【洗濯機】のおすすめは? 洗濯機を購入する前にチェックするべきこと | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE大人の暮らし上手

2019.09.19

【洗濯機】のおすすめは? 洗濯機を購入する前にチェックするべきこと

「洗濯機を買い替えたいけれど、種類や機能が豊富すぎて、どれを選べばよいのか分からない…」と悩んでいませんか?洗濯機の種類や選ぶ際のポイント、おすすめのメーカー、縦型とドラム式それぞれの人気の洗濯機を知り、理想の洗濯機を手に入れましょう。

【目次】
まずは洗濯機のキホンを知ろう
洗濯機を購入する前のチェック項目
洗濯機のおすすめメーカー
縦型洗濯機のおすすめ3選
ドラム式洗濯機のおすすめ3選

まずは洗濯機のキホンを知ろう

洗濯機には、縦型とドラム式があります。それぞれの違いを知り、どちらが自分の希望やライフスタイルに合うのかが分かると、洗濯機選びもしやすいでしょう。

(C)Shutterstock.com

縦型とドラム式の違いとは

縦型とドラム式の洗濯機では、「洗浄方法」が異なります。縦型は、衣類をかく拌して洗う「もみ洗い」で、ドラム式は、衣類を上下にたたきつけて洗う「たたき洗い」です。

縦型のメリットは、頑固な泥汚れに強いことや、たくさんの衣類を一気に洗える点です。一方、ドラム式は、落ちにくい油汚れに強いことや、少量の水で洗濯が可能なので節水に繋がる点がメリットです。

また、縦型とドラム式では、「乾燥方式」も異なります。縦型はドライヤーのように熱風が吹き出る「ヒーター乾燥方式」です。一方、ドラム式は、内部の熱を循環させる「ヒートポンプ方式」です。一般的に、縦型は、ドラム式より乾燥に時間がかかるため、頻繁に乾燥機を使う場合は、電気代に差が出るという点に注意しましょう。

洗濯機を購入する前のチェック項目

洗濯機は日々進化しており、機能やサイズ、デザインなども多種多様です。洗濯機を選ぶ際に着目すべき大切なポイントを紹介します。

(C)Shutterstock.com

洗浄力や機能性

洗濯機は、衣類などに付着した汚れをきれいに落とすことが基本的な役割のため、やはり「洗浄力」は、外せない重要なポイントです。

各メーカーも、洗浄力を高めるテクノロジーの開発に力を入れており、多くの泡で汚れを落とす「泡洗浄」、温水で頑固な汚れを取り除く「温水洗い」、押す・叩く・揉むを組み合わせた「ナイアガラ ビート洗浄」、汚れを吹き飛ばす「マイクロ高圧洗浄」など、さまざまな洗浄方式を採用しています。

また、AI機能・予約タイマー・自動掃除機能・自動投入機能・スマホ連動機能など、洗濯をより快適にする便利な機能がたくさんあります。自分の望む機能がしっかり搭載しているかどうかも大切なチェックポイントです。

サイズやデザイン性

特に、サイズ豊富な縦型を選ぶ際は、各家庭に合う洗濯容量の物を選ぶことが大切です。例えば、一人暮らしなのに大容量タイプを選んでしまうと、水道代や電気代がかさみますし、逆に大家族なのに小容量タイプを選んでしまうと、何度も洗濯をしなければならず不便でしょう。

洗濯機自体の大きさにも注意が必要です。まず、家の中に入るサイズかどうかを確認しましょう。階段やドア、エレベーターなど、搬入ルートをしっかりチェックすることが大切です。

また、近年は、さまざまな色やデザインの洗濯機が販売されています。洗濯は日常生活に欠かせないものなので、自分の好みや家のインテリアに合う、色やデザインの物を選ぶことで、より洗濯が楽しくなるでしょう。

使いやすさ

仕事やプライベート、子育てなどで忙しい現代人にとって、時短にも繋がる「使いやすさ」は、外せない大切なポイントです。例えば、多くの洗濯機に採用されている「自動投入機能」は、容量を設定するだけで、予めタンクに入れておいた洗剤と柔軟剤が、自動で投入される便利な機能です。

