【ポータブルHDD】のおすすめを紹介|選ぶときの4つのポイントとは!? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2019.09.26

【ポータブルHDD】のおすすめを紹介|選ぶときの4つのポイントとは!?

ポータブルHDDはUSBメモリ以上に多くのデータが保存できます。持ち運びに適しており、いつでもどこでもデータにアクセスできるのがメリットです。ポータブルHDDを選ぶ時は容量や転送速度、セキュリティの高さなどを考慮して選びましょう。

【目次】
ポータブルHDDを手に入れよう
ポータブルHDDを選ぶ4つのポイント
おすすめのポータブルHDD3選を紹介

ポータブルHDDを手に入れよう

ポータブルHDDには、使用時に電源を必要とする「据え置き型」と持ち運びに適した「ポータブル型」の2種類があります。USBメモリと性能を比較しながら、ポーダブルHDDを使うメリットについて考えてみましょう。

(C)Shutterstock.com

ポータブルHDDをおすすめする理由

ポーダブルHDDは、データの持ち運びを想定した外付けの記憶装置で、容量は500GB~2TB前後が主流です。データの持ち運びと言えば、軽くてコンパクトな「USBメモリ」もありますが、ポータブルHDDとUSBではどちらがおすすめなのでしょうか。

USBメモリの容量は種類によっても異なりますが、2GB~128GB前後となっており、ポーダブルHDDと比べると容量はかなり少なめです。

サイズの小さなデータであればUSBメモリで十分ですが、動画や音楽、写真などを保存して持ち運ぶなら、断然容量の大きなポーダブルHDDが良いでしょう。

最近のノートPCやタブレットは内蔵ストレージの容量が限られています。空き容量を気にせずデータを保存するには、ポーダブルHDDは必須アイテムと言えるかもしれません。

ポータブルHDDを選ぶ4つのポイント

選び方を間違えると、せっかく購入したのにもかかわらず「容量が足りない」「転送速度が遅すぎる」「すぐに壊れてしまった」という状況に陥るかもしれません。ポータブルHDD選びで失敗しないための四つのポイントを紹介しましょう。

(C)Shutterstock.com

(1)データを保存するストレージ容量

ポーダブルHDDを選ぶ上で重要なポイントが「ストレージ容量」です。ストレージ容量が大きければ本体サイズも価格も上がるので、用途に合った容量を選びましょう。

写真や文書ファイルなど、ごく小さめのデータをたくさん保存する場合は、500GB~1TBで十分です。1TBは1枚4MBの写真が約25万枚、720P動画なら約187時間分入る計算になります。

一眼レフで撮った写真や動画をメインに保存する場合は2TB、4K画質の動画などをたくさん保存する場合は、4TB以上あると安心です。「大は小を兼ねる」と言いますが、ストレージ容量が2TBを超えると、本体のサイズも大きくなってしまうので注意をしましょう。

(2)転送速度にも注目

パソコンに接続してデータを読み込む「転送速度」も注目すべきポイントです。転送速度は、書き込みデータを一時保存するための「キャッシュ容量」や「プラッタ(磁気ディスク)1枚あたりの容量及び回転速度(rpm)」などに関係しています。一般的にプラッタの容量が大きく回転速度も速いもの、そしてキャッシュ容量が大きものが高速です。

また、「接続ケーブルのコネクタの種類」も転送速度を左右する要素の一つでしょう。コネクタには「USB 2.0」と「USB 3.0」があり、USB 3.0の転送速度は、USB 2.0の約10倍です。

大容量のデータを転送する時はUSB 3.0がおすすめですが、パソコンがUSB 3.0に対応しているかをチェックしてから購入を検討しましょう。

(3)長期間使うためにも耐衝撃性をチェック

コンパクトで軽いUSBメモリに比べ、ポータブルHDDは衝撃に弱いというデメリットがあります。

衝撃を与えてしまうと大切なデータが破損する可能性もあるでしょう。衝撃からデータを保護する耐衝撃機能を備えたもの、または耐久性のある素材のものを選ぶと、落とした時などちょっとした衝撃でも安心です。

(4)暗号化などのセキュリティ性能

外仕事などをしていると、鞄に入れて持ち運ぶことの多いポータブルHDDは、盗難の危険性がゼロではありません。万が一本体が盗まれたとしても、中のデータにアクセスされるのは何としても防ぎたいものです。

ハードウェアによる自動暗号化機能を搭載したタイプやパスワードロックを備えたタイプなら、盗難による情報漏洩の心配も少ないでしょう。

おすすめのポータブルHDD3選を紹介

1TBのポータブルHDDは価格と容量のバランスが良く「とりあえず今よりも容量が欲しい」という人におすすめです。各メーカーから発売されている人気の商品をチェックしましょう。

(C)Shutterstock.com

手のひらサイズで大容量 アイ・オー・データ「EC-PHU3W1 1TB」

アイ・オー・データの「EC-PHU3W1 1TB」はUSB 3.1に対応した手のひらサイズで、スタイリッシュなデザインはパソコンとの相性も良いでしょう。

HDDの円盤部分は経年により劣化していきますが、Windows専用アプリでHDDの使用状態が確認できるため、買い替え時期が把握できます。寝室で使っても気にならないほどの静かさで、全国家庭電気製品公正取引協議会の「静音モデル」に認定されています。

商品名:アイ・オー・データ EC-PHU3W1 1TB
価格:6649円(税込)

耐水性と耐震性に優れる シリコンパワー「Armor A60 1TB」

USB 3.0対応の1TBタイプで、米軍の落下試験規格をクリアした耐久性の高いボディが特徴です。IPX4等級の防水性能を備えているため、水滴や手洗い時の水しぶきにも耐えられます。

手にフィットする丸みを帯びた形状や、傷が付きにくい格子状の表面加工、本体にUSBケーブルを挟んで収納できるデザインは、他のポータブルHDDにはない魅力でしょう。

商品名:シリコンパワー Armor A60 1TB
価格:6180円(税込)

耐衝撃性能が高い バッファロー「HD-PGF 1TB」

衝撃吸収ゴムと衝撃吸収フレームでHDDを挟み込み、耐衝撃性を格段に高めたUSB 3.1対応のHDDです。機器の異常を感知して知らせる「みまもり合図 for ポータブル」を搭載しているので、ハードディスクの劣化状態が常に把握できます。

パソコンでHDDをロックすると他のパソコンにつないでもロック状態が維持できるため、万が一の盗難時も安心です。レッドやゴールドなど5色のカラーバリエーションがあり、自分の好みの合ったカラーを選んでみましょう。

商品名:バッファロー HD-PGF 1TB
価格:8180円(税込)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事