まだへそくりは、平成のまま!? 知らないと損する【令和時代の新へそくり三分法】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2019.05.16

まだへそくりは、平成のまま!? 知らないと損する【令和時代の新へそくり三分法】

メークやファッションと同じように「お金」も進化する!?女性の人生をサポートしてくれる「へそくり」の作り方をプロに聞きました。

Tags:

メークやファッションは最新なのに、マネーだけ平成?

リキッドファンデーションが毎年進化を遂げ、よりカバー力を増しより素肌に近くなっているのと同じように、「お金」も進化しています。特に、平成の終わりから新元号である「令和」にかけてのお金の進化についていかないのは、安室ちゃんの細眉をいまだにしているようなものです。

どんな人生も乗りきるために!!

女の人生何があるかわかりません。順風満帆にいったとしても、2人に1人は90歳のバースデーを迎える時代、お金の寿命が先につきないようにする必要があります。

昭和時代は、夫からもらった給料をやりくりし、残ったお金を貯めるのが良しとされていました。だまっていても金利が7%の定期預金があったので10年ちょっとで貯めたお金は2倍になったのです! ところが、ゼロ金利が続く平成も終わった今、10億円の宝くじに当たっても、普通預金の利息は、7,969円。居酒屋で、3000円の焼き鳥とビールを2人におごったら自分は自腹です。

節約、やりくりだけで自分の生活が守れる時代は終わっているのです。

誰でもできる「新へそくり三分法」

さあ気を取り直して!女の人生をやさしくサポートしてくれる「へそくり」を準備しましょう。

「へそくりニスト」として平成時代に数々のテレビ番組で紹介された私も、タンスの裏に隠すなんて、古い手はもう使っておりません。新へそくりのお作法は、へそくりを3つに分けるところから始めます。

STEP1:1年以内に使うお金
普通預金、電子マネー、スマホ決済アプリ

すぐに使うお金は、へそくり用の別口座や、電子マネー、使うと得をするウォレットに入れておきましょう。電子マネーは皆さんがすでに使っている、WAON、nanaco、Suica、PASMOなど。どこからチャージするとお得か調べましょう。

スマホで決済できるアプリとは、100億円キャンペーンで話題になったPayPayや、LINE Payなどです。多くのアプリは、事前にお金をアプリに銀行口座やATM、クレジットカードなどからチャージします。アプリをダウンロードしただけで500円、使ったお金に対して、2%から20%まで戻ってくるサービスや、特定のお店で半額になるサービスなど各社ポイント、優待合戦が繰り広げられています。現金をそのまま使うなんてもったいないです。

SETEP2:5年~10年以内に使うお金
定期預金、ポイント投資、おつり投資、ロボアドバイザー投資

5年から10年以内に使う予定があるお金は、元本保証の定期預金と、気軽に始められる投資でへそくりアップを目指します。ポイント投資とは、セゾンカードやNTTドコモのポイント、Pontaポイントを株や投資信託の値動きと連動させて増やす投資法。もともと、自分のお金ではなくポイントなので元手なしで始められます。

トラノコなどのおつり投資は、クレジットカードの支払いの際、あらかじめ決めておいたきりのいい金額との差額を、ひと月まとめて銀行口座から引き落とし投資に回します。少額からチャレンジしたい人向きです。

ロボアドバイザー投資は、投資をしたいけど、何を買えばいいのかわからない人向けのサービスです。年齢や、年収、貯蓄額などを入力するだけで、投資が始められます。ダウンタウンの松本人志さんのCMでおなじみのFOLIO(フォリオ)が提供する、「おまかせ投資」は、世界中に分散投資でき、価格が上昇した時も下落した時もリバランスというメンテナンスも全てやってくれるので、枕を高くして眠れ、忙しい人にぴったりです。

なおこのFOLIOには、例えば、美容は好きで詳しいけど、どの会社の株を買ったらいいかわからないという人向けに、プロが10社選んでくれるサービス「テーマ投資」もあります。「アンチエイジング」というテーマは、ここ3年で+37.5%、「メンズコスメ」のテーマは、ここ3年で+63.6%になっているので見逃せません。(2019年5月13日現在)

STEP3:10年以上~老後
つみたてNISA、iDeCo

老後に向けてのへそくりは、まとまったお金を、一気に投資するのではなく、コツコツとつみたてましょう。つみたてNISAは、金融庁が厳しい目で選んだコストの安い投資信託が用意されています。年間40万円と上限はありますが、投資デビューにはぴったりです。

もし、さらにお金に余裕があれば、iDeCoも検討しましょう。60歳まで下ろせませんが、積み立てたお金が毎年、所得控除され受け取る時も税制の優遇があります。

投資は、勉強してからやるもの、まとまったお金が必要というのは昭和時代の話です。来たる令和時代は、金融機関に行かなくても、家でお茶をしながらスマホで投資デビューできる時代です。美容の情報だけでなく、将来もきれいな私でいられるようにお金の情報もアップデートしておきましょう。

▶︎FOLIO

ファイナンシャルプランナー

山口京子

家計管理から投資まで最得を伝える専門家。プライベートでは、マイホーム購入後2年でローン完済費用を貯める。結婚10年目でアラフォー出産した、中学生男子の母。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事