美白におすすめの食べ物って?食事の見直しでカラダの中から美白ケア! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYスキンケア

2021.06.21

美白効果の高い食べ物って?カラダの中から美白ケアができる方法をご紹介

透き通るような美白の肌って憧れますよね。UVケアやスキンケアだけでなく、食べ物の栄養素からも美肌を目指すことができるんです。そこで今回は、美白に期待できる食べ物や栄養素をご紹介します。積極的に取り入れて身体の中から透明感をアップさせて!

Tags:

【目次】
美白を目指すなら食べ物を見直して
バランスの良い食事が美肌につながる
美肌のために積極的に摂りたい栄養素
美白はサプリメントでサポートする手段も

美白を目指すなら食べ物を見直して

 

肌の状態を大きく左右する日々の食生活。できることなら体の内側からも錆びにくい肌づくりを心がけたいものですよね。

トマト・パプリカなど色の鮮やかな野菜、そして “アスタキサンチン” が豊富に含まれるエビ・鮭・いくらなど赤い海の食材には強力な抗酸化作用が。その中でも特に抗酸化力が密集しているのが、常に空気 (酸素) に触れている野菜の皮の部分。

また、黒豆・黒キクラゲ・ひじきなど色が黒い食材にも肌を錆びさせない働きがあり、アンチエイジングにも◎。肌力の底上げには、ターンオーバーを正常化して、血液のめぐりを整えてくれるハトムギ茶もよいのだそう!

バランスの良い食事が美肌につながる

 

バランスのよい食事が健康な肌につながります。肌のことを考えた場合、特に積極的に取りたいのは、次の栄養素を含む食材です。

・タンパク質
・ビタミンA
・ビタミンC

まずタンパク質は肌の栄養源になるといわれています。肉や魚、乳製品のほか大豆製品に多く含まれます。またビタミンAは皮膚や粘膜の状態を良好に保つのに有益とされます。たくさん取るなら、ホウレン草がおすすめです。特に、冬のホウレン草は栄養価が高いといわれます。

さらに、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える効果が期待できるといわれる栄養素です。メラニン色素によるくすみが気になる人は、ぜひ積極的に取りましょう。食材としては、加熱しても栄養素が壊れにくいピーマンがおすすめです。

また、これらの栄養素をまんべんなく含む食材には、スーパーフードとしても注目されるナッツがあり、種類によりますが1日10粒ほどを目安に摂取すると効果的です。

美肌のために積極的に摂りたい栄養素

肉や魚などの動物性タンパク質は、肌の潤いを保つ細胞間脂質やハリを高めるコラーゲン、セラミドの原料となる必要なもの。

ですが、肉食ばかりの食生活では腸内環境が乱れ、吹き出物など肌トラブルを招きます。筋トレ中で肉ばかりを食べていて『ある日突然、肌にブツブツができた』と驚かれる人もいますが、肉食続きで腸内環境が乱れてしまったためです。また、逆に野菜ばかりの食事では、コラーゲンやセラミドなどを肌が作れずに乾燥などの肌あれに直結します。

健康で美しい肌のためには偏った食事をせず、野菜、肉、魚、海藻、穀物などできるだけいろいろな食材を摂りしましょう。(まいこ ホリスティック スキン クリニック 院長・山崎まいこ先生)

肌あれなど元気がないときに摂りたい「美肌栄養素」

ビタミンA
肌のバリア機能をサポートする働きがあります。緑黄色野菜に多く含まれますが、効率よく吸収させるには動物性食材も必要。赤身肉やうなぎに多く含まれます。

亜鉛
意外と見落としがちな栄養素ですが、肌の潤いのカギとなる重要な成分。牡蠣や煮干し、レバーなどの動物性食品や、わかめや海苔などの海藻に多く含まれています。

鉄分
女性は不足している人が多く、鉄分が足りないと皮膚炎が起きやすくなります。レバーに多いのは一般的ですが、おすすめはビーツ。鉄分はもちろん、トータルで栄養価が高く「飲む輸血」と言われるほど。

オメガ3脂肪酸
くるみやアマニ油などに含まれるオメガ3脂肪酸。ダイエット食材の印象が強いですが、じつは花粉症などのアレルギーによる炎症を抑える働きがあります。ブリ、サバ、サンマなどの青魚の脂にも多く含まれます。