また、「スマホ連動機能」も、使いやすさが大幅にアップする、おすすめの機能の一つです。スマホで、帰宅時間に合わせて洗濯終了時間を設定すれば、帰宅して直ぐに洗濯物を干せます。時短になると同時に、生乾き臭も防止できます。

さらに、タッチパネルの文字やイラストを見て、使いたい機能がすぐに分かるというのも、使いやすさを向上させる大切なチェックポイントです。

洗濯機のおすすめメーカー

さまざまなメーカーから、洗濯機が販売されていますが、おすすめは日立・パナソニック・シャープの洗濯機です。いずれも優れた洗浄力や機能で定評があり、多くの家庭で愛用されています。

(C)Shutterstock.com

日立

日立からは、縦型「ビートウォッシュ」とドラム式「ビッグドラム」の二つの人気シリーズが販売されています。

縦型は、節水しつつ、押す・叩く・揉むを組み合わせて汚れを効率よく取り除く、「ナイアガラ ビート洗浄」を搭載しているのが大きな特徴です。一方、ドラム式は、温度と風を適切にコントロールし、シワを伸ばしつつ乾燥が可能な「風アイロン」機能が付いています。

また、コンパクトなボディながら洗濯槽が大きめで、一度に多くの衣類を洗濯できるのも、日立ならではの特徴の一つです。さらに、こだわりのあるデザインや乾燥機能の有無を選べるなど、幅広いラインナップのため、自分好みの洗濯機が見つかりやすいのも魅力でしょう。

パナソニック

パナソニックの洗濯機のポイントは、循環ポンプで泡立てた洗剤でしっかり汚れを落とす「泡洗浄」と、温められた洗浄液で、染みついた黄ばみや臭いの元となる雑菌を抑制する「温水洗浄」です。

また、除菌や消臭に優れた「ナノイー機能」、洗濯から乾燥まで完了する「ヒートポンプ乾燥」、掃除いらずの「自動お手入れ機能」、節電・節水を行う「エコナビ機能」など、ユーザーにとってうれしい数々の機能が搭載されているのも魅力です。

インテリア性に優れたモデルも販売されているので、デザインにこだわりのある人もチェックしてみましょう。

シャープ

シャープの洗濯機には、カビの繁殖や嫌な臭いを防止する、シャープ独自のテクノロジー「プラズマクラスター」が搭載されています。また、毎秒約100万もの水滴を噴射することで、しつこい汚れも取り除く「マイクロ高圧洗浄機能」が搭載されているのも大きな特徴です。

洗濯槽は、穴のない「穴なし槽」を採用しているため、黒カビの発生を防止できるだけでなく、節水にも役立つのがメリットです。さらに、業界で唯一、ヒートポンプとヒーターのよい部分を足した「ハイブリッド乾燥方式」を採用しており、衣類がふんわり柔らかに仕上がるのも魅力でしょう。

縦型洗濯機のおすすめ3選

洗浄力、機能共に申し分ない、人気の縦型洗濯機を紹介します。

(C)Shutterstock.com

AI機能搭載のハイテクモデル 日立「BW-DX120C」

洗濯容量12kgの「BW-DX120C」は、洗浄方法や洗浄時間を自動で設定してくれる、「AI機能」が搭載されたハイテク洗濯機です。洗濯物に付着した汚れ具合から洗剤の種類まで見分けた上で、自動で適切な設定を行い、洗濯してくれる便利な機能が大きな特徴であり、魅力でもあります。

その他にも、襟や袖に付いた頑固な黒ずみや黄ばみ、嫌な臭いまでしっかり落とす「温水ナイアガラ ビート洗浄」、洗剤や柔軟剤の計量や投入の手間を省く「自動投入機能」など、便利な機能がたくさん搭載されています。

また、乾燥機には、「ダニ対策」や「消臭・除菌機能」も付いているので、衣類を清潔に保てるのも安心でしょう。

商品名:日立「BW-DX120C」
価格:13万5811円(税込)

