と細胞の間にある細胞間質に水分が溜まること。毛細血管の血流がよいと、動脈側の毛細血管から水分が間質へ移行し、静脈側の 血管から水分が吸収されます。しかし、毛細血管の血流が低下すると、血管内の圧力バランスが悪くなり、水分が吸収されず、むくみの原因になってしまいます」(山崎先生)

「レモンヘスペリジンは血管を拡張する物質NO(一酸化窒素)が血管内皮細胞から分泌するのを促し、血流促進に働きます。さらに活性酸素を抑えて、 NOの分解を防ぎます。また、体液量はNa+(ナトリウムイオン)の量によって変り、Na+が増えれば 体液も増えますが、その調整は腎臓が行っているんです。レモンヘスペリジンは、 Na+が間質に移行する働きを抑制し、水分の貯留も防いでくれます」(山崎先生)

※サッポロホールディングス(株)先行研究による

レモンは皮ごと! 健康効果の高い成分を逃さない「丸ごとレモン」がおすすめ

レモンの皮には、レモンヘスペリジンをはじめ、健康効果の高い成分が多く含まれているそう。普段は捨ててしまいがちな皮の部分ですが、むくみをはじめ健康のためには、レモンをまるごと使った料理がよいそうです。「私はレモンのスライスをハチミツ漬けにして食べています。レモンに含まれるビタミンCはコラーゲンの生成に働きますので、むくみよる肌荒れやしわを気にしている方は、レモンを生で食べると更なる効果が期待できますよ」(山崎先生)

生で食べにくい場合は、料理に加えたり、ジャムなどにしていつでも食べられるように保存しておくのもいいですね。次回は、山崎先生がよく食べているという「ハチミツレモン漬け」に加え、レモンを丸ごと食べられるレシピをご紹介します!

※2)サッポロホールディングス株式会社「健常な日本人男女を対象としたレモン由来酵素処理ヘスペリジンによる顔のむくみ低減効果の検証 ―ランダム化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー比較試験―」 【方法】日頃、顔のむくみが気になる日本人成人男女88名を対象に、ランダム化プラセボ対照二重盲検クロス オーバー試験を実施。半数には試験食品を、半数にはプラセボ食品を 2週間連続摂取してもらい、摂取前と摂取 2 週間後の顔のむくみに関する自覚症状VAS法、画像による肌状態や顔の体積、下腿体積およびふくらはぎ周囲径などを評価。

画像ALT
まいこ ホリスティック スキン クリニック 院長

山崎まいこ

皮膚科医。勤務医として形成外科医、皮膚科医、美容皮膚科医として務め、2017年東京・代官山にクリニックを開業。ホリスティックな視点から、外側の治療だけでなく、身体の内側、腸内の健康、心のあり方までサポートし、真の健康と美しさを追求している。オーダーメイドで患者に寄り添う医療には定評があり、各界著名人やビューティー関係者からの信頼も厚い。さまざまなアイテムの揃うECサイト「まいこホリスティックオンライン」の監修も務める。
まいこ ホリスティック スキン クリニック

あわせて読みたい

皮膚科医・山埼まいこ先生監修】40代の肌悩みを解決!3月は肌トラブルを感じやすい時期!? その理由とは?
【皮膚科医・山崎まいこ先生監修】肌トラブルの多い春先におすすめの「攻め系スキンケア」はこれ!
いちご鼻の原因と改善方法。気になる黒ずみ毛穴のケア方法を解説【皮膚科医伝授】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事