おすすめのスチームアイロン6選|ササッとシワを伸ばせる逸品を厳選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2020.01.11

おすすめのスチームアイロン6選|ササッとシワを伸ばせる逸品を厳選

衣類をピシッと着たり、脱臭したりするのに役立つスチームアイロンは、さまざまなメーカーから展開されています。どのメーカーのアイテムがよいのでしょうか?スチームアイロンの特徴や選ぶポイント、おすすめ商品を紹介します。

【目次】
スチームアイロンの特徴
スチームアイロンを選ぶポイントは?
おすすめメーカー
持ち運びしやすいコードレスタイプ
ハンガーにかけたままでOKなアイロン

スチームアイロンの特徴

スチームアイロンとは、そもそもどのような特徴を持った家電なのでしょうか?仕組みやメリットを知り、効果的に使いましょう。

スチームアイロンの特徴

(C)Shutterstock.com

そもそもスチームアイロンとは

その名の通り、「スチームの力でシワを伸ばす」のがスチームアイロンです。衣類に高温のスチームをあてて濡らすことで効果的にシワ伸ばしができます。

アイロン台と一緒に使うタイプの場合、スチームだけでなく、通常のアイロン同様にプレスしてシワを伸ばすことも可能です。

一方、ハンガーにかけたまま使う衣類スチーマーの場合は、プレスする力は使いません。シワの伸ばしやすさでは劣りますが、ふんわり仕上げられるのが特長です。

スチームアイロンの特徴

(C)Shutterstock.com

中には、スチームとプレスを同時に利用しながら、シワを伸ばすタイプもあります。いつどこで、どのように使用したいかを考え、ライフスタイルに合ったものを選ぶのがポイントです。

スチームアイロンのメリット

スチームアイロンは、スチーム機能のない通常のアイロンと比べ、コンパクトで軽量な作りが多く、扱いがしやすいのが特長です。そのため、手軽にサッとシワ伸ばしができます。

また、高温のスチームを噴射することで、衣類の消臭や殺菌・防虫ができるのもメリットです。アイロンがけすることで、衣類の表面だけでなく、内面をも清潔に保てるのです。パワフルなスチームを噴射できるタイプなら、生乾き臭対策も可能です。

また、衣類スチーマーのタイプなら温まりやすく、アイロン台を使わずにシワ伸ばしができます。スピーディーにサッと衣類のシワ取りができるのは、衣類スチーマーならではと言えます。

スチームアイロンを選ぶポイントは?

さまざまな商品の中から、あなたにぴったりのスチームアイロンを選ぶには、ポイントを押さえておくことが大切です。スチームアイロン選ぶポイントを紹介します。

スチームアイロンを選ぶポイントは?

(C)Shutterstock.com

アイロン面の素材

まず大切なのは、衣類と接する「アイロン面の素材」です。素材に何が使われているかによって、アイロンがけのしやすさに直結する滑りが変わってきます。代表的な素材は「セラミック」「チタン」「フッ素」です。

「価格が高めでもスムーズに使えるスチームアイロンが欲しい」と考えているなら「セラミック」がおすすめです。軽い使い心地で、滑るようにシワ伸ばしができます。

逆に、「コスパ重視で選びたい」なら「フッ素」が手頃です。滑りはやや悪いですが、その分価格を抑えられます。価格と滑りのよさ両方を適度に併せ持っている物を選ぶなら「チタン」を選んでください。

スチームアイロンを選ぶポイントは?

(C)Shutterstock.com

タンク容量や重量

スチームアイロンには、水を入れるタンクが付いています。「タンクにどのくらい水が入るか」も、スチームアイロン選びの大切なポイントです。

(C)Shutterstock.com

1度にたくさんアイロンがけをするなら、タンクはできるだけ大きめがよいでしょう。小さなタンクではすぐに水がなくなってしまい、水を入れる手間がかかってしまいます。

しかし、タンクが大きく水が大量に入るほど、使用するときの重量は重くなってしまいます。本体の重さに水の重さがプラスされるので、「実際に使ってみたら思っていたよりも重かった」ということもあり得ます。

特に、衣類スチーマーの場合は片手で持ち上げて使用するため、重量はとても大切なチェックポイントです。

スチームの量と持続時間

スチームアイロンは、スチームの量が多いほどパワフルです。繊維の奥までスチームを届けられるので、伸ばしにくいシワも取れやすくなります。

どれだけのスチームが噴射されるかをチェックするには、「○g/分」という表示をチェックしましょう。標準的な家庭用スチームアイロンであれば、5~20g/分のスチームが噴射されています。

多いほどパワフルですが、一つの目安として10g/分以上のものを選ぶと、頑固なシワも伸ばしやすくなります。

スチームアイロンを選ぶポイントは?