美白はサプリメントでサポートする手段も

ポーラ ホワイトショット インナーロック タブレット IXS

色ムラの原因となるメラニンキャップを分解する肌本来の機能を高め、からだの中から透明感を引き出すサプリメント。さらに、ポーラオリジナル複合原料の「ベイベリーバークS」がメラノサイトの移動を活発化させ、肌色を均一に整えるよう働きかけます。1日2粒を目安に服用し続けることで、今までとは見違えるほどの明るさを肌全体にもたらします。

ポーラ ホワイトショット インナーロック タブレット IXS

効果・効能

“YACエキス”は、厳選したヨモギから独自製法を用いて有用成分を高濃度に抽出した、ポーラオリジナル原料。黄ぐすみの原因物質となる“AGEs”(*1)の除去機能があります。また、“メロングリソディン”が、“メラニンキャップ”(*2)を分解するセルフクリア機能(*3)を高めるように働きかけます。

(*1)タンパク質と糖が結びつく糖化反応によって生成される最終生成物(糖化産物)です。加齢や紫外線などの影響により、肌に蓄積されていきます。
(*2)細胞が紫外線から核を守るために核を覆うメラニンの塊
(*3)ポーラが名付けた名称。表皮細胞内のメラニンキャップを分解する肌が本来持つ機能

国のお墨付き! シミ・そばかすに効く「トランシーノ」

国のお墨付き! シミ・そばかすに効く「トランシーノ」

シミへの効果を国から認められた医薬品、それが、第一三共ヘルスケアの「トランシーノ ホワイトCクリア」。シミにもいくつか種類がありますが、紫外線によってできる老人性色素斑、化粧品による炎症後などにできる炎症後色素沈着、そして遺伝などでできるそばかす、これらすべてを薄くする効果があるといえる、いわばシミの総合薬みたいなもの。

最大量配合されている「L-システイン」には、シミの元となるメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、体外への排出を促す作用も。つまりできてしまったシミにも新しいシミにも働きかけてくれるのです。

また、食事からだけ摂取しようとすると意外と大変な「ビタミンC」も1000㎎配合。レモン1個分あたりの「ビタミンC」は約20mgといわれていますから、ここは是非サプリにも頼りたいところ。先日美容皮膚科の先生に取材したとき、「ビタミンC」は1日に最低2,000mg!と言われて、正直「無理!」と思ったのですが、錠剤なら簡単!とにもかくにも、製薬会社だからこそのパワフルなお薬なのです。

ファンケル  ホワイトフォース

国のお墨付き! シミ・そばかすに効く「トランシーノ」

「黒色メラニン」と「肌色メラニン」という2つのメラニンのバランスによって決まっている私たちの肌の色。肌の白さをキープするほうの「肌色メラニン」は年齢と共に減ってしまい、放っておくと「黒色メラニン」の勝ち…! なんてことにもなりかねないんです。そうならないようファンケルが見つけたのが、「肌色メラニン」を応援する美白成分「ヒドロキシチロソール」。これをいわゆる “体の素” であるアミノ酸「L-シスチン」と組み合わせものが、この「ホワイトフォース」の主役成分です。

その他にも、肌をつやつやに保ってくれる「ハス胚芽エキス」や、ザ・美肌成分の「ビタミンC」、そして同じく美白にもたるみにも効果が認められている万能成分「ナイアシン」などの若さの秘訣をここぞとばかりに配合。いくつになっても前向きな気持ちで過ごしたいし、鏡を見て落ち込むなんていうことはしたくない。そのための投資が1日¥72なら、すぐにでも取り入れたい!

資生堂 ピュアホワイト

国のお墨付き! シミ・そばかすに効く「トランシーノ」

人の体と自然界と食べ物は強く結びついていて、生活環境や食べ物次第で、私たちの体は良くも悪くもなるということ。そんな薬膳の世界でも取り入れられる美容成分が多く配合されているのが資生堂の「ピュアホワイト」。

中でも注目は、高い抗酸化作用がある「枸杞の実」。杏仁豆腐の上にのっていたり、スープに散らばされていたり、中華料理では口にすることも多い小さな赤い果実ですが、中医薬膳学の世界では老化防止の食材として知られていて、めまい、ふらつきや目の疲れにもよいとされているスーパーフルーツ。

他にも、鮮やかなオレンジ色の実をしていて、次世代のビタミンEともいわれるトコトリエノールを豊富に含んだアブラヤシのオイルや美容パワーで近年さらなる注目を集めるハトムギエキス、それにポリフェノールたっぷりの菊花エキスも。ギュッと凝縮された食薬のパワーで健康維持し続けたい方におすすめの美白サプリです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事