【テレビスピーカー】の上手な選び方のポイントは? 優秀で安いのはコレ! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2019.09.25

【テレビスピーカー】の上手な選び方のポイントは? 優秀で安いのはコレ!

テレビでの視聴では、画質もさることながら、音質にもこだわりたいものです。繊細に表現された音楽や、迫力ある映画などは、音質がよいと臨場感も高まります。そこで、テレビスピーカーを選ぶポイントや、おすすめ商品を紹介します。

【目次】
テレビスピーカーにこだわろう
テレビスピーカーの選び方
そ安い価格帯のテレビスピーカー3選

テレビスピーカーにこだわろう

忙しい生活の中で、テレビの前で過ごす時間を楽しみにしている人は多いでしょう。テレビ番組に映画、アーティストのライブなど、思い思いの映像に浸る時間は、とても楽しいものです。技術の進歩は目覚ましく、テレビが映し出す映像の質は、年々高まっています。自宅にいながら、精密な高画質を体験できるのです。

一方で、サウンドに関して本格的にこだわっている人は少ないのではないでしょうか。テレビスピーカーは、テレビの音を手軽に高音質化してくれる機器です。高画質と高音質に囲まれながら、より充実した時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ【テレビスピーカー】おすすめ家電3選|選ぶポイントを押さえよう

サウンドバーがおすすめ

「よいサウンドを求めたくても、場所や予算が厳しい」そんな思いを抱く人もいます。しかし、諦める必要はありません。場所や予算の問題をクリアできる強い味方が、「サウンドバー」です。

サウンドバーは、薄型のテレビにもマッチする、スリムでスマートなボディが魅力のスピーカーです。場所を選ばないコンパクトサイズですが、サウンドのクオリティーは、高価なスピーカーに引けを取りません。気になるのは価格ですが、最新のテレビスピーカーと聞いて多くの人がイメージする金額よりも、大幅に安い価格帯の物がたくさんあります。そんなサウンドバーの魅力を、紹介します。

テレビスピーカーの選び方

一口にサウンドバーと言っても、いくつものタイプがあります。それぞれが特徴を備え、多彩なニーズに合わせて設計・開発されているのです。もちろん、新たにサウンドバーを増設しようと考えているご家庭の様子もいろいろでしょう。テレビを眺める場所の広さや、インテリアの雰囲気も異なります。自分の環境にマッチしたサウンドバーは、どのように選ぶべきでしょうか。失敗しないためのポイントを説明します。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ

(C)Shutterstock.com

使用目的に合わせて

重要なのは、使用目的に合わせてサウンドバーを選ぶことです。自分が求めることとサウンドバーの特性が合致していることが大切です。臨場感あるサウンドで映画を楽しみたい、あるいは迫力あるサウンドで音楽を感じたいなど、望むことはそれぞれでしょう。オールマイティーに高音質を望むなら、フルレンジタイプなどが適しています。

音をより細かく聴き分けたいなら、高音・中音・低音などを区分けして出力する2weyや3weyといった方式を採用したサウンドバーがよいでしょう。使用目的を明確にすることは、商品選びにとても大切なことです。

部屋に適したサイズを

サウンドバーは、部屋の大きさに見合ったサイズのものにしましょう。部屋とのバランスが計られていることが理想的です。

例えば、バータイプのサウンドバーは、横の長さによって、左右に振り分けられる音の幅が違います。広い部屋で、左右の間隔が狭いサウンドバーだと、臨場感に物足りなさを感じることになりかねません。反対に、広さのない部屋に、必要以上に大型で高出力のサウンドバーを設置しても、その性能を活かしきれない可能性があります。また、サウンドバーをインテリアの一つとしてとらえ、トータルコーディネートを考える人もいるでしょう。部屋の印象を崩す大きさやデザインは避けたいものです。

音質を口コミで確認

サウンドの質は、実はとても複雑な要素を持っています。単純に大きい音・小さい音の違いであれば、物理的なことなので共通の理解が得やすいでしょう。しかし、良い音とそうでない音との違いを分けることは、プロでも難しい面があります。重低音が好きな人もいれば、高音域に好みを感じる人もいて、「好き・嫌い」という個人の感覚の違い使用する環境の違いも影響するためです。

また、メーカーのカタログやホームページでうたわれている表現が、ユーザーの印象と同じになるとは限りません。買ってはみたものの、イメージしたサウンドと違うというケースもあります。そのため、できるだけ多くの口コミ情報を集め、環境が近い人が購入した場合の意見を確認することも、音響選びには大切です。

安い価格帯のテレビスピーカー3選

サウンドバーの選び方について確認してきました。ここでは、お手頃価格でおすすめのサウンドバーを三つ紹介します。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ

(C)Shutterstock.com

驚きの3000円以下 アイネックス「サウンドバースピーカー ASP-SB02」

とにかく安くサウンドバーを増設したい、そのような人には、アイネックス「サウンドバースピーカー ASP-SB02」をおすすめします。3000円を切る価格で入手できます。低価格でも、メリットは満載です。USB接続なので、テレビにUSB端子があればコンセント不要で給電されます。わずか58mmという高さは、どこにおいても美観を損ねないでしょう。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ アイネックス ウンドバースピーカー ASP-SB02

 

商品名:サウンドバースピーカー ASP-SB02

スタイリッシュなデザイン オンキョー「センタースピーカーシステム D-077C」

スマートなデザインを求めるなら、オンキョー「センタースピーカーシステム D-077C」はいかがでしょうか。円筒形のシェイプは、共振による音の劣化を防ぎます。横に伸びた構造のため、大型のテレビにも合わせやすいデザインです。多くのユーザーが高く評価する点に、音の定位のよさがあります。ドラマや映画で、セリフの輪郭が明快で聴き取りやすいと評判です。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ ONKYO センタースピーカーシステム D-077C

商品名:センタースピーカーシステム D-077C

臨場感のある音響 ソニー「サウンドバー HT-S200F」

サブウーファー内蔵で、より臨場感に優れたサウンドを手に入れることができるソニー「サウンドバー HT-S200F」は、あらゆるジャンルに対応するテレビスピーカーです。ソニー独自のシステム「S-Master」を搭載し、音源を忠実に再現します。また、2.1chサラウンドにも対応しており、奥行きのある響きを感じさせてくれます。

テレビスピーカー サウンドバー 選び方 ポイント 優秀 安い リーズナブル コストパフォーマンス おすすめ ソニー SONY サウンドバー HT-S200F

商品名:サウンドバー HT-S200F

あわせて読みたい
買って大当たり!これはまるで「音の出るインテリア」!【イケア】のブルートゥーススピーカー
【パソコンスピーカー】って何を買えばいい?賢い選び方とおすすめを紹介
【BOSEスピーカー】のおすすめ3選|PC用やポータブルモデルまで

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事