結局、どれが使いやすい!?【iPad】キーボードのおすすめ3選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEデジタル

2019.11.27

結局、どれが使いやすい!?【iPad】キーボードのおすすめ3選

iPadに外付けのキーボードを接続すると、作業効率がグッと上がります。利用シーンに適したキーボードを選んで、iPadをさらに便利なアイテムへグレードアップさせましょう。iPadキーボードの選び方とおすすめ商品を紹介します。

iPadキーボードを使うメリット

メールやブログを書いたり、文書を作成したりなど、iPadで多くの文字入力をする場合、タッチパネルのキーボードでは限界を感じることがあります。素早く快適に文字入力をしたいのであれば、iPadに外付けのキーボードを使うことをおすすめします。外付けのiPadキーボードを使うメリットを、具体的に解説します!

(C)Shutterstock.com

文字入力がスムーズ

iPadにキーボードを外付けする最大のメリットは、パソコンと同じ感覚で、スムーズに文字入力ができること。タッチパネルのキーボードでは使えない「ショートカットキー」も使えるため、普段からパソコンを使っている人なら、効率的に作業を進められます。自宅にパソコンがなく、iPadをパソコン代わりに使いたい人や、外出先でノートパソコンのように使いたいという人には、特におすすめです。

画面を広く使える

広い画面が魅力のiPadですが、タッチパネルのソフトウェアキーボードを表示すると、画面の半分近くが隠れてしまいます。しかし、iPadにキーボードを外付けすることで、ソフトウェアキーボードは、表示されなくなります。画面全体を見ながら文字入力できるので、文書などを作成するときも快適です。

iPadキーボードの選び方

iPadに外付けできるキーボードは、接続方法や形状によってさまざまな種類があります。失敗しない、キーボード選びのポイントを見ていきましょう。

キーボードの文字配列

キーボードの文字配列には、「US配列」と「JIS配列」の2種類があります。iPadは「US配列」、WindowsパソコンやAndroid端末は「JIS配列」に合わせて作られています。

iPadで「JIS配列」のキーボードを使うこともできますが、記号の位置が異なるため、決して使いやすいとは言えません。iPadキーボードには、「US配列」のものを選びましょう。

iPadとの接続方法

iPadとキーボードを接続する方法は、大きく分けて「Bluetooth接続」と「ケーブル接続」の2種類です。

Bluetooth接続は、ケーブルを使わないのでデスク回りがスッキリする他、持ち運びしやすいのがメリットです。ただし、内蔵バッテリーや電池などを使って、キーボード本体に電力を供給する必要があり、外出先で充電が切れると使えなくなってしまいます。

ケーブル接続の場合は、iPadから電力を供給できるので、充電の必要はありません。また、難しい接続設定などもなく、ケーブルを接続するだけですぐに使えます。しかし現状では、iPadに接続できるケーブルを装備したキーボードは少なく、選択肢が限られます。

一体型や折りたたみ式などの形状

身軽さが魅力のiPadには、携帯性に優れたキーボードが似合います。「ケース一体型」や、「折りたたみ式」など、iPadの特性を生かせる形状のものを選びましょう。

ケース一体型は、iPadとキーボードをまとめて持ち運べるのがメリットです。ケースを開くとiPadを立てかけられるようになっており、外出先でもさっと広げて、ノートパソコンのような感覚で使えます。

1台のキーボードを他のパソコンやタブレットにも活用したいなら、「分離型」を。特に「折りたたみ式」は、持ち運ぶときにも邪魔にならないのでおすすめです。

iPadにおすすめのキーボード3選

最後に、iPadにおすすめのキーボードを三つ紹介します。

3台同時にペアリング可能 エレコム「スタンド付キーボード トラックボール搭載 TK-DCP03BK」

タブレットやスマホなど、複数の端末でキーボードを使用したい人には、エレコムの「TK-DCP03BK」がおすすめです。Bluetooth接続で3台まで同時にペアリングできて、ケーブルを使えばパソコンのキーボードにもなります。

OSによって入力モードを切り替えられるので、1台でiPad、Androidタブレット、Windows、Mac、すべてに対応できます。電源は、単3乾電池とUSB充電の両方に対応しています。

商品名:エレコム「スタンド付キーボード トラックボール搭載 TK-DCP03BK」

ケースと一体型で便利 ロジクール「SLIM FOLIO FOR iPad 5TH AND 6TH GENERATION」

ロジクールの「SLIM FOLIO FOR iPad 5TH AND 6TH GENERATION」は、iPadの第5世代と第6世代専用のケース一体型キーボードです。

ケースには防水性が高いファブリック素材を使い、衝撃や水濡れからiPadをしっかりと保護してくれます。画面の角度は、文字入力をするときは58度、動画などを鑑賞するときは10度と、それぞれに最適な角度に調整できます。

電源には、最大4年間も電池交換が不要な、コイン電池を採用しています。充電や電池交換の手間がかからないのは、うれしいポイントです。

商品名:ロジクール「SLIM FOLIO FOR iPad 5TH AND 6TH GENERATION」

持ち運びしやすい iClever「折り畳み ワイヤレス キーボード IC-BK06 Lite」

iCleverの「IC-BK06 Lite」は、持ち運びに便利な、折りたたみ式のワイヤレスキーボードです。

真ん中から半分に折りたたむと、横157mm、縦104mmと大変コンパクトで、重さも135gしかありません。外側は上質なレザー製で、キーボードを汚れや傷から保護します。

WindowsやAndroidなど、iPad以外のデバイスにも対応しており、Bluetooth接続で3台まで同時にペアリングできるので、タブレットで作業しながら、スマホでメールを送信するといった使い方もできます。

商品名:iClever「折り畳み ワイヤレス キーボード IC-BK06 Lite」

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事