(C)Shutterstock.com

おすすめメーカー

さまざまなメーカーが展開しているスチームアイロンですが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?おすすめメーカーの特徴を紹介します。

ティファール

電気ケトルや鍋のイメージが強い「ティファール」ですが、生活家電も多く展開しています。スチームアイロンもその一つです。

たっぷりのスチームが噴射されることで、気になるシワを短時間できれいにできます。衣類はもちろん、カーテンや布団などにも使用できるパワフルさで、ダニ対策にも生かせるのです。

洗練されたデザインが特徴的なティファール製品は、スチームアイロンもスタイリッシュなデザインをしています。家電のデザインにこだわりたい人にもぴったりです。

この投稿をInstagramで見る

ティファール公式アカウント(@tfal_japan)がシェアした投稿

ティファール公式HP

ツインバード

リーズナブルな製品がそろう「ツインバード」は、スチームアイロンも手頃な価格で購入できます。コスパ重視の商品選びをしたいなら、まずはチェックすべきメーカーです。

衣類スチーマーのラインアップが豊富なのも特徴といえます。忙しい朝にサッと衣類のお手入れをしたいと考えている人にぴったりです。

この投稿をInstagramで見る

ツインバード工業(@twinbird_official)がシェアした投稿

ツインバード公式HP

パナソニック

全方向に動かしやすいWヘッドベースや、すいすいアイロンがけができるワイドベースなど、特徴的なアイロン面で使いやすいのが「パナソニック」の特徴です。

強力なスチームを噴射できるパワフルスチーム機能を搭載しているモデルなら、さまざまな臭い対策にも役立てられます。

製品のバリエーションが豊富で、コンパクトで旅行や出張にも持っていけるモバイル衣類スチーマーといった製品も取りそろえています。

タンク2倍でたっぷり使える衣類スチーマー NI-FS750【パナソニック公式】

パナソニック公式HP

持ち運びしやすいコードレスタイプ

コードレスタイプのスチームアイロンなら、使う場所を問いません。持ち運びしやすいので、アイロンがけしやすい場所で使えます。使用中にコードが邪魔にならないのもメリットです。

パワフルなジェットスチーム
ティファール「フリームーブパワー9980」

ティファール「フリームーブパワー9980」は、コードレスでありながら100g/分の強力なスチームを噴射できるパワフルさを兼ね備えています。大量のスチームで一気に蒸らすので、頑固なシワも短時間で伸ばせます。

アイロン面の熱が持続しやすいのもポイントと言えます。給電のために頻繁に置く必要がないので、作業時間の短縮が可能です。

アイロン「フリームーブ パワー」/T-fal

商品名:フリームーブパワー9980

使いやすいWヘッドベース
パナソニック「コードレススチームアイロン WLシリーズ」

スチームアイロンの両端が尖った形のWヘッドベースが特徴的なのは、パナソニック「コードレススチームアイロン WLシリーズ」です。独特の形状で、前後どちらにもアイロンがけしやすくなっています。


全面からスチームが噴射されるのも特徴です。タンクの容量も160mlと大きいので、たっぷりのスチームでしっかりシワを伸ばせます。

パナソニック Wヘッドベースアイロン 基礎編 【パナソニック公式】

 

商品名:コードレススチームアイロン WLシリーズ

耐久性に優れたセラミックコート
アイリスオーヤマ「IRN-CL18CC ケース付きアイロン」

セラミック製のアイロン面で滑るようにアイロンがけができるのは、アイリスオーヤマ「IRN-CL18CC ケース付きアイロン」です。耐久性も高い上、リーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。

スチームショット機能もついているので、衣類スチーマーとしても使えます。

商品名:IRN-CL18CC ケース付きアイロン

ハンガーにかけたままでOKなアイロン

大量のスチームを噴射することで、ハンガーにかけたままでもシワ伸ばしができるスチームアイロンもあります。短時間でサッと使えるアイテムの中から、特におすすめの物を紹介します。

大量スチームでシワをきれいに
ティファール「アクセススチーム プラス」

連続して平均20g/分のスチームを噴射し、絡まったまま乾燥した繊維をほぐすティファール「アクセススチーム プラス」は、短時間で衣類をきれいに仕上げられます。

ドライヤーのような形状で握りやすいので、片手でも扱いやすい製品です。

衣類スチーマー アクセススチーム プラス「ジャケットのシワ伸ばしにも」/T-fal

商品名:アクセススチーム プラス

ショットスチーム機能付き
ツインバード「ハンディーアイロン&スチーマー」

ツインバード「ハンディーアイロン&スチーマー」は、ショットスチーム機能が付いているので、特にシワがひどい部分もしっかりシワ伸ばしができます。

930gと軽いので、女性でも片手で無理なく使い続けられるのもよい点です。

商品名:ハンディーアイロン&スチーマー

スピーディーな立ち上がり
パナソニック「衣類スチーマー NI-FS540」

約24秒で温まり、すぐに使えるパナソニック「衣類スチーマー NI-FS540」は、忙しい朝でも手軽衣類のシワを伸ばせます。ポイントは、衣類の端を手で引っ張りながらあてていくことです。

アイロン台を出す手間がないのに、プレスしたようにきれいに仕上がります。

落語家 三遊亭王楽が語る、衣類スチーマー(NI-FS540)の正しい使い方とは?【パナソニック公式】

商品名:衣類スチーマー NI-FS540

あわせて読みたい
▶︎おすすめの洗濯乾燥機6選|こだわり製品で洗濯を楽しくラクに

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事