頭臭ケアだけでなくリフレッシュにも♡【ドライシャンプー】おすすめ3選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTYワーママ的“神”ヘアって!?

2019.10.01

頭臭ケアだけでなくリフレッシュにも♡【ドライシャンプー】おすすめ3選

お湯やお水を使わずとも、髪や頭皮を清潔に保てる優れものがドライシャンプーです。かつて、阪神淡路大震災で活躍したことを契機に、その存在が広まりました。災害時だけでなく、さまざまなシーンで役立つドライシャンプーのおすすめを厳選して紹介します。

そもそもドライシャンプーって?

名前からしても、ドライシャンプーが湯や水を必要としないことは、ある程度想像できるでしょう。しかし、具体的にどういうものなのか、その使い方まで知っている人は意外と多くないようです。

実は、ドライシャンプーの利用方法はとても簡単です。ドライシャンプーを手に取り、髪と頭皮にもみ込むようにつけていきます。頭皮をマッサージする感覚と言えば分かりやすいかも知れません。

髪に付いた汚れが浮き上がってきたら、乾いたタオルで頭部全体を拭き上げて洗髪の終了です。このように、湯や水を使わず髪や頭皮を清潔にし、すっきりとした気分を手にすることができます。

日本では、諸外国と比較して、ドライシャンプーの普及率がよいとは言えません。外国では、シャワーをしない日は、ドライシャンプーで済ます習慣の国もあるようです。

海外旅行や入院中に便利

日本での日常生活では、湯や水が使えずにシャンプーできない状況は、思い浮かべにくいかもしれません。しかし、少し視野を広げると、ドライシャンプーの利点がよく理解できます。

ケガや病気で入院し、自由な歩行が難しい環境で、ドライシャンプーは大いに活躍してくれます。また、海外旅行に出かけた際に、バスルームが共用だったり水道が壊れていたりしたときにも便利です。

パーマやカラーリングをした直後に、ドライシャンプーを使う人もいます。施術後にすぐお湯で洗い流すと、効果を低減させてしまうようなケースで、ドライシャンプーを活用するのです。

さらに、日常生活の中でも活用できるシーンがあります。例えば、仕事後のデートなどで、頭部の匂いが気になることもあるでしょう。そのようなときは、レストルームでサッとドライシャンプーを使ってすっきりすることができます。

ドライシャンプーの選び方

災害時だけでなく、日常生活でもさまざまな利用ができるドライシャンプーには、いくつかのタイプがあります。それぞれの特徴や選択のポイントについて解説します。

(C)Shutterstock.com

スプレーや泡などのタイプを選ぶ

最も一般的なものが、ムースタイプとスプレータイプでしょう。ムースタイプは、容器から泡状となって出てきます。流れ落ちにくいので、手の平でのばしやすく、頭部全体に浸透させやすい面が利点です。

スプレータイプは、シュッと頭部に吹きかけて使います。所々に吹きかけた後、髪や頭皮に馴染ませましょう。時間がないときは、スプレーするだけでも効果を得られます。

その他に、パウダータイプもラインナップされています。ムースやスプレーなどに比べ、粉の力を用いるためドライ感が強いタイプです。しっかり汚れを取りたい人におすすめします。

急な場面なら、シートタイプも有効です。手の平や指にシートを広げ、頭皮や髪に当てて拭き取るように使います。大切なデートの前に短時間できれいにしたい時に役立ちます。

成分にこだわって選ぶ

ムースやスプレーなど質感の違い以外に、成分の違いにも目を向けてみましょう。シャンプー後の爽やかさを大切にする人も多いはず。爽快感を高めるためにメントールやエタノールなどが配合されたものも人気です。

頭皮への強い刺激は避けたい、という人もいるかも知れません。それならば、肌に優しく、保湿成分を配合したタイプを選ぶことをおすすめします。

近年は、オーガニック成分にこだわったドライシャンプーも店頭に並んでいます。頭皮や髪のコンディションが気になる人は、ぜひ試してみてください。

好きな匂いで選ぶ

匂いもとても大切なポイントです。少し個性も出したいという人には、フローラル系もおすすめです。華やかな香りは、異性へのアピールにも向いているのではないでしょうか。あくまでも清潔さを重視し、余分な香りを求めない人なら、無香料タイプもあります。好みに応じで、香りを選択しましょう。

おすすめのドライシャンプー3選

さまざまなシーンで役立つドライシャンプーですが、厳選したおすすめのシャンプーを3タイプ紹介しましょう。購入の検討に役立ててください。

(C)Shutterstock.com

パウダータイプ LUSH「ドライミー!」

配合されたコーンスターチとタルクによって、余分な皮脂や汚れを吸収する「ドライミー!」は、パウダータイプのドライシャンプーです。

ベタつきが気になる髪も、サラサラ感を取り戻し、マットに仕上げてくれるでしょう。ライムとグレープフルーツをブレンドした爽やかな香りも人気です。

商品名:LUSH「ドライミー!」
価格:1740円(税込)

ジェルタイプ 資生堂「TSUBAKI お部屋でシャンプー」

美容液成分と皮脂吸着成分を含んだ、ジェルタイプの「TSUBAKI お部屋でシャンプー」は、トップクラスの売り上げを誇る商品です。資生堂の高い技術力を備え、人気を得ています。

水のように弾ける感覚で、髪全体に広がりを見せます。揮発性も高く、ドライヤーがなくても快適に使用できます。髪にもみ込むだけで、簡単に清潔さと爽やかさをもたらしてくれるでしょう。

商品名:資生堂「TSUBAKI お部屋でシャンプー」
価格:1060円(税込)

泡タイプ KOSE「フレッシュケア ドライ シャンプーフォーム」

日本を代表するコスメブランドの一つであるKOSEから、「フレッシュケア ドライ シャンプーフォーム」をおすすめします。ムースタイプで使いやすさが人気の理由でしょう。

ムースが髪にのび、頭皮を覆うように広がるので、気になるベタつきや汚れ、そして臭いを解消します。心落ち着くラベンダーの香りも魅力です。

商品名KOSE「フレッシュケア ドライ シャンプーフォーム」
価格:740円(税込)
購入はこちら

あわせて読みたい
▶︎【美容ライターもどハマり中】サヨナラ頭皮の加齢臭! 水なしで使える「ドライシャンプー&シート」おすすめ3つ

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事