超音波ウォッシャーで汚れを落とす シャープ「ES-PU10C」

「ES-PU10C」は、落ちにくい襟や袖の黄ばみ・黒ずみなどを部分洗いできる「超音波ウォッシャー」が搭載された洗濯機です。

洗濯容量10kgの「ES-PU10C」には、特許取得済みの「穴なし槽」が採用されているため、黒カビの発生を防止できるだけでなく、節水にも役立つのがメリットです。

さらに、乾燥機を使用しながら、衣類を除菌・消臭し、カビ菌の繁殖を防ぐ「プラズマクラスター機能」も搭載されています。

商品名:シャープ「ES-PU10C」
価格:11万3756円(税込)

ほぐし運転機能で絡まりにくい シャープ「ES-GA5B」

「ES-GA5B」は、脱水の際に洗濯物が絡むのを防ぎ、すっと取り出せる「ほぐし運転機能」が付いた洗濯機です。また、洗濯物が絡むのを防ぎながら、優しく洗浄・脱水することで、衣類のシワを極力抑える「シワ抑えコース」もあります。

その他にも、ボタン一つで設定可能な「時短コース」や「予約機能」など、使いやすさにこだわった機能が豊富です。

洗濯容量が5.5kgと小さめながらも、濃い洗剤液から洗い始めて、頑固な汚れも無理なく分解する「高濃度洗浄」が搭載されている優れものです。

商品名:シャープ「ES-GA5B」
価格:5万742円(税込)

ドラム式洗濯機のおすすめ3選

優れた洗浄力と多彩な機能で人気がる、ドラム式洗濯機を紹介します。

洗剤自動投入やスマホ連動搭載 パナソニック「NA-VX9900L/R」

洗濯容量11kgの「NA-VX9900L/R」は、「洗剤自動投入」や「スマホ連動」など、多くの人が欲しいと願う最新トレンド機能が搭載された、人気の洗濯機です。

洗浄力を最大限に引き出し、線維の奥にこびりついた汚れまでしっかり浮かび上がらせて落とす「泡洗浄」と「温水泡洗浄」、デリケートなおしゃれ着も優しくきれいに洗える「約40℃おしゃれ着コース」など、パナソニックならではの機能がたくさん搭載されています。

また、操作しやすいタッチパネルは、カラーとイラストを効果的に使い、見ただけで直感的に操作できると好評です。

商品名:パナソニック「NA-VX9900L/R」
価格:29万8000円(税込)

細かな設定をAIにお任せ 日立「BD-NX120C」

洗濯容量12kgと大容量の「BD-NX120C」は、洗浄方法や洗剤の種類、水温、洗浄時間など細かい設定を全てAIに任せられる、最先端のテクノロジーを使った洗濯機です。

また、スマホと連動し、洗濯する衣類の種類や生活シーンを選ぶだけで、適切な運転コースを提案してくれる便利な「コンシェルジュ機能」が付いており、スマホを操作するだけで運転がスタートします。手間いらずのため、大家族で洗濯する頻度が多い家庭や、洗濯が苦手な人にぴったりでしょう。

さらに、高濃度でしっかり汚れを落とす「ナイアガラ洗浄」を搭載しているので、頑固な泥汚れや食べこぼしでも、つけ置きや手洗いの必要がないのが魅力です。

商品名:日立「BD-NX120C」
価格:21万2166円(税込)

スタイリッシュなデザイン パナソニック「Cuble NA-VG2300L/R」

洗濯容量10kgの「Cuble NA-VG2300L/R」は、インテリア性に優れたスタイリッシュなステンレスの外観が魅力の洗濯機です。洗練されたシンプルで美しいデザインは、どんな空間にもマッチするでしょう。

「洗剤・柔軟剤自動投入」「スマホ連動」「泡洗浄」「温水泡洗浄」「自動お手入れ」など、痒い所に手が届く、便利な機能が多数搭載されています。また、衣類の量や水温を自動で見分け、節電・時短をしてくれる「エコナビ機能」も節約に役立つうれしい機能でしょう。

価格:22万6500円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事