キウイがお腹にいいって知ってる?5分で完成!「食べる点滴」ソルティキウイの作り方 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE時短でおいしい「おうちごはん」

2019.07.01

キウイがお腹にいいって知ってる?5分で完成!「食べる点滴」ソルティキウイの作り方

夏といえば、冷房の風やうだるような暑さでお腹の調子を崩しがち。そこで、塩を加えると、”食べる点滴”とも呼ばれるキウイのパワーで、カラダの中からきれいになりませんか?ひと手間加えるだけでおいしさと栄養アップの簡単なアレンジレシピをご紹介します!

Tags:

キウイがお腹にいいって知ってた?


爽やかな酸味とジューシーさがおいしい「キウイフルーツ」。なんとなく”美容によさそう”というイメージを持つ方も多いと思いますが、キウイには私たちの腸内環境を整えてくれる、とってもうれしいパワーが秘められているんです。

”食物繊維のバランス”がおなかのキレイの鍵だった!

お通じを改善するために大切な成分としてよく知られている「食物繊維」。実は、食物繊維には2つの種類があるんだとか。

1つは、穀類や野菜に多く含まれている「不溶性食物繊維」。水に溶けないので、胃や腸の中で水分を吸収して大きく膨らみ、腸の動きを活発化してくれます。もう1つが、昆布やわかめ、こんにゃくに多く含まれる「水溶性食物繊維」。腸内で分解されると善玉菌を増やして、整腸効果をもたらしてくれます。この2つが上手にはたらくことで、お腹のキレイは保たれるんですね!

つまり、お腹の中からキレイになるためには、2種類の食物繊維の”バランス”が重要というわけです。黄金バランスは、「不溶性:水溶性 2:1」だそう。ですが、食物繊維が豊富といわれている食べ物のほとんどは、不溶性食物繊維の割合が多いんだそう。そんな中、水溶性食物繊維をバランス良く含む代表選手と言われているのが「キウイ フルーツ」!キウイの食物繊維は、特にお通じの改善にぴったりなんですね。

夏バテ予防もバッチリ!ちょっとしたおもてなしにも使える”ソルティキウイ”

もちろん、そのまま食べてもおいしいキウイですが、ほんの一手間でさらに栄養たっぷりな、簡単おいしいスイーツに大変身!見た目も涼しげでおもてなしにもぴったりの、これからの暑さ厳しい夏に試したいアレンジレシピをご紹介します!

【材料/1人分】

・グリーンキウイ:1個
・塩:0.5グラム
・はちみつ:大さじ1/2
・炭酸水:100cc
・ミント:お好みで

【作り方】

(1)皮をむいたグリーンキウイをカットしてスライドジッパータイプの袋に入れ、グリーンキウイの実をすり潰すように手で揉む
(2)塩、はちみつを入れてさらに揉み込み、炭酸水を注いで混ぜる
(3)袋からグラスに移してできあがり。お好みでミントなどのハーブを加えるとさっぱりした味わいに。


*グラスのふちに塩をつけると、おしゃれなカクテル、ソルティドッグ風にアレンジすることもできておすすめですよ。

炭酸水が胃腸を刺激するので食欲が低下しがちな夏にもぴったり!また、はちみつに含まれるオリゴ糖には、乱れがちなお腹の調子を整える効果が期待できますよ。そして、キウイにたっぷり含まれるクエン酸は疲労回復効果、ビタミンCは紫外線などからの抗酸化作用があるという、ワーママ世代にうれしい美容成分たっぷりの、まさに”食べる点滴”の魅力がぎゅっと詰まってるんです♡

これからの夏、みずみずしくて栄養たっぷりなキウイの力を借りながら、カラダの中からきれいを目指しましょう!

レシピ考案:管理栄養士・(株)エミッシュ代表取締役  柴田真希

情報提供:ゼスプリ

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事